“阁楼”

iamk 日本恐怖故事 2023-09-19 08:30:01 338 0

wallpaper:1

‖冬天的东京比想象中的还要冷,我[文]的身体一点一点的颤抖着。就在东京[章]。背着大件行李,踏出难忘的第一步[来]。话虽如此,我却完全被寒风吹得浑[自]身发凉,浑身冰凉,并非如此。

‖目的地是高田马场。

∀这是离工作地点最近的车站。我在[i]附近找到的公寓里租了一个房间。我[a]现在正要去那里,但我还没弄清楚该[m]坐哪趟火车,所以我很忙。我对离开[k]洗礼这样的事件感到吃惊。

nextpage

〉虽然很着急,但我还是用手机在网[.]上确认了应该乘坐的电车,按照显示[c]的指引,终于成功前往了高田马场.[n]

声音:38

壁纸:166

‖他松了口气,车内响起“Fate[恐]”的铃声。我收到一封来自我约会对[怖]象 Miki 的电子邮件。感受着周围乘客敏锐的[鬼]目光,我打开了手机。

“你到东京了吗?‍‍完成后请联系[故]我。”

‍你终于到东京了吗?看完文字,我[事]把手机放在裤袋里。

‖我和Miki是在大学认识的,通过社团认识了很多次,最后开始交往。她比我大一岁,所以我先去了东京。我很高兴终于能够毫无困难地见面。

糟糕,我必须切换到静音模式。再次取出手机,长按“*”。确认震动后,我抱歉地看了身边的乘客一眼,说了句“这样就好了”,然后又把手机收了起来。 ‖

wallpaper:236

‖终于到了高田马场。我记得以前来[文]的时候从那里到我家的路线,所以我[章]毫不费力地到达了目的地。

‖房间是1K地板的单位浴室阁楼。这不是一个很大的平面图,但由于有一堆纸板箱,它感觉更小了。撤离到阁楼以避开他们。

‖我什么都没画,虽然画的很粗糙,但我躺下很快就睡着了,大概是累了吧。

wallpaper:580

‖仿佛在梦中。站在一个漆黑如洞窟[来]般的地方。

──有神秘的东西从背后逼近。不知[自]不觉中,我拼命地奔跑着。我没有勇[i]气回头。原因是,感受到了一股巨大[a]的杀意。和无法估量的仇恨。分明是[m]想杀了我。

nextpage

因为是在梦里,本以为可以熬过去,[k]但由于画面过于清晰,吓了一身冷汗[.]全速运行。我在梦中逃跑了。我什至[c]不知道我有没有目标...

nextpage

‖不知道是不是每个人都一样,但是[n]如果你在梦中奔跑,你就无法像你想[恐]的那样跑多远.现在是时候了,我们[怖]迟早会抓住追赶我们的东西。

哎呀。 ――他用力抓住了我的肩膀。他惨叫[鬼]一声,条件反射地转身。

wallpaper:1

「哇」

〉他用力抬起上半身。仿佛从梦中惊[故]醒。 ‖

‖额头冒汗,湿漉漉的,好像刚洗过[事]一样。而被抓住的肩膀感觉很痛。在[文]东京的第一天。这不是一个全新的开[章]始,我想。他在追谁?

nextpage

‍‍‍*‍

nextpage

‍‍‍‍‍‍‍‍‍‍‍‍‍‍‍‍[来]‍‍‍‍‍‍‍‍‍‍‍‍‍‍‍‍[自]‍‍于是,我每天都继续做着那个“[i]被追逐的梦”。虽然我已经很忙了,[a]但在我睡觉的时候打扰我是很烦人和[m]无法忍受的。因此,由于睡眠不足,[k]我继续在一家公司工作。

‖然而,更严重的是当他搬到东京时[.]。那是一周之后。

“哇”

‖被人追的梦。在您平时的时间起床[c]。唉,怎么才能摆脱这个诅咒呢,我[n]垂头丧气。但是,我注意到与往常有[恐]些不同的地方。

我瘫痪了。全身不动。不过,他的眼[怖]珠却像是能够自如的移动,瞳孔圆睁[鬼]的看着四周。因为我用的是微型灯泡[故],所以我能抓住东西,尽管很模糊。[事]

∀当你看脚尖的时候,右脚稍前方有一个从阁楼向下的梯子。我当然能看到,但是我在梯子旁边看到了一个不应该存在的东西。

『想着,我胆怯地眯起了眼睛。当我意识到那是什么时,我整个人都僵住了。胸部受到了如同被刀子挖出一般的冲击。

壁纸:654

头像。眼睛。 ――凌乱的长发。她的刘海遮住了脸,两只眼睛从缝隙间瞪着我。这是一个幽灵,我敢肯定。

无语。当我感到如此惊讶和恐惧时,我什么也说不出来。我拼命地在心里不停地念着“对不起”。 ‖

wallpaper:1

‖这种状态持续了一段时间后,那个[文]似乎是女人的灵体慢慢的消失在了阁[章]楼下,终于消失在了我的视线之外。[来]那一刻,我的睡眠麻痹解除了,我坐[自]了起来,屏住了呼吸。仍然害怕得发[i]抖。除了寒冷,我还是第一次如此颤[a]抖。 ‖

