作弊痕迹

iamk 日本恐怖故事 2024-05-01 06:00:01 645 0

Masaki 和 Mina 是一对年龄相仿的已婚夫妇,均为 30 岁。

他们是高中同学,正树是一家文具制[文]造商的办公室职员,米娜是一名药剂[章]师。

我们认识已经15年了,结婚也有5[来]年了。

两人感情很好,很想生孩子,但是生[自]孩子很难。

即便如此,我还是在旧公寓的基础上[i]在郊区买了一套新建的公寓,以防万[a]一我有孩子。

正木到市中心的通勤时间变得更长,[m]但米娜很幸运在附近的一家药店找到[k]了工作。

因此,米娜通常会先回家,准备晚餐[.],等待正树回来。

************

那天,米娜下班回家,在客厅里想着[c]要做什么。吃过晚饭了。是时候休息[n]一下了。

地板上有一些小而闪亮的东西。

“有什么东西。今天早上出门前我应[恐]该把它清理干净的……”

当我拿起它时,那是一只耳环。我环[怖]顾四周,没有发现其他东西。仅一侧[鬼]有耳环。

这不是米娜的。

首先,米娜没有任何穿孔。

自从高中的时候听说了白线的都市传[故]说,我就一直有一种恐惧感,一直在[事]想是否可以打开它,直到现在。

当然,正树也不戴耳环。

耳环怎么会掉在这里?

由于米娜在一个充满女性的工作场所[文]工作,她认为它一定卡在了她的衣服[章]或包里的某个地方。

然而,第二天早上,放在胸前的耳环[来]却不见了。

这所房子里只有正树和米娜。

如果不是你,就不用问谁拿走了耳环[自]

“正木,你把这里的耳环拿到哪里去[i]了?”

然而,正木却没有停止工作的准备,[a]反问道。

“嗯?你什么时候有穿孔了?或者你[m]是我的朋友?”

“不是我的,我也没有邀请任何朋友[k]过来。我昨天去上班,下班回来,在[.]客厅发现了它,我把它放在这里,但[c]它已经不见了。”

“那是什么?你是说有人偷偷溜进来[n]?他们白天把耳环掉了,晚上又回来[恐]捡?”

“呃?不,这太恶心了。”

“总之,似乎没有什么不同,所以这[怖]可能是米娜的误会。”

*** **** ******

然而,三天后,在客厅的沙发上发现[鬼]了一块带有蕾丝边的手帕。

怎么看都是女人的东西,但也不是米[故]娜的。

早上我比 Masaki 晚一个小时离开公寓,但我一定会锁[事]门。

不知道在米娜回来之前,是否有人擅[文]自打开门锁进来了。

然后,米娜突然开始认为可能是正树[章]干的。

也许他白天偷偷下班把女人带到这里[来]来。

第二天早上,发现放在箱子上的手帕[自]不见了,米娜搜查了正树的口袋和包[i]

“你在做什么?”

正木突然检查了自己的物品,一脸恼[a]怒地走近米娜。

“我的意思是,除了你,我想不到还[m]有其他人。你白天在这里见人了吗?[k]

“你胡说什么?公司.. “……要一个半小时才能到这个公寓。为什么我要大老远跑回来见人呢?”我生气地去上班。

作弊痕迹 日本恐怖故事

如果你仔细想想,Masaki 是对的。但我想不出其他什么了。

****************[.]

那天,当米娜下班回家时,她发现了[c]一些痕迹客厅。我睁大眼睛环顾四周[n]

什么都没有掉落,而且自从我早上离[恐]开以来我也没有看到任何变化。

当我走进卧室换衣服,松了一口气的[怖]时候,我的全身却绷紧了。

原本早上应该轻松整理好的被褥,现[鬼]在已经乱七八糟了。

我能想到的只有正树。

然而,我不仅检查了床单,还检查了[故]垃圾桶,除了被褥凌乱之外,没有发[事]现任何迹象。

这到底是什么意思?

