佐渡岛

iamk 日本恐怖故事 2024-05-01 03:00:02 524 0

有些事情我至今都无法忘记,不知道到底发生了什么。

大约20年前的夏末,我和男朋友骑[文]着他驾驶的摩托车从我们居住的埼玉[章]县出发。乘客前往佐渡岛。

可能是淡季的缘故,人少,很安静。[来]而且,似乎台风即将来临,厚厚的云[自]层遮住了天空,让人呼吸困难。

我们到达时已是深夜,在港口的一家[i]餐厅吃了晚饭,然后入住了附近的宾[a]馆。就好像没有其他客人入住一样,[m]走廊里、浴室里都没有看到任何人,[k]客栈里很安静,前台只有主人一个人[.]

“我们来这里没有任何计划。我们只[c]是想看看日本海,而我们在这样的时[n]间来了!我们要做什么明天?你要去[恐]哪里?''

``是啊,如果没有渡轮送我们回家[怖]就成问题了。那么绕着岛?既然我们[鬼]已经征服了它,那就好了!”

“是的!我们就这么做吧!”

我决定就这么做了,那天就睡了。

分隔符

第二天早上,天空依然灰暗,下着小[故]雨,微风吹过,下着雨。仿佛是为了[事]摆脱沉闷的感觉,我和他穿上雨衣,[文]骑上自行车出发了。

我沿着海岸开了一会儿,不知不觉间[章],我就到了一条被高大树木包围的林[来]道上。几乎没有车辆经过,也没有人[自]

然后,在开车时,他说:“哦,太疯狂了!我要去趟洗手间!” “诶!?哪一个?”“大!”“哦不!它不在这里!你受不了吗?”p>

我说:“嘿!停下来!”然后笑了。

< p>

像便利店一样的小建筑。沿着路就进[i]入了视野。 “哦!好像就在那边!”他毫不犹豫[a]地转身离开马路,将摩托车停在了大[m]楼旁边。

我下去一看,那是一座古老的建筑,[k]颜色暗淡。我把头盔夹在腋下,透过[.]玻璃门看里面发生了什么,里面漆黑[c]一片,安静极了。

“不是关门了吗?”

“我们出去玩吧!”

当他推的时候门突然打开了,所以,[n]当我和他一起进去时,左边是一条狭[恐]窄的走廊,尽头我可以看到一个厕所[怖]的标志。

“你救了我!”

当他跑进来时,我环顾四周,看到地[鬼]板上堆满了管道。还有椅子、一个油[故]炉,墙壁上贴满了被阳光晒得褪色的[事]道路安全海报和渡轮时刻表。

(我猜这就像一个聚会场所....[文]..)正当我这么想时,我看到前面[章]的滑动门上贴着一张佐渡岛的地图。[来] (我想知道它现在在哪里.....[自].)当我走近时,我注意到它稍微打[i]开了。

我随便往里一看,里面有五六个老男[a]女。每个人都背对着我们,关掉声音[m]看电视节目。

房间里光线昏暗,唯一的光线来自我[k]对面的窗户和闪烁的电视屏幕。

有的人坐在中间的沙发上,有的人则[.]站着默默观看。

(我很惊讶……为什么会在这里……[c]?)

正当我这么想时,我看到一个老人站[n]着看着电视,我慢慢转过身。

尽管我很紧张,我还是把门稍微打开[恐]了一点,说:“你好……”但他什么[怖]也没说,只是一直看着我。

(呃……?)我不知道该怎么反应,[鬼]就这样呆着,但旁边的另一个老人注[故]意到了我。我一直在密切关注。

一位老人和一位老妇独自坐在沙发上[事]。其他人慢慢转过头来,不知不觉间[文],他们都看着我。

(你在做什么?闭嘴盯着我看……)[章]

突然,所有人的目光我发现我的眼睛[来]变得越来越大。我突然觉得有点毛骨[自]悚然,说道:“很抱歉打扰你……”[i]我关上门,快步走过去,试图推开玻[a]璃门。

“哦,太疯狂了!我很高兴我及时赶到了!”