‖他终于缓了口气,最后轻轻叹了口气。

〉这是我人生中第一次通灵,但太震撼了,毫无疑问会很伤人。我想知道这个房间是否有故事。想到以后还会发生同样的事情,真是令人失望。我绝对讨厌下一个。请原谅我。我用双手捂住脸,反复向无形的东西祈求。

『你的愿望是无限的,所以让我们睡在这里吧。明天早上还早。花时间担心鬼魂是一种浪费。

这么想着,我慢慢地钻进被褥里,闭上了眼睛。然而,不可能在通灵体验后立即入睡。欺骗性的辗转反侧。然后他不经意地睁开了眼睛。 ‖

wallpaper:654

‖一张女人的脸。距离只有几厘米,近得几乎可以触摸到。他用锐利的眼睛盯着我。映照在整个视野中的仇恨,或者说是悲惨的表情,似乎在微张着嘴对我说话。

看完之前尖叫。 - 我昏了过去。

wallpaper:1

第二天。

‖我和往常一样被手机的闹钟声吵醒[m],穿好衣服就去上班了。我装作若无[k]其事,脑子里却在一遍又一遍地循环[.]着昨晚拍到的恐怖画面。或许正因为[c]如此,他的脚步才变得更快,还有了[n]不耐烦的地方。 ‖

nextpage

‖ 到了办公室,一切都恢复正常了,但[恐]我还是忍不住想跟人说说昨天的事。[怖]正是午休时间终于清除了贪婪。对方[鬼]是同事木村。

nextpage

“是啊,我昨天生平第一次见到鬼。[故]”我塞着便利店买的炸鸡嘴说。

nextpage

“说真的。告诉我更多相关信息。”[事]

“醒来的时候,我被绑起来了,再看[文]脚下,一张女人的脸正盯着我看。是[章]不是很可怕!”

“这就是为什么你这么害怕,想知道[来]你今天是否要回家。”

“你不应该采取一些措施吗?”

“对策?”

“不知道,不过符咒盐堆之类的东西[自]。总比没有好。”

“当然”

nextpage

想想是不是。然后我接到了 Miki 的电话。和木村说了一句话后,我从[i]座位上站起来接了电话。

怎么了?

“是啊,你现在还好吗?”

“我很好。”

“其实,我想我已经最近被跟踪了。”

“嗯?跟踪狂?

“是啊,我今天想说那个,那我们下[a]班后再见吧。”

“嗯,好吧,我会回来的

“是啊,很高兴认识你”

‖挂断电话的时候,我的心跳得更快[m]了。回到你的座位上。

“怎么了?”木村说。

“没,没事。”我尴尬的笑着回答。[k]

‖通灵体验,三木被跟踪。我想知道会发生什么……

我吃了最后一口米饭和炸鸡,但我觉得味道变淡了。

〉〈〉〈*〉

wallpaper:28

〉我和三木是在高田马场站附近的一[.]家居酒屋认识的。我暂时没有进入正[c]题,但当我喝完一杯生啤酒时,美纪[n]开了口。

“我心疼你,不过我长途跋涉只参加[恐]过一次联谊会。”

“咦?联谊会?”今天第二次。我要吐出我的啤酒了。

“是的。我在那里认识了一个人,我们平时是好朋友,但最后他表白了。”

〉我默默点头。

“我当然拒绝了。‘我在和某人约会[怖]。’

“我明白了……”

“我屏蔽了来电并更改了我的电子邮[鬼]件地址,但我仍然不知道我从哪里知[故]道的,但我又接到了一个电话。我已[事]经很害怕了……我该怎么办?”

“总之,你提高警惕,锁好门,小心[文]回家是理所当然的,不过我会尽力去[章]接你的。”哟视情况而定,也可以留[来]宿一晚。”

〉这话说得那么流畅,连我都听不懂[自],但我只是在抛出我所知道的智慧。[i]

谢谢。

“我知道了,有什么事我会第一时间联系你。”

“是啊”

“你不生气吗?”p>

“什么?”