晚上,米娜再次与正木对质,但正木[文]继续否认一切。

当气氛变得紧张时,正树建议安装监[章]控摄像头。

它不是一个安全摄像头,而是一个用[来]于监视婴儿和老人的室内摄像头。

虽然正木否认是他,但他在某种程度[自]上相信米娜所说的话。

如果米娜是对的,我想我必须检查一[i]下这个房间里到底发生了什么。

米娜当然同意了这个提议。

那天晚上我订购了一台带有三个摄像[a]头的显示器,第二天晚上就到了。

Masaki 将其安装在入口、客厅和卧室,并设[m]置好以便他和 Mina 可以在智能手机上查看图像。

************

然后,从第二天开始,米娜一有时间[k]就会查看智能手机的屏幕我做到了,[.]但没有发生什么特别的事情。

假设我刚架起相机就什么都没发生,[c]第三天下午,当我开始怀疑正树可能[n]起疑的时候,我就收到了正树的信息[恐],让我去看一下。看着镜头。Ta。[怖]

米娜正在工作,无法立即查看智能手[鬼]机,但大约一个小时后,在休息期间[故],她赶紧查看了视频。

在智能手机屏幕上,三个显示器的屏[事]幕垂直显示。

这些是熟悉的房屋的图像...

“这是什么?”

底部图像是卧室。

你早上准备的被子是不是在你的脚边[文]皱成了一团?

床垫上的床单表面似乎在移动。

床上好像有人,但我看不到任何人。[章]床就像活了一样。

米娜第一次意识到这件事并不是人类[来]所为。

就在那时。

突然,顶部入口图像中所示的门打开[自]了。

然后,正木从敞开的门里冲了进来。[i]

我之前给米娜发了一条LINE消息[a],然后就立即离开了办公室。露。

正木的身影立即从入口的影像中消失[m],他的背影出现在卧室的影像中。

当我站在床边时,我正在将脸和手移[k]向床。

没有声音,只有视频,不过看样子,[.]他们好像是在床上和什么东西在争吵[c]

正木看到了吗?

米娜提前离开药店,冲了出去,说自[n]己有急事要做。

骑自行车到公寓大约需要十分钟。

“正木!”

当我跳进卧室时,正木正坐在床边。[恐]

他盯着床,嘀咕着什么。

到底发生了什么?

“正崎!怎么了?坚强点!”

美奈跑到正崎身边,摇晃着他的肩膀[怖],正崎茫然地将目光转向美奈。

“啊……米娜……”

“怎么了?发生了什么事?这里有人[鬼]吗?”

*********

据 Masaki 说,那件事发生在大约两周前。

当正木下班回家的路上,他看到路边[故]站着一个熟悉的女人。

这位女士在一家商业伙伴处负责采购[事],大约五年前她负责 Masaki 的公司。

她是一个比较腼腆、安静的女人,虽[文]然她常常认为自己不会负责采购,但[章]她是Masaki公司的主要客户之[来]一,所以Masaki非常敏感。她[自]以最大的社交礼貌。

很多次,当性格不好的老板在商业伙[i]伴正树面前对她进行讽刺时,正树都[a]会介入。

也许这就是她误解的原因。

在与米娜结婚之前,她从某处听到了[m]传闻,等待着正树回来。

虽然他一贯胆怯的语气,但明显是在[k]抱怨。

也许他不喜欢自己。

正木认为,与其说一些模棱两可的话[.],不如两人都说清楚,并试图解决问[c]题,所以他对待这位女士就像是他负[n]责商业伙伴一样。我并没有因为我在[恐]那里而产生任何浪漫的感觉或任何东[怖]西。我告诉他一件事。

然后,她一句话也说不出来,眼里含[鬼]着泪水,转身就往某处跑去。

我一点也不同情他,相反,我对他这[故]种缺乏社会常识的自私假设感到不舒[事]服。

后来,正木去拜访客户工作,虽然他[文]觉得很尴尬,但另一位采购经理出现[章]在他面前。

然后我听说她失踪了。

她突然不来上班了,她住的公寓也成[来]了空壳。

我以为这是我的错,但我并没有做错[自]什么,而且说实话,我很欣慰,我不[i]再需要和她一起工作了。

************

五年后的现在,她突然出现在他的面[a]前。 。

正木已经完全忘记了她的存在,但当[m]他看到她的脸时,他就想起来了。

然而,在正木靠近之前,那个女人就[k]消失了。

无处可藏。

当时我以为我错了。

我仍然想知道为什么我会误会她,但[.]我告诉自己我不需要担心。

然而,在她家安装的摄像头拍摄的视[c]频中,该女子清晰可见。

然后,想着再这样下去,米娜可能会[n]出事,于是她就赶回家了。

“我的眼睛里看不到任何人。那个女[恐]人绝对不存在于这个世界上。”

听完正树的故事后,米娜说道,他低[怖]声说道一张严肃的脸。

正木不相信有鬼,但如果米娜没有看[鬼]到他,这次发生的事情就没有其他解[故]释了。

``由于我们没有发现任何异常情况[事],所以我们只能假设那个女人最近发[文]生了什么事。她在想着正树时病死了[章]......・你是自杀吗? ”

“别开玩笑了。”

不过,米娜的表情却很严肃,似乎在[来]思考着什么。

“但是正木可以看到那个人,但我看[自]不到,对吧?”

