座敷童子居住的房子

iamk 日本恐怖故事 2024-05-01 09:00:01 853 0

“又不是......”

当我早上醒来时,我的枕头移错了地[文]方。

最近,这样的事情每天早上都在发生[章]

昨天,它被移到了学习桌下面。

“我不知道我的睡姿有那么糟糕吗…[来]…”

睡觉时,我把蒲团铺在榻榻米上。

这就是为什么当我睡得不好时我的枕[自]头整晚都在移动并不那么好笑。

但是,事情是有限度的。

枕头真的有可能移动到你睡觉的地方[i]的另一侧,即脚底吗?

我每天晚上到底是怎么睡觉的?

不幸的是,我的父母都工作,很少在[a]家。

因此,我从有记忆起就是由祖母带大[m]的。

果然,我不能叫奶奶上楼来看看我。[k]

我换了衣服,下了一楼。

奶奶早餐的香味与早晨清澈的空气混[.]合在一起,让我感觉很舒服。

“早上好,赶紧吃晚饭吧。”

我的早餐已经摆在桌子上了。

我一边喝着刚准备的早餐,一边谈论[c]今天早上发生的事情。

“啊,那肯定是座敷童子大人干的。[n]

“诶!?座敷童子!?”

我最终大喊起来。

“啊,对了。在我祖母的乡下,据说[恐]移动枕头是‘座敷童子’的作品。”[怖]

我祖母做味噌汤。说吧走开时。

“那是谎言。现在已经没有座敷童子[鬼]了。”

“哦,你不相信我吗?”

“因为.. ”

“但这是真的。当我的祖母小的时候[故],她经常出现在我们避难的房子里。[事]她是一个可爱的小孩子,穿着非常漂[文]亮的红色或靛蓝色的和服。”

“ p>

奶奶怀念地眯着眼睛说道。

“奶奶,你见过吗!?”

“当然,我们还一起玩过。”

我简直不敢相信...... ..

我从没想过我的祖母会玩座敷童子。[章]

“就是这样。啊,是时候让你知道这[来]个家的秘密了。”

奶奶说完,慢慢地从厨房的柜子里拿[自]出一篮子糖果。

“来吧,跟我来。”

不知道为什么,我跟着奶奶。

祖母抬头看着天花板,爬上楼梯,走[i]向二楼的房间。

“有时你会听到从天花板传来脚步声[a],对吧?那都是座敷童子的脚步声。[m]

我很困惑。

我觉得这声音太大了,不像是老鼠的[k]脚步声。

但谁能想到那是座敷童子的脚步声呢[.]

首先,我们为什么要有座敷童子?

当我问祖母时,她想了一会儿,然后[c]开始说话,说:“这会有点长,但是[n]......”。

``正如我之前所说,很久以前我祖母撤离的房子里住着很多座敷童子。所以房子才如此繁荣,即使在那个时代也没有必要但是战争失败后,前任主人去世了,他的孙子接管了房子,但这孙子是一个脾气很坏的人......他说他要把所有的旧房子都拆了,然后盖房子一家工厂。最后,他们把我们都赶了出去。我们都不知所措。但幸运的是,奶奶被管家的妻子接走了,当天她就离开了家。我决定离开。''< /p>

奶奶语速很慢,仿佛在重温那段时光。

“然后,那天晚上,一个我不认识的小男孩走进我的房间,说:“请也带我一起去吧。”然后我问管家,她说: “确实如此。”我确定他们都是座敷童子,所以我们一次性把他们都带走。”于是,祖母们决定晚上带着座敷童子他们去管家家。 ”

祖母轻声说话,面朝天花板问道:“是吗?”

然后,也许出乎意料的是,我听到天[恐]花板后面传来孩子们的笑声。

我很震惊,抱住了奶奶,奶奶说:“[怖]没关系”,并拍拍我的头。

“座敷童子们一点也不坏。好吧,他[鬼]们有时确实会耍花招,但这并不困扰[故]他们。这是你进入的最好证明。另外[事],────”

我怀着一种难以形容的心情抬头看着[文]天花板,突然天花板上的污渍开始像[章]孩子们的笑脸。

“这房子是管家住的房子。”

“诶!?是这样吗!?”

“奶奶你知道吗,我结婚了管家的大[来]孩子,长子。那是你的祖父。”那么[自],你是说,他们都是祖母带来的座敷[i]童子大人吗?”