“你默默去参加联谊会了”

< p>“我当然不喜欢,但现在不是时候。”

三木摇头。

“那就够了”

“谢谢”

〉美木露出灿烂的笑容。

nextpage

‖然而,昨天的通灵经历占据了我的心思,本打算把这件事告诉三木,商量对策。但我不能说,因为现在的气氛。让我们下次再做一次。我把烦恼深深地记在脑子里。

‖我问Miki是否愿意在回家的路上送我,但她说从明天一早开始就忙于工作,会留在公司,所以她拒绝了。我在车站送三木下车。

wallpaper:57

现在,问题来了。一直压在身后的记[a]忆突然出现,重新支配了心。到头来[m],看样子是不采取任何防鬼措施就去[k]睡觉了。

∀回到家后,我小心翼翼地走进房间[.],确认没有人。

‖我的房间和往常一样。我困得想马[c]上去睡觉,但我不能。当然,它也可[n]能像昨天一样发生。我绝对讨厌那个[恐]

nextpage

‹ 我忍着困意到极点,但在半夜1点的[怖]时候,我差点放弃,上了阁楼。

nextpage

‖但不止于此,恐惧感更甚,脑中又[鬼]闪过那个女人的身影。那一刻,我改[故]变了主意,想:“还是睡车站前的胶[事]囊旅馆吧。”然后我有了另一个想法[文]

下一个age

〉让我们用连接到计算机的相机记录[章]房间。

nextpage

想早点睡,赶紧把电脑调成录音,抓[来]起明天上班的衣服和内衣,就匆匆赶[自]往胶囊旅馆。

wallpaper:1

第二天。我又像往常一样去上班了,[i]兴高采烈的说了声“早上好”,然后[a]在办公桌前坐下。然后木村以惊人的[m]气势向我跑来。

“怎么了,怎么了?”

“看,就是这个!”

〉木村似乎很兴奋,一边喘着粗气,[k]一边向我递过来什么东西。 ――是护身符。

nextpage

“这有什么问题?”我去了那里,他[.]们让我把这个放在入口内侧。”

∀当我胆战心惊地接过,发现上面全[c]是看不懂的字母,大概是这样的。

“啊,谢谢”

说实话,没想到木村会这么亲切这么[n]迅速的回应,所以才回应的。遇到麻[恐]烦了。

“这个应该可以吧,熟人说很厉害,[怖]绝对没问题。”

〉木村一脸得意的样子,正低头看着[鬼]我但是,我只能看到神佛。

‖为了表示感谢,我请了木村去居酒[故]屋,并请了他。不,我捐款了。

‖没有什么可怕的。感觉有些醉意,[事]我回到家,立即将护身符贴在前门上[文]。好吧,没关系。当我以为我可以安[章]心睡觉时进入房间,我发现电脑还在[来]运行。

啊,我完全忘记了我在录音。我惊慌[自]失措,关掉了录音。我有点惊讶还有[i]时间可以拍摄。 ‖

‖好吧,看让我们来看看想想就让我[a]紧张。我有点害怕,但还是决定看视[m]频。随着我心率的加快,我慢慢地点[k]击了播放键。

‖我看起来很困。当您携带行李并将[.]其从框架中取出时,灯光会熄灭,屏[c]幕会稍微变暗。由于忘记关闭间接照[n]明,避免了漆黑一片。我没有考虑过[恐]

‖同样的视频持续了一会儿。右边是[怖]储物空间,上面是阁楼,左边是沙发[鬼]。三十分钟过去了。我正专注地盯着[故]它看,所以我很快就感觉到了。不过[事]后来就麻烦了,于是我把速度加倍,[文]加快了时间。

六十分钟过去了。我离开家的时候大[章]约是1:00,所以在这个阶段肯定[来]是2:00。不知何故,我在那里停[自]止了双速并恢复正常。还盯着屏幕看[i]了一会儿。

nextpage

〉似乎那里什么都没有,看视频感觉[a]好累好累。好吧,我们去睡觉吧那时[m]候我想关掉我的电脑。

――祖祖祖祖祖祖祖。

‖视频中传来了像是有什么东西在爬[k]行的声音。

呵呵。我盯着。

‖震惊,颤抖,害怕。

‖女人的灵魂在地板上从左到右爬行[.]。我正要尖叫,但我把它憋在喉咙里[c]

而当他站起来的时候,他似乎是在看[n]着阁楼,仿佛挂在右边阁楼上方的扶[恐]手上。找我...我感觉自己的血液[怖]一下子流干了,感觉油腻的汗水从身[鬼]体的各个角落涌了出来。

‖确定无人之后,他才缓缓环顾四周[故]。过了一会儿,他似乎注意到了电脑[事]的存在。然后,noshi, noshi, noshi, noshi,然后那个人靠近屏幕。[文]

“呃,哇哦”

