最后一次采访

iamk 日本恐怖故事 2024-04-30 21:00:01 531 0

那天,我穿上在男装店正装区买的比第二件便宜一半的招聘服,一脸​​紧张,坐在火车站的长凳上。

为了下午2:00去公司面试,我必[文]须登上下午1:30到达的快车。

当我看表时,已经13点12分了。[章]

──不知怎的,我想我会及时赶到的[来]……

我嘀咕道心里想着,突然抬头看了一[自]眼天空,乌云密布,天气给人一种压[i]抑的感觉。

我预计明年春天从东京的一所大学毕[a]业,从今年夏天开始我一直在面试各[m]种公司,但一直未能成功得到任何报[k]价。我在那里。

今天是我第 44 次接受该公司面试。

一开始我兴高采烈,甚至接受了超出[.]我资历的公司面试,但随着一次又一[c]次收到拒绝通知,我的心理健康状况[n]开始恶化。我越来越受伤了,最近我[恐]感觉很可怜,希望有公司能这样来接[怖]我。

公告在家里回响。

─?~、?~、?~

货运列车即将经过。

这很危险,所以请留在白线后面。

重复...

然后,

``小哥哥,现在...你有采访吗[鬼]?''

突然,我听到左上方有一个声音。

抬头一看,只见一位身穿格子西装,[故]头发花白,分成三分的老者。

晒黑的方脸上有一双皮肤黝黑的眼睛[事]

他让我想起了曾经风靡一时的昭和时[文]代喜剧演员。

从格子袖口露出的金色腕表引人注目[章]

“是啊,好吧。”

我带着友善的微笑随意地回答。

下一步ge

然后,那个男人在我旁边坐下,低着[来]头开始自言自语。

``其实我正要去面试。

去年,我工作了30年的公司突然破[自]产了。

p>

我和我在一起生活了很长时间的老妻子上个月因癌症去世了。

我没有孩子。没有亲戚,所以我在这[i]个年纪感到孤独。没有。

不过,在去保卫处的时候,我尝试采[a]访过各地的公司,但都在徒劳。

我就是这么想的。什么?我想现在不[m]会有什么不寻常的公司会雇佣这么老[k]的人了。

但是,我面试的时候即将采取的事情[.]对我来说是决定我的第二次人生的最[c]重要的事情。看起来这会是一件什么[n]事情。

嗯,这就像阎魔大人在地狱入口处给[恐]你的东西一样,所以

我会尽力的,哥哥也会尽力的~”

男人快速地看了我一眼,然后一脸好[怖]笑的站了起来。他脸上露出笑容,开[鬼]始行走。

──这么大年纪再就业了……

一定很困难吧。

当时我就是这么想的。

然后,

一列驶过的列车轰鸣着,轰隆隆地冲[故]上了站台。

就在那之后。

突然,一声巨响响起,

轰隆隆!一阵沉闷的碰撞声响起,紧[事]接着是令人不快、震耳欲聋的刹车声[文]

我认为那种令人不愉快的声音(就像[章]在黑板上刮擦一样)花了几分钟才停[来]止。

那一刻,我呆呆地站在那里,不知道[自]发生了什么。

喧闹的站台上充满了尖叫声和怒吼声[i],几个车站工作人员从我面前跑过去[a]

我也开始像被拖着走一样。

然后广播响起。

─?〜、?〜、?〜

目前,我们校园发生了一起事故。

目前我们正在处理该流程,因此给候[m]车者带来的不便,我们深表歉意,但[k]请稍等片刻。

看起来有人跳上了铁轨。

我愣愣地把目光猛地转向前方,顿时[.]脊背发凉。

在平台白线周围。

第一个关节以上的手臂,裹着格子衣[c]服,躺在平台的地上。

如果你仔细观察,你可以看到他的手[n]腕上戴着一块金表。

我盯着被撕裂的手臂,肩膀一阵颤抖[恐],泪水顺着脸颊流了下来。

然后,当他终于平静下来后,他闭上[怖]眼睛,对着失去主人的手臂合十了一[鬼]会儿。

─爸爸忘记带手表了,但是……我能及时赶到最后一次面试吗?

我嘀咕着,

最后一次采访 日本恐怖故事

──我想我来不及了今天的采访。

我苦笑了一下,然后转身,又开始慢[故]慢地走。

Fin

分隔符

由Nekojiro介绍


作者:ねこじろう
原文:最後の面接

その日俺は、

nextpage

紳士服専門店の礼服コーナーで買っ[事]た、2着め半額のリクルートスーツ[文]に身を包み緊張した面持ちで、とあ[章]る駅のベンチに座っていた。

14時の会社面接を受けるためには[来]、この後に来る13時30分の快速[自]電車に乗車しないといけないのだ。[i]

腕時計に目をやると、時刻は13時[a]12分。

nextpage

─何とか、ぎり間に合いそうだな、[m]、、

nextpage

そう一人呟いて、ふと見上げる空に[k]は灰色の雲が立ち込めており、何か[.]憂鬱な感じの天気だ。

nextpage

都内の大学を来春卒業見込みの俺は[c]、今年の夏頃からあちこち会社の面[n]接を受け続けているのだが、なかな[恐]か内定をもらうことが出来ずにいた[怖]