“是的,但是人数从那时起,肯定增[a]加了......奶奶还照顾了很多[m]无处可去的座敷童子。我的意思是,[k]如果他们没有家,那不是很伤心吗?[.]” ”他手里拿着东西,走上了衣柜的第[c]二级台阶。

当我不明白为什么地看着祖母时,她[n]向我招手说:“嘿,看着我。”

“这里有一块镶板吧?这通向天花板[恐],也与座敷童子生活的世界相连。”[怖]

奶奶说着,缓缓走开了。 ……他拆掉了上面贴有护身符的镶板[鬼]

然后,从比黑暗更深的黑暗中,沿着[故]和服的袖口伸出了数条雪白的手臂,[事]伴随着笑声。

“这里,这里,别打了,还有很多。[文]

老奶奶用一双熟悉的手,把糖果递到[章]了伸出的双臂上,一群人她的上方出[来]现了一群快乐的女孩,我能听到多层[自]的笑声。

“喂,你真的在​​那儿吗?”

────从那时起,我就开始负责座敷童子大人他们的零食了。


作者:トワイライトタウン
原文:座敷童子の棲む家

「まただ…」

朝、目覚めると枕があらぬ所へと移[i]動している。

最近、このようなことが毎朝続いて[a]いる。

昨日なんて勉強机の下に移動してい[m]た。

「そんなに寝相悪いのかな…」

私は寝る時、畳の上に布団を敷いて[k]寝ている。

そのため、寝相が悪い私の枕が夜な[.]夜などこかに移動していてもさほど[c]可笑しくはない。

しかし、ものには限度がある。

自分が寝ている反対側、つまり足下[n]にまで枕が移動するなんて、本当に[恐]有り得るだろうか?

一体、自分は毎晩どんなふうに眠っ[怖]ているのだろか。

生憎、私の両親は共働きで、殆ど自[鬼]宅にいることはない。

そのため、私は物心ついた時からず[故]っと祖母に育てられていた。

流石に祖母に二階まで様子を見に来[事]てもらうわけにもいかない。

私は着替えると一階へ降りて行く。[文]

祖母が作ってくれた朝食の匂いが朝[章]の透き通った空気と混ざり合い、と[来]ても心地良い気分にさせてくれる。[自]

「おはよう。早く、ごはん食べちゃ[i]いなさい」

食卓にはすでに私の分の朝食が並べ[a]られている。

私はできたての朝食を口に運びなが[m]ら、今朝の出来事を話した。

「ああ、それはきっと『座敷童子様[k]』の仕業だよ」

「えぇ!?ざしきわらし!?」

私はつい大声を出してしまった。

「ああ、そうだよ。おばあちゃんの[.]田舎では、昔から枕の移動は『座敷[c]童子様』の仕業だって言われている[n]のよ」

祖母は味噌汁をよそいながら口にす[恐]る。

「嘘だぁ〜、今どき、座敷童子なん[怖]ているわけないよ」

「あら、信じてないの?」

「だって…」

「でも、本当よ。だって、おばあち[鬼]ゃんが昔小さい頃、疎開先のお家に[故]よく現れたもの。紅や藍色のとても[事]綺麗な着物を着た可愛いらしい童子[文]様だったわ」

祖母は懐かしそうに目を細めながら[章]言った。

「おばあちゃん、見たことあるの![来]?」

「もちろんよ。一緒に遊んだことだ[自]ってあるのよ」

信じられない…。

まさか、祖母が座敷童子と遊んだこ[i]とがあるだなんて…。

「それじゃあ、そろそろあなたにも[a]、この家の秘密を教えてあげましょ[m]うね」

祖母はそう言うと、おもむろにキッ[k]チンの戸棚から駄菓子の入った籠を[.]取り出した。

「さぁ、ついておいで」

わけもわからず私は祖母の後につい[c]て行く。

そして階段を上がり、二階にある自[n]室へ向かうと祖母は天井を見上げた[恐]

「時々、天井から足音が聞こえたり[怖]するでしょ?あれはみんな座敷童子[鬼]様の足音なんだよ」

私は当惑した。

確かにネズミの足音にしては少し大[故]き過ぎると思っていた。

しかし、まさかそれが座敷童子の足[事]音だなんて一体誰が思うだろうか。[文]

そもそも、どうしてうちに座敷童子[章]様がいるのだろうか?