∀恐惧的极限已经超过了。虽然是视[章]频,但我提高了声音,向后倒下。

wallpaper:654

――满屏都是他的脸。长长的刘海,[来]大大的眼睛和嘴巴从它们之间清晰可[自]见。然后,过了一会儿,他张大了嘴[i]巴。

‖我没有说出口,但嘴巴的动作马上[a]就知道了。

wallpaper:19

‖回过神来,又到了胶囊旅馆。幸运[m]的是,我的钱包还在我的后兜里,所[k]以我不用回头。我明天休息。那是唯[.]一得救的地方。

nextpage

‍‍‍‍*

wallpaper:1

‍假期。在胶囊旅馆休息后,我就回[c]家了。时间还很早,所以我的恐惧已[n]经大大消退了。

nextpage

‹ 我进了房间,先关掉一直开着的电脑[恐],换了衣服,拿了手机和充电器,又[怖]出去了。我还没有决定去哪里,只是[鬼]想逃避现实。

‖手机没电了,就去麦当劳充电。我点了一杯咖啡和一个鱼肉汉堡,收到东西后就坐了下来。

充电后,这是目的,我喝咖啡。

“阁楼” 日本恐怖故事

――手机响了。是美木打来的。

“怎么了?”

“嗯,你在做什么?”我很着急。

“怎么了?”

‖他终于可以和三木谈谈导致今天的[故]不幸。

三木很同情,说:“那一定又辛苦了[事]。”

“嗯,我想我以后会没事的,因为我[文]把护身符放在上面了。”如果是这样[章],请随时来我家住宿。 ”

“谢谢”我不好意思的回答。

话说,潜行者是个什么样的人?

“好吧,直到昨天,我照例收到了很[来]多邮件和电话,但从今天开始就没有[自]任何消息了。”

“我终于放弃了。” < /p>

“那好吧,不过我的斗气太重了,有些可疑。”

“嗯,当然。”

“好的,谢谢”

挂断电话。

nextpage

∀既然是期待已久的假期,我决定到高田马场走一走。

〉去了杂货店、唱片店、服装店等各种店铺,对物质的欲望被勾起,但行李很麻烦,所以只看了一眼就停下了。

∀当我环顾车站周边时,我发现一些[i]大概是大学生的人已经结成了帮派,[a]像白痴一样笑着。见状,我在心里嘀[m]咕,是时候了。当你走过这群人时,[k]你会发现他们正在很开心地在布告栏[.]海报上涂鸦。随便往里一看,那张脸[c]好像是通缉犯。

nextpage

一个带着眼镜的阴沉男人的脸,上面[n]写着“涉嫌谋杀三名妇女”。它的眉[恐]毛用永久性记号笔加得又粗又黑,鼻[怖]毛长得像藤蔓,嘴唇厚得像鳕鱼子。[鬼]不自觉地,我笑了笑。我以为年轻不[故]是坏事。 ‖

wallpaper:57

‖回到家,我打开买的罐装啤酒,边[事]吃边喝清酒。他相信如果他喝醉了然[文]后睡着了,恐惧就会减轻。他一边看[章]电视,一边把空啤酒罐一个接一个地[来]堆起来。

-来自 Miki 的电子邮件。

它说,“我刚刚收到一封来自跟踪狂[自]的邮件,我正在转发。”

〉另外一个很快就送到了。

“因为你不好。我不坏。所以我不知[i]道。”我想,“多么扭曲的说话方式[a],”然后我变得更强壮了,也许是因[m]为我喝醉了。后面跟着几行空格,

"这是什么意思?我害怕什么。”

nextpage

回复一张你从未想过自己会去的便条。

』 回复很快就来了。

“嗯,谢谢。不过我很害怕,所以我打算留在公司,一直都有保安。”

“好吧好吧,有什么事再联系我,下次我们报警吧。”

“是的,我明白了。谢谢。”

‖至此,与三木的邮件往来就结束了[k]。自从喝醉后,就觉得打句子的工作[.]很痛苦。

nextpage

∀然后继续喝酒,精神不集中,狼狈[c]的上了阁楼。而我睡得像死了一样。[n]

wallpaper:580

‖在一个黑暗的洞穴里。

咦,为什么?你不应该做这个梦。

难道是符咒失效了?

nextpage

‖果然,身后跟着一个神秘的,充满[恐]仇恨和嗜血的东西。我别无选择,只[怖]能逃跑。

nextpage

我不能像我想的那样跑。不出所料。[鬼]于是,在这之后,我被人抓住了肩膀[故],醒了过来。

nextpage

于是,我正想着要是不睡麻痹了,这[事]符咒就有效了,有人一把抓住了我的[文]肩膀。我像往常一样转身。

但我并没有在那里醒来。而我看到的[章],是那个精灵……不是,而是一个陌[来]生的男人。

nextpage

wallpaper:588

‖戴眼镜的男子,面色阴沉。他已经[自]举起的右手拿着一把刀。然后,被用[i]力甩了出去。

“哇”