今日は44社めの面接になる。

nextpage

初めのうちは意気揚々、身の丈以上[鬼]の会社の面接を受けたりもしていた[故]が、幾度も幾度も不採用の通知をも[事]らう度にメンタルは痛め付けられて[文]いき、最近はとうとう、とにかくど[章]んな会社でも良いから、こんな俺を[来]拾ってくれと情けない気分になって[自]いた。

nextpage

ホーム内をアナウンスが響き渡る。[i]

nextpage

─?~、?~、?~

間もなく貨物列車が通過いたします[a]

危険ですので白線の内側までお下が[m]りください。

繰り返します、、、

nextpage

すると、

nextpage

「にいちゃん、今から面接かい?」[k]

nextpage

いきなり左ななめ上から声がする。[.]

見上げると、

白髪混じりの髪を七三に分け、チェ[c]ック柄のスーツに身を包んだ初老の[n]男が立っている。

日焼けした四角い顔に細い目。

かつて一世を風靡した昭和の喜劇俳[恐]優を彷彿とさせた。

チェック柄の生地の袖口から覗く、[怖]金色の腕時計が目を引く。

nextpage

「ええ、、、まあ」

nextpage

俺は愛想笑いをしながら適当に返事[鬼]をする。

nextpage

すると男は隣に座ると、俯いたまま[故]独り言するように語りだした。

nextpage

「実はわしも今から面接なんや。

去年30数年勤めていた会社がいき[事]なり倒産してもうてな

同じくらい長く連れ添った古女房は[文]前月、ガンで逝ってしもうた。

子どももおらんし親戚付き合いもし[章]てなかったから、わし、この歳で天[来]涯孤独なんや。

nextpage

それでも安定所に通ったりしながら[自]、あちこち会社の面接を受けてみた[i]んやが全て空振り。

そらそうやな。こんなええ歳こいた[a]オッサンを今更採用する奇特な会社[m]とかあるわけないわな。

でもな今から受ける面接なんやけど[k]な、わしにとっては第二の人生を決[.]める一番大事なものになりそうなん[c]や。

まあ、いわば地獄の入口で閻魔様か[n]ら受けるものみたいなもんかな。

わしも頑張るから、にいちゃんも頑[恐]張りや~」

と言って男は俺の顔をチラリと見る[怖]と、ハハハと可笑しそうに笑いなが[鬼]ら立ち上がり、そのまま歩き始めた[故]

nextpage

─あんな年齢で再就職か、、、

大変なんだな。

nextpage

その時はその程度しか思わなかった[事]

すると、

nextpage

轟音と地響きとともに通過列車がホ[文]ームに突入してきた。

nextpage

その直後だった。

nextpage

いきなり物凄い警笛音が鳴り響き、[章]

どすん!という鈍い衝突音がしたか[来]と思うと、

耳をつんざくような不快なブレーキ[自]音が続いた。

黒板をかきむしるような不快なその[i]音が止むのには数分を要したと思う[a]

nextpage

俺はその時何が起こったのか分から[m]ず、ただ呆然と立ち尽くしていた。[k]

nextpage

騒然としたホームは、あちこちで悲[.]鳴やどよめきが起こり、数人の駅員[c]が目の前を走り過ぎていく。

つられるように俺も歩き始めた。

するとアナウンスが鳴った。

nextpage

─?~、?~、?~

只今、当構内で人身事故が発生致し[n]ました。

現在処理を行っておりますので電車[恐]をお待ちの方々はご迷惑おかけしま[怖]すが、しばらくそのままお待ち下さ[鬼]い。

nextpage

どうやら線路に人が飛び込んだよう[故]だ。

nextpage

呆然と立ち尽くしながらふと前方に[事]視線を移した途端、背筋が凍りつく[文]

nextpage

それはプラットホーム白線の辺り。[章]

nextpage

チェックの洋服生地にくるまれた第[来]一関節から上の腕が一つ、ポツンと[自]ホームの地面に転がっていた。

よく見ると、その手首には金色の腕[i]時計が巻かれている。

nextpage

俺は、そのちぎれた腕をじっと見な[a]がら、しばらく肩を震わせひとしき[m]り涙を流した。

それからようやく冷静になると瞳を[k]閉じ、主を失った腕に向かってしば[.]らく合掌すると、

nextpage

─おっちゃん時計忘れてるけど、最[c]後の面接には間に合うかな?

nextpage

と呟くと、

nextpage

─これじゃあ、今日の面接は間に合[n]いそうにないな

nextpage

と苦笑いしてからくるりと踵を返し[恐]、またゆっくり歩き始めた。

nextpage

Fin

separator

Presented by Nekojiro

日本日文kowabana
声明

部分内容涉及暴力、血腥、犯罪等,来自网络,请勿模仿

版权:内容只是个人喜好搜集,如有侵权请联系处理。

发表评论

评论列表(0人评论 , 531人围观)
☹还没有评论,来说两句吧...