罪与罚的平衡

iamk 日本恐怖故事 2024-05-01 00:00:01 514 0

壁纸:7157

《罪与罚的平衡》

大约2个月前,在等待公交车返回时[文]乡村 我从一位不知名的英国旅行者那里听[章]到了一个奇怪的故事。

旅行者:“给你讲一个有趣的故事,[来]请慢慢听,想象自己进入了故事。”[自]

※※※※ ※※※※※※※※ ※※※

你和另一位女士站在一位法官面前。[i]

其中一人杀了八人,如果送上法庭,[a]判决很可能是死刑。

然而,没有人知道是谁犯下的罪行。[m]但如果这是你自己的罪,你应该更清[k]楚。来吧。是时候做出选择了。

首先,你是第一个。如果你真的是无[.]辜的,你需要证明自己的清白。

即使你犯了罪,你是承认还是隐瞒?[c]

您选择哪一个并不重要。

如果你认罪,恭喜你。你的痛苦到此[n]结束。

你声称自己无罪。你还活着。

还有另一个女人。他坚称自己是清白[恐]的,并选择活下去。

你和另一个女人。他声称自己无罪,[怖]这意味着他仍然想活下去。我还有一[鬼]些事情没有完成。或者...

不,没关系。但法官有麻烦了。毕竟[故],两人都声称自己是无辜的。

法官叹了口气,拿出了秤。我对你们[事]俩说这句话。

“从今以后,你们俩的罪过就按这个[文]秤来衡量,重者受罚。”

法官说,拿出两个同时分块并将它们放在秤上。你在右边,另一个女人在左边。然而,鳞片要么倾斜,要么保持水平。

罪与罚的平衡 日本恐怖故事

犯罪的严重性保持不变。是这个意思[章]吗?

然后,法官在中间的天平上称了一下[来]。我触摸它。静置约10秒后,鳞片[自]会慢慢开始倾斜。哪一条路?正确的[i]。你的罪孽的天平正在慢慢地压下去[a]。缓缓低下头。

你的视野逐渐变窄。

然后,我狭窄的视野中映出的鳞片…[m]…到达了地面。

你缓缓睁开眼睛。

周围都是洁白的雪。

你脚下的雪被鲜血染红了。

下雪了,应该很冷,但我的身体却很[k]热。

我的身体一动不动。你还记得。

深夜。冒着雪走在回家的路上。

突然,我的后背传来一阵强烈的疼痛[.]

他踉跄了几步,倒在路灯照亮的雪地[c]上。

但是,他并不能立即死去。

您感觉到身后有东西存在并转过头。[n]

你说。

“……就是这个意思。”

他离开了这个世界,留下了周围的人[恐]

那是你的罪过,你现在的痛苦就是对[怖]你的惩罚。

※※※※※※※※※※※※※※※※[鬼]

我:“这是一个有趣的故事。”

旅行者: “这个故事你明白其中的窍门吗?”[故]

我:“这只是猜测,但我认为他们是[事]故意让这个故事的主角是‘你’。”[文]

省略或添加描述。然后,通过操纵角[章]色,他们将真正想要隐藏的东西带到[来]安全的地方。还有第一句话。

“你和另一个女人在一位法官面前。[自]

“你”这个词让你感觉好像你在犯罪[i]。这让我觉得这是两个人做过这件事[a]的人。是的。他故意把焦点从法官身[m]上转移开。与同一位法官匹配的安全[k]人。这是可能的......我可以[.]问你一个问题吗? ”

旅行者:“是的,请。”

我:“这个故事是你编的吗?”

游客:“是的。是的。没错。” .''

旅行者笑着对我说道。

旅行者:“那……我们问问谁是罪魁[c]祸首。”

不。 ……这不一样。在我心里,我多次否[n]认这种可能性。

但是,我坚信这种可能性。

我慢慢地移动我的手,

将食指指向旅行者。

旅行者的眼睛睁大了一会儿,然后笑[恐]了。

就在这时,一辆公交车发出声音,驶[怖]了进来。

旅客:“很有趣。”

旅客试图登上巴士。

我:“啊,等等……”

旅行者:“啊。还有,我想你最好不[鬼]要再看到我了。称重你的罪孽对我的[故]罪孽,你应该知道哪个更重。”