‖于是,我醒了。

wallpaper:116

但在我面前的是我梦中的那个人,带[a]着诡异的笑容。

nextpage

‖我误解了那个女人的灵魂在说什么。

基罗,基罗。

――不是NIGERO,ni・ge[m]・ro。

‖三木是跟踪狂的受害者。

〉公告牌上的杀人案通缉犯和出现在[k]我面前的女鬼。

――一切都匹配。

〉等我意识到的时候,已经晚了。

nextpage

‹ 没写成笑话的眼镜男右手拿着刀朝我的脖子挥去。


作者:細井ゲゲ
原文:『LOFT』

 

wallpaper:1

 冬の東京は思ったよりも寒く、僕は小刻みに身体を震わせていた。上京真っ只中。大荷物を抱え、記念すべき第一歩を踏みしめる。とは言うものの、身も心も凍えさせる冷たい風に完全に参っていたので、それどころではなかった。

nextpage

 目的地は高田馬場。

nextpage

 就職先である職場から近い最寄り駅である。そこの近場で見つけたアパートの一部屋を借りたのだ。今からそこに向うのだが、どの電車に乗ればいいのかいまいち把握出来ておらず、あくせくしている。いきなりアウェーの洗礼のような出来事に面食らう。

nextpage

 焦りながらも、携帯電話のWEBで乗るべき列車を確認して、表示された案内の通りに従い、何とか高田馬場に向うことに成功した。 

sound:38 

wallpaper:166

 ふうー、と安堵の溜息を漏らすと、[.]着メロの「運命」が車内に響いた。[c]僕が交際している美樹からメールが[n]届く。周りの乗客からの鋭い視線を[恐]ひしひしと感じながら、携帯電話を[怖]開いた。

「東京着いた? ひと段落したら、連絡してね」

nextpage

 とうとう、東京に来てしまったのか。僕は本文を読み終わると、携帯電話をズボンのポケットにしまった。

nextpage

 美樹とは大学で知合い、サークルを[鬼]通じて、何度も会うようになり、そ[故]の末付き合うに至ったのだ。歳は彼[事]女の方が一つ上なので先に上京して[文]、一年の遠距離を経て、ようやく僕[章]が上京するときが訪れたのだ。やっ[来]と、会うことに一苦労せず済むこと[自]が嬉しく思う。

 おっと、マナーモードにしなくては。再び、携帯電話を取り出すと、「※」を長押しする。ぶるっと振動したのを確認して、周りの乗客を「これで大丈夫です」と申し訳なさそうな表情で一瞥してから再び携帯電話をしまった。 

wallpaper:236

 やっとの思いで高田馬場に到着。そ[i]こからの家までの道のりは以前来た[a]ときに覚えたので、難なく、ゴール[m]へ辿り着いた。

 部屋は1Kのフローリングのユニッ[k]トバスのロフトであり、そこまで広[.]くない間取りなのだが、ダンボール[c]の山のお陰でもっと狭く感じた。そ[n]れらを避けるようにロフトの上へと[恐]避難する。

 何も引いていないので、ごつごつしていたのにも関わらず、僕は横になり、疲れが溜まっていたせいか程なく眠りについてしまった。 

wallpaper:580

 どうやら夢の中のようだ。仄暗い洞窟のようなところに立っている。

nextpage

 ――背後から得体の知れない何かが近づいて来ている。気がつけば僕は必死に走り出していた。後ろを振り返る勇気などない。何故なら、莫大な殺気を感じるからだ。そして計りしれない憎悪。明らかに僕を殺そうとしている。

nextpage

 夢の中であるから、開き直れるかと思いきや、鮮明過ぎる映像のせいで、全身に冷や汗を掻きながら、全力疾走で駆け抜ける。無我夢中に逃走した。ゴールがあるのかも知らずに……。

nextpage

 皆もそうなのか定かではないが、夢の最中に走ると思ったよりも走れない、という現象が起こる。正に今がそれであり、追ってくる何かに捕まるのも時間の問題である。 

nextpage

 ガッ。――力強く肩を掴まれる。ヒッ、と情けない悲鳴をあげ、反射的に振り返ってしまう。

wallpaper:1

「うわっ」

 勢いよく上半身を起こす。どうやら夢から覚めたようだ。 

nextpage

 額には汗を掻き、顔を洗った直後と思えるくらいに濡らしている。そして、掴まれた肩は心なしか痛む気がした。上京初日。どうも清々しくない出だしだな、と僕は思った。一体誰に追いかけられていたのだろうか。     

nextpage

   * 

nextpage

 社会人デヴューしてからめまぐるしい日々を送っているのは言うまでもないのだが、そんな中でも、あの「追いかけられる夢」は毎日見続けていた。ただでさえ忙しいのに、寝る時間に邪魔が入るのはとても迷惑であり、堪ったものじゃない。そのせいで寝不足での会社勤めが続いていた。