“是的。”

“那么,那个人的想法又或许他的意[i]识只针对正崎。你不必因为我夺走了[a]你所爱的人而对我发怒。 ”

然而,那个女人五年前就失踪了。

这是否意味着他已经在某个地方想着[m]正木这么久了?

“嘿,你刚才和那个鬼在说什么?”[k]

“我再一次告诉你,我根本不在乎你[.],这就是我。“这是一个对我很重要[c]的人居住的地方,所以请离开。”

“然后呢?”它消失了。”

“是的,我希望你能很容易地理解这[n]一点。”

当正树露出困惑的表情时,米娜回以[恐]苦笑。

“鬼是人类的灵魂,对吗?”

“是啊,我不知道。”

“所以,就因为你变成了一个“gh[怖]ost”并不意味着你本来就是个鬼[鬼]魂。我不认为他的性格改变了那么多[故]。”

正木站着不动,无法理解米娜开始说[事]的话。

“如果那个女人的性格很温顺的话,我想她不会因为变成了鬼就突然变得暴力起来,对我或者正木造成伤害。”

是这样的吗?

``那么,我们就试着把耳环和手帕[文]留在房间里,在床上玩恶作剧,留下[章]让我怀疑正树欺骗我的痕迹,让我们[来]闹翻吧。就是这样。我说。”

正木觉得很有道理,所以暂时同意米[自]娜的说法。

米娜从厨房拿来一小盘盐,放在入口[i]两侧。

“我不知道盐有没有效果,不过暂时[a]就这样吧,然后明天休息一天,去驱[m]魔。”

“好吧”

“这么关心正木的人的鬼魂可以驱除吗?你不后悔吗?”

“没办法,你”真是个白痴。”

正树苦笑着说出这句话,突然听到一[k]阵好像被什么东西绊倒的嘎吱声,不[.]知从哪里传来了女人的抽泣声。

新的和新的...

新的和新的...・

正树和美奈惊讶地抱在一起,脸色抽[c]搐,环顾房间四周,想看看声音是从[n]哪里传来的。

然而,不到一分钟,抽泣声就消失了[恐]

此后,正树和美奈的周围就没有发生[怖]什么奇怪的事情了。

◇◇◇◇ FIN


作者:天虚空蔵
原文:浮気の痕跡

政樹と三奈は三十歳で同い年の夫婦だ。

高校時代の同級生であり、政樹は文[鬼]具メーカーに勤めるサラリーマン、[故]三奈は薬剤師をしている。

出会って十五年、結婚して五年。

ふたりの仲は良く、子供は欲しいと[事]思っているのだが、なかなか恵まれ[文]ない。

それでも子供が出来た時の為にと、[章]それまでのアパートから郊外に新築[来]のマンションを購入したばかりだ。[自]

都心へ通勤する政樹の通勤時間は長[i]くなったが、三奈は運良く近場の薬[a]局で仕事が見つかった。

そのため三奈が先に帰宅して夕食の[m]支度をしながら政樹の帰りを待つの[k]が常だ。

nextpage

*********

その日、三奈が仕事を終えて帰宅し[.]、さて夕飯は何にしようかとリビン[c]グでひと息ついた時だった。

床に何か小さな光るものが落ちてい[n]る。

「何かしら。今朝出掛ける前に掃除[恐]したはずだけど・・・」

拾い上げてみるとそれはピアスだっ[怖]た。周りを見回しても他に落ちては[鬼]いない。片方だけのピアス。

それは三奈の物ではなかった。

そもそも三奈はピアスの穴を空けて[故]いない。

高校時代に白い糸の都市伝説を聞い[事]てから何となく恐怖感があり、開け[文]てもいいかなと思いながらずるずる[章]と現在に至っている。

もちろん政樹もピアスなどしない。[来]

何故ここにピアスが落ちているのだ[自]ろうか。

三奈は女性ばかりの職場に勤めてい[i]ることもあって、自分の服かカバン[a]のどこかに引っ掛かっていたのだろ[m]うと思うことにした。

しかし翌日の朝、チェストの上に置[k]いたはずのそのピアスが無くなって[.]いた。

この家の中には、政樹と三奈しかい[c]ない。

自分でなければ、誰がピアスを取っ[n]たのか聞くまでもない。

「政樹、ここにあったピアス何処へ[恐]持っていったの?」

しかし政樹は出勤の支度の手を止め[怖]ることなく聞き返してきた。

「え?お前、いつからピアスなんか[鬼]してるんだ?それとも、友達のか?[故]