私は訊ねると、祖母はしばらく考え[来]込んでから、少し長くなるけど…と[自]前置きして話し始めた。

「さっきも言ったけど、おばあちゃ[i]んが昔疎開していたお家にはたくさ[a]んの座敷童子様が棲んでいたの。だ[m]からお家は凄く栄えてたし、あの時[k]代でも食べるに困らなかったの。で[.]も敗戦後、先代の主人が亡くなって[c]、そのお孫さんがお家を継いだんだ[n]けど、このお孫さんがとても性格が[恐]悪い人でねぇ…。古いお家も全部壊[怖]して工場を作るだなんて言い出して[鬼]、しまいには私たち全員を追い出し[故]たのよ。みんな途方に暮れてたわよ[事]。でもね、おばあちゃんは運良く、[文]そのお家で家政婦をしてた奥様に拾[章]われて、その日のうちに家を出るこ[来]とになったの」

祖母は当時の記憶を呼び覚ますかの[自]ように、ゆっくりと語っている。

「そしたらその晩、部屋に知らない[i]童子様が入って来て『オラたちも一[a]緒に連れてってくれ』って言ったの[m]。それで家政婦さんに訊いたら『そ[k]れはきっと、座敷童子様だから、ま[.]とめて全員連れて行く』って。それ[c]でおばあちゃんたちは夜のうちに座[n]敷童子様たちを連れて家政婦さんの[恐]お家に行くことになったのよ」

祖母はしみじみ口にすると「ね?」[怖]と、天井に向かって訊ねる。

すると、あろう事か天井裏からケラ[鬼]ケラと子どもたちの笑い声が聞こえ[故]てきた。

私はぎょっとして、祖母に抱きつく[事]と祖母は「大丈夫よ」と言って、私[文]の頭を撫でた。

「座敷童子様たちは決して悪いもの[章]ではないから。まぁ、たまに悪戯は[来]するけど、それは座敷童子様たちに[自]気に入られたなによりの証拠よ。そ[i]れに────」

私はなんとも言えぬ気持ちで天井を[a]見上げると、心なしか天井の染みが[m]子どもたちの微笑む顔に見えてきた[k]

「このお家はその家政婦さんの住ん[.]でたお家なのよ」

「えぇ!?そうなの!?」

「おばあちゃんはね、その家政婦さ[c]んの一番上の子ども、つまり長男と[n]結婚したのよ。それがあなたのお祖[恐]父ちゃん」

「じ、じゃあ、今うちにいるこの座[怖]敷童子様たちは、みんなそのおばあ[鬼]ちゃんが連れてきた座敷童子様たち[故]だってこと?」

「そうよ。ただあの時より確実に人[事]数は増えてるけど───と、言うの[文]もね、おばあちゃんもおじいちゃん[章]も、他に行き場所の無い座敷童子様[来]たちをたくさん保護したの。だって[自]、お家が無かったら可哀想でしょう[i]?」

祖母はそう言うと、駄菓子の入った[a]籠を手に「よっこいせ」と、押入れ[m]の二段目へと上がった。

私はわけがわからないまま、そんな[k]祖母のことを眺めていると「ほら、[.]見てごらん」と、祖母は私を手招き[c]する。

「ここに羽目板があるでしょ?これ[n]が天井裏に続いていて、座敷童子様[恐]の棲む世界とも繋がっているのよ」[怖]

祖母はそう言うと、ゆっくりと御札[鬼]の貼られた羽目板を外した。

すると、闇よりも深い闇の中からけらけらと笑い声と共に何本もの白い腕がニュっと着物の袖口と共に伸びてきた。

座敷童子居住的房子 日本恐怖故事

「ほらほら、喧嘩しない。まだたく[故]さんありますから」

祖母は馴れた手つきで差し出された[事]腕に駄菓子を配ると、頭上から嬉し[文]そうな少女たちの笑い声が幾重にも[章]重なって聞こえてくるのでした。

「ね、本当にいたでしょ?」

────以来、私が座敷童子様たちのおやつ係です。

日本日文kowabana
声明

部分内容涉及暴力、血腥、犯罪等,来自网络,请勿模仿

版权:内容只是个人喜好搜集,如有侵权请联系处理。

发表评论

评论列表(0人评论 , 853人围观)
☹还没有评论,来说两句吧...