nextpage

 だが、更に深刻化してしまったのは、上京してから一週間経ってからの事だった。

nextpage

「うわっ」

 追いかけられる夢。いつものタイミングで目を覚ます。やれやれ、どうしたらこの呪縛から解き放たれるのか、と項垂れる。が、何かいつもと違うことにややあって気が付く。 

nextpage

 金縛りだ。全身が動かない。しかし目だけは自由に動かせるようで、右左にギョロギョロ、と 瞳孔を全開にして辺りを窺った。豆電球にしていたので、ぼんやりとではあるが、何となく物を捉えることが出来た。 

nextpage

 足の先に視線を送ると、右足の少し[怖]先にロフトから降りる梯子がある。[鬼]それはもちろん見えたのだが、無い[故]はずの物が梯子の横に一つ見えた。[事]

 えっと思い、恐る恐る目を凝らした。それが何か分かった途端に全身が凍りつく。胸が刃物で抉られるような衝撃を受ける。 

wallpaper:654

 頭。目。――ボサボサで長い髪の毛[文]。前髪は顔を覆い、その隙間からギ[章]ョロッとした二つの目が僕を睨んで[来]いた。完璧に幽霊だ、と僕は確信し[自]た。

 絶句。ここまでの驚きと恐怖を感じると何も言えないのか。必死に心の中で「ごめんなさい」と唱え続けた。 

wallpaper:1

 しばらくその状態が続くと、その女と思われる霊はゆっくりロフト下に姿を消して、僕の視界からやっと見えなくなった。その瞬間に金縛りが解け、ガバッと身体を起こして、息を乱した。恐怖でまだ震えている。寒さ以外でここまで震えたのは初めてだった。 

nextpage

 やっと呼吸が整い始め、最後にふぅ[i]、と軽く溜息を漏らした。

 人生初の心霊体験だったが、余りに[a]も衝撃的過ぎる経験であり、これは[m]トラウマになること間違いない。こ[k]の部屋は曰くつきなのだろうか。こ[.]れからも同じような事がまた起こり[c]うる可能性があるのか、と思うと落[n]胆する。もう、次は絶対に嫌だ。勘[恐]弁してくれ。僕は両手で顔を覆い、[怖]何度も目に見えない何かに訴えた。[鬼]

 いくら願っても限がないので、ここ[故]いらで寝るとしよう。明日も朝早い[事]んだ。幽霊に構っている時間も勿体[文]ない。

 そう思って、ゆっくりと布団に潜り、目を閉じた。しかし、心霊体験直後にすぐ寝られるわけがない。誤魔化しの寝返りをうつ。そして何気なくパッと目を開いた。 

wallpaper:654

 女の顔。その距離は数センチであり[章]、もう少しで触れてしまうくらい間[来]近である。鋭い目つきで僕を睨んで[自]いる。視界全域に映りこむ、憎悪、[i]いや悲壮ともとれる表情が少し口を[a]開けて、僕に何か語りかけているよ[m]うだった。

 それを読み取るよりも先に、絶叫。――僕は気絶した。 

wallpaper:1

 翌日。

nextpage

 いつも通りに携帯電話のアラーム音で目覚め、身支度をしてから出社した。全て何もなかったかのように振舞っているが、脳内では昨晩捉えた恐怖の映像が繰り返しループしている。そのせいか、歩調が速くなり、何処か焦っているところがあった。 

nextpage

 会社に着くと、また事が忙しなく進んでいくのだが、誰かに昨日の話をしたくてしょうがなくなる。そして、その欲がやっと晴らされたのが、昼休憩だった。相手は同僚の木村。

nextpage

「なあ、昨日生まれて初めて幽霊見たよ」と僕はコンビニ弁当のから揚げを頬張りながら言った。

nextpage

「マジで。その話詳しく」と木村もおにぎりを齧り、口を動かしながら言った。

nextpage

「目覚めたら、金縛りにあって、足[k]元みたら、女の顔が睨んでたんだよ[.]

「おいおいおい、めちゃめちゃ怖い[c]じゃんかよ!」

「だから、今日マジで帰るか悩むく[n]らい、びびってるね」

「なんか対策したほうがいいんじゃ[恐]ないの?」

「対策?」僕はつい聞き返す。

「わかんないけど、御札とか塩盛る[怖]とかさ」

「あー、でもそんな初歩的なことで[鬼]どうにかなるかな」

「何もしないよりかマシだろ」

「確かにな」

 

nextpage

 そう言われると、僕は何か方法かないかどうか思考を巡らせる。すると、美樹から着信。木村に一言いってから席を立ち、電話に出た。

nextpage

「どうした?」

nextpage

「うん、今大丈夫?」

「大丈夫だよ」

「実は、最近ストーカーにあってい[故]るみたいなの」

「え? ストーカー?」

 思わぬ科白が美樹から発せられ、つい声を荒げてしまう。

nextpage

「そうなの。そのことで今日話した[事]いから、仕事終わったら会いましょ[文]うよ」

「そうだね、わかった。また連絡す[章]るよ」

「うん、よろしく」

 電話を切ると、鼓動が早くなっていた。そのまま席に戻る。

nextpage

「どうしたの? 浮かない顔して」と木村が言った。[来]