说完,满载旅客的巴士开走了。

八月,蝉鸣依旧。

夏天的寂静仍在继续。


作者:rark
原文:罪と罰の天秤

wallpaper:7157

shake

「罪と罰の天秤」

2ヶ月ほど前、田舎から帰るための[事]バスの待ち時間中に、知らないイギ[文]リス人旅行者から聞いた、不思議な[章]話。

旅行者「少し、面白い話をしましょ[来]う。その話の中に入るような、ゆっ[自]くりと、イメージしながら、聞いて[i]ください。」

※※※※※※※※※※※※※※※

1人の裁判官の前に、あなたと、も[a]う1人の女の人がいます。

そのうちの一人は、人を8人殺し、[m]法廷の場に出されれば、おそらく判[k]決は死刑でしょう。

しかし、誰が罪を犯したのかは誰に[.]も分からない。しかし、自分が犯し[c]た罪なら、自分がよく知っているは[n]ずです。

さぁ。選択の時間です。

たまず、先行はあなた。あなたがほ[恐]んとに罪を犯していないのなら、

あなたは無実を証明する必要があり[怖]ます。

そして罪を犯していたとしても、そ[鬼]れを自白するか、隠すか。

どちらを選んでも構いません。

罪を認めれば、おめでとう。あなた[故]の苦しみはそこでおしまいです。

無実を主張したあなた。あなたはま[事]だ生きながらえています。

そしてもう1人の女の人も。無実を[文]主張し、生きながらえる道を選びま[章]した。

あなたももう1人の女の人も。無実[来]を主張したということは、まだ生き[自]たい。やり残したことがある。それ[i]とも……

いや、いいでしょう。しかし、裁判[a]官は困ります。なんせ、2人とも無[m]実を主張するんですから。

裁判官はため息をつき、天秤を取り[k]出します。そして、あなたたち2人[.]にこう言います。

「今からこの天秤に、あなたたち2[c]人の罪をこの天秤に乗せ、重かった[n]方が罰せられるという仕組みです。[恐]

裁判官は黒いモヤの塊のようなもの[怖]を2つ同時に取り出し、天秤の上に[鬼]乗せます。右があなたで左がもう1[故]人の女の人。しかし、天秤は傾くと[事]ころか、水平のままなんです。

罪の重さは、変わらない。というこ[文]となのでしょうか?

すると、裁判官は天秤の真ん中をち[章]ょん。と触ります。10秒ほど立っ[来]た時、天秤がゆっくりと傾き始めま[自]す。どっちに?右。あなたの罪の天[i]秤皿が、ゆっくり。ゆっくりと下へ[a]向かう。

段々と、あなたの視界が狭くなって[m]行く。

そして、狭い視界に映る天秤が、地[k]面に……着いた。

あなたは、ゆっくりと目を開ける。[.]

あたりは真っ白な雪。

そして、あなたの真下の雪は、血で[c]赤く染まっている。

雪で冷たいはずなのに、体はものす[n]ごく暑い。

体が動かない。そしてあなたは思い[恐]出す。

深夜。雪の降る帰り道。

いきなり強い痛みが背中に走る。

二、三歩よろよろと歩き、街灯の照[怖]らす、雪の積もった地面に倒れ込む[鬼]

しかし、すぐには死ぬ事ができなか[故]った。

あなたは、後ろに気配を感じ、首だ[事]けを後ろに向ける。

そしてあなたは言う。

「……そういう事だったのか。」

周りの人を残して、この世を去る。[文]

それがあなたの罪であり、

今の苦しみが、罰なのでしょう。

※※※※※※※※※※※※※※※※[章]

僕「面白い話ですね。」

旅行者「この話にのトリックはわか[来]りましたか?」

僕「勝手な憶測ですが、それは、こ[自]の話の主人公を意図的に「あなた」[i]であるように、したこと……ですか[a]ね。

描写を省いたり加えたり。そして登[m]場人物を操作して、本当に隠したい[k]ことを、安全な所まで持っていく。[.]それと始めの文。

「1人の裁判官の前に、あなたと、[c]もう1人の女の人がいます。」

「あなた」というワードで、まるで[n]、罪を犯したのが2人だと思わせる[恐]。そう。意図的に裁判官から、注目[怖]を外している。それと同じ裁判官と[鬼]して一致する、安全な人物。そして[故]、それが出来るのは……。1つ……[事]質問しても?」

旅行者「はい。どうぞ。」

僕「この話は、あなたが作ったんで[文]すか?」

旅行者「はい。そうですよ。」

旅行者は、クスッと笑って僕に言う[章]

旅行者「では……犯人を聞きましょ[来]う。」

違う。……これは違う。僕の中で、[自]その可能性を何度も否定している。[i]

しかし、その可能性の確信を持って[a]しまっている。

僕はゆっくりと手を動かし、そして[m]

人差し指を、旅行者に向ける。

旅行者は一瞬目を見開いたかと思う[k]と、ニコッと笑って見せる。

その時、バスが音を立てて滑り込ん[.]でくる。

旅行者「楽しかったですよ。」

旅行者がバスに乗り込もうとする。[c]

僕「あ、ちょっと……」

旅行者「ああ。それと、もう僕とは[n]会わない方がいいと思いますよ。あ[恐]なたと私の罪を天秤に載せたら、ど[怖]っちが重いかを、あなたは知ってい[鬼]るはずです。」

そう言って、旅行者を載せたバスは[故]、走り去って行きました。

まだセミの泣く8月。

夏の静寂が、まだ続いている。

日本日文kowabana
声明

部分内容涉及暴力、血腥、犯罪等,来自网络,请勿模仿

版权:内容只是个人喜好搜集,如有侵权请联系处理。

发表评论

评论列表(0人评论 , 514人围观)
☹还没有评论,来说两句吧...