「私のじゃないし、友達を呼んだり[事]もしてないわ。昨日仕事から帰って[文]きたらリビングに落ちていたの。そ[章]れをここに置いておいたんだけど無[来]くなってるのよ。」

「なんだそれ。ここに誰かがこっそ[自]り入ってきたって言うのか?しかも[i]昼間にピアスを落として、それを夜[a]にまた取りに戻ってきたってこと?[m]

「ええ?やだ。気持ち悪い。」

「とにかく他に変わった様子もない[k]し、たぶん三奈の勘違いだよ。」

nextpage

*************

しかしその三日後、今度はリビング[.]のソファの上にレースの縁取りの付[c]いたハンカチが落ちていた。

どう見ても女物だが、これも三奈の[n]物ではない。

朝は政樹よりも一時間遅くマンショ[恐]ンを出るのだが、鍵は確実に掛けて[怖]いる。

三奈が帰ってくるまで、誰かが鍵を[鬼]開けて勝手に入ってきているのだろ[故]うか。

そこで三奈はふと政樹の仕業ではな[事]いかと思い始めた。

昼間、仕事を抜け出してここに女を[文]連れ込んでいるのではないか。

そして翌朝チェストの上に置いたハ[章]ンカチが無くなっているのを見て、[来]三奈は政樹のポケットやカバンを調[自]べた。

「何やってんだよ。」

いきなり、自分の持ち物チェックを[i]された政樹がむっとした顔で三奈に[a]詰め寄った。

「だって、あなた以外に考えられな[m]いじゃない。昼間、ここで誰かと逢[k]っているんでしょ?」

「何馬鹿なこと言ってるんだ。会社[.]からこのマンションまで一時間半も[c]かかるんだぞ。誰かと逢うのに何で[n]ここまで戻ってこなきゃいけないん[恐]だ!」

政樹の持ち物からハンカチは見つか[怖]らず、疑われた政樹は怒りながら出[鬼]勤していった。

よく考えれば政樹の言う通りなのだ[故]。しかし他には考えられないではな[事]いか。

nextpage

*************

その日、三奈は仕事から帰ってくる[文]とリビングに何か痕跡はないか目を[章]皿のようにして見回した。

何も落ちていないし、朝出掛けた時[来]から特に変わった様子も見られない[自]

ほっとして着替えをしようと寝室へ[i]入ったところで、全身が強張った。[a]

朝、簡単に整えていったはずの寝具[m]が乱れている。

やはり政樹しか考えられない。

しかしシーツだけでなくゴミ箱の中[k]までも調べたが、寝具が乱れている[.]以外に何の痕跡も見られない。

一体どういうことなのか。

夜、三奈はもう一度政樹に詰め寄っ[c]たが、政樹は相変わらず頭から否定[n]してくる。

険悪な雰囲気になったところで、政[恐]樹が防犯カメラの設置を提案してき[怖]た。

防犯カメラというよりも、赤ん坊や[鬼]老人を見守るための室内カメラだ。[故]

政樹は自分ではないと否定しながら[事]も、三奈の言うことはある程度信用[文]していた。

三奈の言う通りならば、実際この部[章]屋で何が起こっているのかを確認し[来]なければならないと思ったのだ。

もちろん三奈はその提案に合意した[自]

その夜に三台のカメラがついたモニ[i]ターを注文すると、翌日の夕方には[a]届いていた。

政樹はそれを玄関、リビング、そし[m]て寝室に設置し、自分と三奈のスマ[k]ホでその映像を確認できるようにセ[.]ットした。

nextpage

*********

そしてその翌日から三奈は仕事の合[c]間に時間があるとスマホで画面をチ[n]ェックしていたが、特に何も起こら[恐]ない。

カメラをセットした途端に何も起こ[怖]らなくなったとすると、やはり政樹[鬼]が怪しいのではないかと思い始めた[故]三日目の午後、政樹からラインで映[事]像を見ろとのメッセージが入った。[文]