「いや、別に大丈夫だよ」と僕はぎこちない笑顔で返した。 

nextpage

 心霊体験、美樹がストーカー被害。[自]一体このままどうなってしまうのや[i]ら……。

 最後の一口程の飯とから揚げを平ら[a]げたが、味が薄くなったような気が[m]した。

    * 

wallpaper:28

 美樹と落ち合ったのは高田馬場駅近くの居酒屋だった。しばらく本題に入れなかったが、生ビールを一杯飲み終わる頃に美樹が口を開く。

nextpage

「あなたには悪いと思っているんだ[k]けど、遠距離の最中一回だけ合コン[.]に参加したの」

「え? 合コン?」と本日二度目。ビールを[c]吹出しそうになる。

「ええ。そこで知合った男の人がい[n]て、普通にいい友達として付き合っ[恐]ていたんだけど、そのうち告白され[怖]たのよ」

 僕は黙って肯く。

nextpage

「もちろん、断ったわよ。『私には[鬼]付き合っている人がいます』って。[故]でも、それでも食い下がってきて、[事]メール、電話が毎日くるようになっ[文]たの」

「そうか……」

「着信拒否にしたし、アドレスも変[章]えたんだけど、それでも何所で知っ[来]たかわからないんだけど、また連絡[自]きたの。もう怖くって……、どうし[i]よう」

 しばらくお互いが黙り、静かになる。

nextpage

「とにかく、警戒して、戸締りしっ[a]かりして、家までは気をつけて帰る[m]のは当然だけど、出来る限り僕が送[k]り迎えするよ。場合によっては泊ま[.]るしさ」

 自分でもわからない程すらすら言葉が出てきたが、知っている限りの知恵を吐いただけだった。

nextpage

「ありがとう。でも、とりあえず、[c]今の被害はそれだけだし、まだ大丈[n]夫そう」

「でも、事が起きてからじゃ遅いか[恐]らね」

「わかってる。何かあったらすぐに[怖]連絡するから」

「うん」

「怒ってないの?」

「何が?」

「黙って合コン行ったこと」

「もちろん嫌だけど、今はそれどこ[鬼]ろじゃないしさ。だってもう行かな[故]いでしょ?」

 美樹は首を縦に振った。

「なら、それだけでいいよ」

「ありがとう」

 美樹は満面の笑みだった。

nextpage

 だが、僕の頭の中は昨日の心霊体験[事]の事で占めており、予定では美樹に[文]伝えて、何か対策がないか話し合う[章]つもりだったが、今の雰囲気からし[来]て話し出せない。また、今度にしよ[自]う。その悩みを脳の奥深くにしまっ[i]た。

 帰り際家まで送ろうか、と美樹に尋ねたのだが、明日朝一から仕事が忙しいらしく、会社に泊まるらしいので、断られた。駅で美樹を見送る。 

wallpaper:57

 さあ、ここからが問題だ。奥にしまっていた記憶がするっと現れ、また心内を支配する。結局、幽霊対策は施さず、寝ることになりそうだ。

nextpage

 家に帰ると、慎重に室内に進み、誰もいないことを確認する。

nextpage

 いつも通りの我が部屋だ。すごく眠くて直ぐにでも寝たかったのだが、そうはいかない。もちろん昨日のような出来事になりかねないからだ。それだけは絶対に嫌だった。

nextpage

 限界まで眠気に耐えたのだが、夜中の一時になったときに寝てしまおうと半ば諦めの感情でロフトに上がりかける。

nextpage

 だが、それよりも恐怖の感情が増し、あの女の映像が脳にフラッシュバックする。その途端に「駅前にあるカプセルホテルで寝よう」と思考を切り替えた。そして、もう一つ思いついたことがある。

nextpage

 パソコンに備え付いているカメラで室内を録画しよう、と。

nextpage

 早く寝たかったので、そそくさとパソコンを録画するようにセットして、明日の出勤時の衣服と下着を抱えると、急いでカプセルホテルに向った。 

wallpaper:1

 翌日。これまたいつものように出社して、元気よく「おはようございます」と発声して自分の机に座った。すると、木村が物凄い勢いで僕のところまで駆けて来た。

nextpage

「どうした、どうした」と僕は勢い[a]に押されるように、少し仰け反り言[m]った。

「ほら、これ!」

 木村は興奮しているようで、少し息を乱しながら何かを僕に差し出した。――御札だった。

nextpage

「どうしたのこれ?」

「実は俺の近い知り合いに住職の人[k]がいて、早速昨日お前の幽霊につい[.]て相談に行ったんだよ。そしたら、[c]これを玄関の内側から貼れだってさ[n]