他笑着回来。他们可能认为我僵硬的[m]脸很奇怪。

``怎么了?''

``...电视上有奇怪的人。我' “我在看着你。”她低声说道。

“嗯?在哪里?有人吗?”

“……在那张地图上。”

“什么?在那儿?认真的吗?”

他想走,所以我说,“好吧!我们快[k]点走吧!”我拉了拉我的手臂。 “什么?我很好。”我笑着甩开她,[.]然后走开,轻轻地打开了推拉门。

然后他立即转身说道:“住手!”

“嗯……?”“太好了!我抓到了![c]

“嗯?”“这里没人!”

“嗯...?不...不要这样做![n]”“不,这里真的没有人吗?...[恐]发生了什么事?”

我突然感到口渴,心跳加速,呼吸困[怖]难。他把门一路打开,进了房间。

“说真的,这里没有人吧?进来吧。[鬼]”他笑着说道,但我可以看到他的脸[故]色有点紧张。Ta。

“好吧……我们现在就走吧!”“不[事],快点!这里没人!”他跑过去抓住[文]我的手,把我拉进房间。

然后,老人就不见了踪影,电视也没[章]有开,昏暗的房间里只能听到闷闷的[来]雨声。

“就在刚才……或者说,真的……

真的就在刚才!就在刚才!真的发生[自]了!”的!

真的!这里!

有两个老男人站着看电视!

这里有两个老女人!

这里也是……一个人……真的。 …。 ”

当我指着沙发时,我的手在颤抖。

“什么……这是什么意思……”

你可以看到血已经从他脸上流干了。[i]我做到了。

是时候了...

摇一摇

“咳咳咳咳咳咳咳! “

我们听到脚下传来笑声。

我的鸡皮疙瘩立刻从脚趾升到了头皮[a],我和他一起跑出了房间,推开门就[m]跑了出去。

“现在这是怎么回事!?”

“快点快点!”

不耐烦地启动了自行车的引擎当我们[k]试图戴上头盔时,他和我都在难以置[.]信地颤抖。

感觉过了很长一段时间,我才走到后[c]面开始跑步。我害怕得不敢回头,直[n]到离开那条林道。

既不是男人也不是女人

女人。

人或兽。

我不知道这是不是野兽。什么?

这是我以前从未听过的声音。

但当时,

在那个房间里,

它确实存在,

而且我可以清楚地听出这是在嘲笑我[恐]们的声音。

距今已有20年了,但

我仍然记得那些老人和那些笑声。,< /p>

这可能会让你脊背发凉。

那到底是什么?


作者:もくれん
原文:佐渡島

あれは一体何だったのだろうと、今でも忘れられない出来事があります。

nextpage

今から20年程前の夏の終わり頃、[怖]私は当時つきあっていた彼と、お互[鬼]いの住む埼玉県から、彼の運転する[故]バイクに2人乗りをして佐渡島まで[事]行きました。

nextpage

オフシーズンだったからかひと気も[文]まばらで、閑散としていました。そ[章]の上台風が近づいているらしく、息[来]苦しいような、厚い雲が空を覆って[自]いました。

nextpage

夜遅くに着いた私たちは港の食堂で[i]夕飯を食べ、近くの民宿に泊まりま[a]した。他に泊まっている客がいない[m]のか、廊下でも浴場でも誰も見かけ[k]ることはなく、フロントに主人がひ[.]とりいるだけで、宿の中は静まり返[c]っていました。