仕事中の三奈はすぐにスマホを確認[章]できなかったが、一時間ほどして休[来]憩時間になると急いで映像を確認し[自]て見た。

スマホの画面には、三か所のモニタ[i]ーの画面が縦に並んで表示されてい[a]る。

それぞれ見慣れた自宅の映像なのだ[m]が・・・

「え、何これ。」

一番下に映っている寝室の映像だ。[k]

朝、整えたはずの掛布団が、足元の[.]辺りでひと塊りになっているではな[c]いか。

そしてマットレスに掛けられたシー[n]ツの表面が動いているように見える[恐]

まるでベッドの上に誰かがいるよう[怖]だが、そこに人の姿は見えない。ま[鬼]るでベッドが生きているかのようだ[故]

三奈はここで初めて今回の出来事は[事]人間の仕業でないということに思い[文]至った。

その時だった。

いきなり一番上の玄関の映像に映っ[章]ているドアが開いた。

そして開いたドアから飛び込んでき[来]たのは政樹だ。

先程ラインのメッセージを三奈に送[自]り、すぐに会社を出たのだろう。

政樹の姿はすぐに玄関の映像から消[i]え、寝室の映像にその後ろ姿が映っ[a]た。

そしてベッドの横に立つとベッドに[m]向かって、顔や手を小刻みに動かし[k]ている。

映像だけで音声はないのだが、その[.]様子からすると、ベッドの上の何か[c]と言い争っているように見える。

政樹にはその姿が見えているのだろ[n]うか。

三奈は、急用ができたと言って薬局[恐]を早退して飛び出した。

マンションまで自転車で十分ほどの[怖]距離だ。

「政樹!」

寝室に飛び込むとベッドの横に政樹[鬼]が座り込んでいた。

ベッドを見つめ、何やらぶつぶつと[故]呟いている。

一体何が起こったのだろう。

「政樹!どうしたの?しっかりして[事]!」

三奈が政樹に駆け寄り、その肩を揺[文]さぶると、政樹はぼんやりと視線を[章]三奈へ向けた。

「ああ・・・三奈・・・」

「どうしたの?何があったの?ここ[来]に誰かいたの?」

nextpage

**********

政樹の話によると、それは二週間ほ[自]ど前の事だった。

政樹が会社を出てマンションへ帰る[i]途中、路肩に見覚えのある女性が立[a]っていた。

その女性は取引先の購買担当で、五[m]年程前、政樹の会社の担当だった。[k]

かなり引っ込み思案のおとなしい女[.]性であり、よく購買担当などという[c]仕事が務まるなと思いながらも、そ[n]の会社は政樹の会社の主要な取引先[恐]のひとつであるため、政樹は精一杯[怖]の社交辞令を以って彼女に接してい[鬼]た。

彼女の性格の悪い上司が、取引先で[故]ある政樹の目の前で彼女に対してね[事]ちねちと嫌味を言うのを政樹が取り[文]なしたことも多々あった。

そんなこともあって彼女は勘違いを[章]したのだろう。

三奈と結婚する直前、何処からか噂[来]を聞きつけた彼女は政樹の帰りを待[自]ち伏せしていた。

そしていつものおどおどした口調な[i]がら、はっきりと文句を言ってきた[a]のだ。

自分のことを好きなのではなかった[m]のかと。

政樹は、ここで場を取り繕うような[k]曖昧な事を言うよりも、はっきり言[.]った方がお互いの為だと思い、その[c]女性に対し自分はあくまでも取引先[n]の担当として接していただけで恋愛[恐]感情など一切ないことを告げた。

すると彼女は口を一文字に結び、目[怖]に涙を浮かべてくるりと踵を返すと[鬼]どこかへ走り去って行った。

可哀そうだと言う気持ちは一切湧か[故]ず、逆に社会的な常識に欠ける勝手[事]な思い込みを不愉快に思ったくらい[文]だ。

後日、気まずいなと思いながらも政[章]樹が仕事でその取引先を訪ねると、[来]別の購買担当が彼の前に現れた。

そして彼女が消息不明になっている[自]ことを聞いたのだ。

いきなり会社に出てこなくなり、彼[i]女の住んでいたアパートはもぬけの[a]殻だったそうだ。

自分のせいかと思ったが、自分は何[m]も悪いことはしていないし、正直、[k]仕事で付き合うことが無くなったこ[.]とに内心ほっとしていた。

nextpage

************

その彼女が五年も経った今、突然彼[c]の前に現れたのだ。

政樹はもうその存在すらすっかり忘[n]れていたが、その顔を見た途端に思[恐]い出した。

しかしその女性は、政樹が近づく前[怖]にその姿を消してしまったのだ。

隠れるような場所などない。

その時は自分の見間違いだと思った[鬼]

