“感觉”

iamk 日本恐怖故事 2023-09-17 08:30:01 285 0

她似乎也有点“感觉”。

‖她一个人住的公寓里有“东西”。[文]

‖我能感觉到“迹象”,但我看不见[章]他……

‖再过一段时间,我的朋友K将和他的男朋友过圣诞节

S 好像是租了一个房间(当然是住一晚!)

‖ 心神不宁的K,不知不觉就陷入了沉[来]睡。

第二天,当我正要迎接幸福的日出时[自],男朋友已经醒了

“早上好,你来早了,不是吗?”K[i] 说。

“我睡不着,”他说。

“怎么……”

“厨房里有响声……”

他说,

我很早就开始听到K的呼吸声,所以[a]我想我自己去睡觉,但不知为什么我[m]不能。

你一定很累吧?

过了一会儿,你听到厨房里传来什么[k]声音。

我以为是通电的声音,一开始没在意[.]

‖如果仔细听,就能听到有什么东西[c]在动的声音。

听起来像塑料袋沙沙作响

没错。

当我在脑海中做出那个决定时,我害怕得无法入睡。

作为男人的骄傲,我无法叫醒K。

‖在那里他根本睡不着。

‖当K和S说起这件事的时候

,他说:“嗯,嗯,总是一样的。”[n]

‖比较被迫租房子的K再也抱怨不下[恐]去了

沉默了。

后来我们正在听这一系列故事的时候[怖],S突然说

“我觉得大概是个四足动物”

‖也就是说,好像是“野兽”,但是表达方式很奇怪

< p> 我记得当时很害怕。

‖S晚上睡觉的时候,身上经常沾到[鬼]东西

(他不是男人!!)

什么?你想想,你可以感觉到蒲团上面的“东西”,即使那里应该有蒲团。

没错,就是“爪子”。

‖我不知道那到底是什么......


作者:怖話
原文:「感」

彼女も、少し「感」が鋭いようです。

“感觉” 日本恐怖故事

 一人暮らしをしている彼女のアパー[故]トは、「何か」が

居たそうです。

 「気配」は感じるが姿は見えず・・[事]

 しばらくして友人のKが、彼氏とク[文]リスマスを過ごすのに

Sの部屋を借りたそうです(もちろ[章]ん1泊・・・です!)

 浮き足立っているKは、いつの間に[来]か深い眠りへ。

次の日、幸せな朝日を迎えようとし[自]たら彼氏がもう起きて

います。

「おはよう、早いのね」Kが言うと[i]

「眠れなかったんだ」と彼。

「?どうして・・・」

「キッチンで、物音がして・・・」[a]

 彼曰く、

 早々とKの寝息が聞こえ始めたので[m]、さて自分も寝ようと

思ったら、何故か眠れない。

そこそこ疲れたはずなのに?

 しばらくすると、キッチンから何か[k]音が聞こえる。

電力の音かと思い、最初は気にしな[.]かったモノのどうやら

違うらしい。

 よくよく聞いてみると、何かモノを[c]動かす音。

例えるならビニール袋をガサガサす[n]るような音、に聞こえた

そうです。

 そう自分の中で判断すると、もう怖[恐]くて眠れない。Kを

起こすには男のプライドもあり出来[怖]ない。

 そこで一睡もできなかったそうです[鬼]

 その話をKがSにすると

「ふぅん、まぁいつものことよ」と[故]軽くかわされたそうです。

 比較的無理に部屋を借りたkは、そ[事]れ以上文句も言えなく

黙ってしまいました。

 この一連の話を後日私たちが聞いて[文]いると、Sがふと

言いました。

「たぶん、四つ足のモノだと思う」[章]

 つまり「獣」のことらしいのですが[来]、その表現方法が

妙に怖かったのを覚えています。

 Sが夜寝ていると、よく身体の上に[自]何かが乗るそうなんです

(男じゃないですよ!!)

何だろうと思うと、布団があるはず[i]なのにその上にいる

「モノ」の感触が分かるそうです。[a]

 そう「ツメ」です。

 結局それがなんだったかは、分から[m]ずじまいですが・・・

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

日本日文kowabana
声明

部分内容涉及暴力、血腥、犯罪等,来自网络,请勿模仿

版权:内容只是个人喜好搜集,如有侵权请联系处理。

发表评论

评论列表(0人评论 , 285人围观)
☹还没有评论,来说两句吧...