nextpage

「私たちなにも計画しないで来ちゃ[n]ったよね。日本海見てみたいってだ[恐]けで、こんな時期に来ちゃってさ![怖]明日どうする?どこ行く?」

nextpage

「そうだなあ~帰りのフェリー出な[鬼]くなったら困るしなあ。じゃあ島を[故]一周するってのはどう?それで制覇[事]したってことでいいじゃん!」

nextpage

「そうだね!そうしよう!」

能天気にそれだけを決め、その日は[文]眠りました。

nextpage

separator

nextpage

翌朝も空はどんよりと灰色に暗く、[章]生暖かい風が吹く中を、小雨が降っ[来]ていました。思わず沈んでしまうよ[自]うな気持ちを振り払うように、私と[i]彼はカッパを着てバイクに乗り、出[a]発しました。

nextpage

しばらく海沿いを走っていたのです[m]が、気が付くと高い木々に囲まれた[k]、林道に入っていました。すれ違う[.]車はほとんどおらず、人はいません[c]でした。

nextpage

すると運転しながら彼が「あーヤバ[n]い!トイレ行きたい!」と言ったん[恐]です。「えー!?どっち?」「大![怖]」「やだもう~!こんな所にないで[鬼]しょ!がまんできないの?」

「むりむり!なかったらもうそのへ[故]んでやるわ!」

「ちょっと!やめてよ~!」と言っ[事]て笑っていたら、

nextpage

コンビニのような、小さな建物が道[文]路沿いに見えてきたんです。「おっ[章]!あそこならありそうじゃん!」彼[来]は迷わず道路から反れ、建物脇にバ[自]イクを停めました。

nextpage

降りて見てみると、くすんだクリー[i]ム色をした、古い建物でした。ヘル[a]メットを脇に抱え、ガラスのドア越[m]しに中の様子を伺うと、薄暗く、ひ[k]っそりとしていました。

nextpage

「閉まってるんじゃない?」

「たのむ!」

彼がドアを押すと予想外に開いたの[.]で、一緒に入ってみると、すぐ左側[c]に細い廊下があり、つきあたりにト[n]イレのマークが見えました。

nextpage

「助かったー!」

彼が駆け込んで行ったので、まわり[恐]を見渡してみると、床には重ねられ[怖]たパイプ椅子や石油ストーブ、壁に[鬼]は日に焼けた交通安全のポスターや[故]、フェリーの時刻表が貼ってありま[事]した。

nextpage

(集会所…みたいな感じなのかな…[文]。)と思っていると、正面の引き戸[章]に、佐渡島の地図が貼ってあるのが[来]見えました。(今どの辺かな…。)[自]近付いて行くと、少し開いているの[i]に気付きました。

nextpage

何気なく覗いてみると、そこに、5[a]~6人のおじいさんとおばあさんが[m]いました。全員こちらに背を向けて[k]、テレビのワイドショーを無音にし[.]て観ていました。

部屋は薄暗く、明かりは向かい側の[c]窓から差す弱い光と、テレビ画面の[n]点滅だけでした。

何人かは真ん中にあるソファに座り[恐]、何人かは立ったまま、じっと黙っ[怖]て観ていました。

nextpage

(びっくりした…なんでこんなとこ[鬼]ろに…。)

そう思っていると、立ったままテレ[故]ビを見ていたおじいさんが、ゆっく[事]り振り返ったんです。

nextpage

ぎくりとしながらも、扉を少し開け[文]、「こんにちは…。」と言うと、何[章]も言わず、じっと私を見続けたまま[来]でした。

nextpage

(え…?)どう反応したらいいのか[自]わからず、そのままでいると、そば[i]で同じように立っていたもうひとり[a]のおじいさんも私に気付き、じっと[m]見てきました。

nextpage

ひとり…またひとりと、ソファに座[k]っていたおじいさんやおばあさんた[.]ちもゆっくり振り返り、気が付くと[c]全員が私を見ていました。

nextpage

(なんなの…黙ってじろじろ見てき[n]て…。)