何故に見間違えたのが彼女だったの[故]かという疑問は残ったが、気にする[事]ことはないと自分に言いきかせた。[文]

しかし自宅に設置したカメラの映像[章]にその女性の姿がはっきり映ってい[来]たのだ。

そしてこのままでは三奈の身に何か[自]起こるかもしれないと慌てて帰宅し[i]たのだった。

「私の目には誰の姿も見えなかった[a]。絶対にその女性はこの世の存在じ[m]ゃないわね。」

政樹の話を聞いた三奈は真面目な顔[k]でそう呟いた。

政樹は幽霊というものを信じていな[.]かったが、三奈には見えていなかっ[c]たとすると、今回のことは他に説明[n]がつかない。

「私達には特にこれと言って変わっ[恐]たことはないから、その女の人に最[怖]近何かあったとしか思えないわ。政[鬼]樹の事を想いながら病死したとか・[故]・・自殺したとか?」

「おいおい、冗談でもやめてくれよ[事]。」

しかし三奈は真剣な表情で何かを考[文]えているようだ。

「でも、その人の姿は、政樹には見[章]えるけど私には見えなかったでしょ[来]?」

「うん。」

「だから、その人の想いというか意[自]識は政樹にしか向いてないのよ。愛[i]する人を奪った私に怒りの矛先を向[a]けるなんてことはなかったってこと[m]ね。」

しかし、あの女性がいなくなったの[k]は五年も前なのだ。

そんなに長い間、どこかでずっと政[.]樹のことを想い続けていたというこ[c]となのか。

「ねえ、さっきその幽霊さんと何を[n]話していたの?」

「もう一度、俺は君のことを何とも[恐]思っていないということと、ここは[怖]俺と大事な人の住む場所なんだから[鬼]出て行ってくれって。」

「そしたら?」

「じっと俺の顔を見つめて、いや睨[故]んで、そして消えた。」

「そう、それですんなり納得してく[事]れればいいけど。」

政樹が困ったような表情を浮かべる[文]と、三奈はそれに苦笑いを返した。[章]

「幽霊って人間の魂でしょ?」

「うん。知らんけど。」

「だから幽霊になったからって、そ[来]もそもの性格ってあまり変わらない[自]と思うの。」

政樹は三奈が何を言い始めたのか理[i]解できずにキョトンとしている。

「その女の人がとてもおとなしい性[a]格をしていたのなら、幽霊になった[m]からっていきなり狂暴になって私や[k]政樹に危害を加えるとは思えないの[.]よ。」

そんなものだろうか。

「だから、部屋にピアスやハンカチ[c]を残したり、ベッドに悪戯したり、[n]政樹の浮気を私に疑わせるような痕[恐]跡を残して、私達が仲違いをするよ[怖]うに仕向けようとしたんだわ。」

なんとなく筋は通っているような気[鬼]がした政樹は、とりあえず三奈の話[故]に頷いた。

三奈は台所から小皿に塩を盛って持[事]ってくると、それを玄関の両脇に置[文]いた。

「盛り塩が効果あるのか分からない[章]けど取り敢えずね。それから明日は[来]休暇を取ってお祓いに行ってきまし[自]ょ。」

「わかった。」

「そんだけ政樹の事を想ってくれる[i]その人の幽霊を祓っちゃっていいの[a]?未練はない?」

「あるわけねえだろ。馬っ鹿じゃね[m]えの。」

政樹がそう言って苦笑いした途端、[k]突然ガタッという何かに蹴躓いたよ[.]うな音が聞こえ、何処からか女性の[c]すすり泣くような声が聞こえてきた[n]

nextpage

しくしくしくしく・・・・

しくしくしくしく・・・・

nextpage

政樹と三奈は驚き、顔を引き攣らせ[恐]て抱き合ったまま、何処から声がし[怖]ているのかと部屋の中を見回してい[鬼]る。

nextpage

しかしそのすすり泣く声は一分と経[故]たずにフェードアウトするように消[事]えた。

nextpage

そしてその後、政樹と三奈の周りで[文]不可思議な出来事が起こることはな[章]かったとさ。

◇◇◇◇ FIN

日本日文kowabana
声明

部分内容涉及暴力、血腥、犯罪等,来自网络,请勿模仿

版权:内容只是个人喜好搜集,如有侵权请联系处理。

发表评论

评论列表(0人评论 , 645人围观)
☹还没有评论,来说两句吧...