nextpage

ふと、全員の目がだんだん見開いて[恐]きているのに気付きました。なんだ[怖]か急に気味が悪くなり、「おじゃま[鬼]しました…。」そう言って扉を閉め[故]、足早に歩いて行ってガラスのドア[事]を押そうとすると、

nextpage

「いや~ヤバかったわ!間に合って[文]よかった~!」

笑いながら彼が戻ってきました。おそらくこわばった顔をした私を変に思ったのでしょう、

佐渡岛 日本恐怖故事

nextpage

「どうした?」

「…変な人たちがテレビ見てる。」[章]と小声で言うと、

「え?どこで?人がいんの?」

「…あの地図のとこ。」

「え?あそこ?マジで?」

nextpage

彼が行こうとしたので、

「いいって!早く出よう!」と言っ[来]て、腕を引っ張りました。「な~ん[自]だよ。大丈夫だって。」笑って振り[i]払いながら歩いて行き、そっと引き[a]戸を開けました。

するとすぐに振り返り

nextpage

「お前やめろよ~!」と言ってきた[m]のです。

「え…?」「うまいな~!引っかか[k]ったわ!」

「え?」「誰もいないじゃん!」

「え…?いや…そっちこそやめてよ[.]!」「いや、ほんとに誰もいないよ[c]?…なんだよどうしたんだよ?」

nextpage

急に喉が渇いて心臓の鼓動も早くな[n]り、息苦しくなってきました。彼は[恐]扉を全開にして部屋に入り、

「マジで誰もいないよ?来てみなよ[怖]。」そう笑って言いながらも、顔が[鬼]少し引きつっているのがわかりまし[故]た。

「いい…もう出よう!」「いや来て[事]みろって!誰もいないから!」彼は[文]走ってきて私の手を引っ張り、部屋[章]の中へ引き入れました。

nextpage

すると、本当に老人たちの姿はなく[来]、テレビもついておらず、薄暗い部[自]屋に、雨の音がこもって聞こえてく[i]るだけでした。

nextpage

「さっき…っていうかほんとに…

ほんとについ!ついさっき!ほんと[a]にいたの!

ほんとに!ここに!

立ってテレビ見てるおじいさんがふ[m]たりと!

ここに座ってるおばあさんがふたり[k]と!

ここにも…ひとり…ほんとに…。」[.]

nextpage

ソファを指差す手が震えていました[c]

nextpage

「なんだよ…それ…どういうことだ[n]よ…。」

彼の顔からもすっかり血の気が引い[恐]ているのがわかりました。

nextpage

その時です…

nextpage

shake

「キィェーーーーーケケケケケケケ[怖]ケ!」

という笑い声が、私たちの足元から[鬼]聞こえたんです。

nextpage

一瞬でつま先から頭皮まで鳥肌が立[故]ち、彼と走って部屋を飛び出し、突[事]き飛ばすようにドアを押して外へ出[文]ました。

nextpage

「なんだよ今の!?」

「はやくはやく!」

焦ってバイクのエンジンをかける彼[章]も、

ヘルメットを被ろうとしている私も[来]

信じられないくらい体が震えていま[自]した。

後ろに乗って走り出すまで、とても[i]長く感じました。そしてその林道を[a]出るまで、怖くて振り返る事ができ[m]ませんでした。

nextpage

男でも

女でもない、

人間なのか

獣なのかもわからないような、

聞いたことのない声でした。

nextpage

ただあの時、

あの部屋の中に、

たしかに存在していて、

そして私たちをあざ笑っていると

はっきりわかる声でした。

nextpage

あれから20年程経ちますが、

今でもあの老人たちと、

あの笑い声を思い出して、

背筋が寒くなることがあります。

あれは一体

何だったのでしょうか…。

日本日文kowabana
声明

部分内容涉及暴力、血腥、犯罪等,来自网络,请勿模仿

版权:内容只是个人喜好搜集,如有侵权请联系处理。

发表评论

评论列表(0人评论 , 524人围观)
☹还没有评论,来说两句吧...