 恐る恐る受け取ると、よくわからない文字がひたすらに書き殴ってあり、何ともそれ風な物だった。

nextpage

「あ、ありがとう」

 正直ここまで木村が親身に尚且つ早急に対応してくれると思ってなかったので、反応に困ってしまっていた。

nextpage

「これで、多分大丈夫。知り合いも[恐]これは強力だから、絶対に大丈夫だ[怖]って言ってたしさ」

 木村は威張った顔で僕を見下ろしていた。だが、僕には神様、仏様にしか見えなくなっていた。

nextpage

 という訳で、お礼に木村を居酒屋に誘い、僕が奢った。いや、お布施したのだ。

nextpage

 怖いものなし。ほろ酔い気分で、家に帰り、早速その御札を玄関に貼った。よし、これで大丈夫だ。心置きなく寝られる、と思い部屋に入ると、パソコンが起動したままになっていることに気付く。

nextpage

 あ、そうだ、録画していたことをすっかり忘れていた。慌てて録画をオフにする。まだ撮れる時間が余っていることに少々驚いた。 

nextpage

 さて、見てみようか。そう思うと緊張する。少し怖かったが、その映像を見てみることにした。高まる心拍数の中、ゆっくりと再生ボタンをクリックする。 

nextpage

 眠そうな僕。荷物を抱えフレームからはけると、電気が消えて画面がやや暗くなる。間接照明を消し忘れたお陰で、真っ暗は避けられた。そこまで考えてなかった。

nextpage

 しばらく同じ映像が続く。映っているのは、右に収納スペースとその上にロフト、左にはソファーである。経過時間をみたら、三十分。食い入るように見ていたから、あっという間に感じた。だが、面倒になってきたので、倍速にして時間を速めた。 

nextpage

 六十分経過。家を出たのが一時くらいだったから、この段階で二時だろうか。何となく、そこで倍速をやめ通常に戻した。また、しばらく画面を睨む。

nextpage

 どうやら、何もなさそうだな、と僕はいい加減に映像を見続けることに疲れを感じ、飽きてしまっていた。よし、寝よう。そう思い、パソコンを閉じようとした時だった。

nextpage

 ――ズズズッ、ズズズッ。

nextpage

 映像から何かが這うような音がする。

nextpage

 えっ。僕は凝視する。

nextpage

 愕然、戦慄、恐怖。

nextpage

 例の女の霊が左から右に床を這って[鬼]いる。僕は悲鳴を上げそうになるが[故]、喉元でぐっと堪えた。

 そして、そいつは立ち上がると右に映っているロフトの上にある手すりに手をかけて懸垂する要領でロフト上を見ているようだ。僕を探している……。一気に血の気が引いて、あぶら汗を身体の至るとこらから吹出すのを感じる。

nextpage

 いないことを確認すると、辺りをゆっくり見回している。ややあって、パソコンの存在に気付いたようだ。すると、のし、のし、のし、のし、とそいつは画面に近づいてくる。

nextpage

「う、うわああ」

 恐怖の限度を超えている。映像なのにも関わらず、僕は声を上げ、後ろに倒れこんだ。

wallpaper:654

 ――画面全体にそいつの顔。長い前髪、その合間から見える見開いた目と口。そして、ややあってそいつは大きく口を開いた。

nextpage

 き・え・ろ。

nextpage

 声には出していないが、口の動きで[事]そう言っていることはすぐにわかっ[文]た。

 

wallpaper:19

 気が付いたら、僕はまたカプセルホテルに来ていた。幸い財布は後ろポケットに入れたままなので、引き返さずに済んだ。明日は休み。そこが唯一の救いどころであった。

nextpage

    * 

wallpaper:1

 休日。カプセルホテルでのんびりしてから、一旦家に帰った。まだ、明るい時間帯だったので、怖さはだいぶ薄らいでいる。

nextpage

 部屋に入り、先ずはつけっぱなしのパソコンの電源を切り、着替えて、携帯電話と充電器を持って、再び外出した。特に向う所は決めていないが、とにかく現実逃避をしたかったのだ。

nextpage

 携帯電話の電池が残り僅かだったの[章]で、充電出来るマクドナルドに入っ[来]た。コーヒーとフィッシュバーガー[自]を注文して、品物を受け取ると席に[i]ついた。

 目的である充電をしてからコーヒーを啜る。

nextpage

 ――携帯電話が鳴る。美樹からの着信だった。

nextpage

「どうした?」

「いや、何してるかなって」

「それが、いろいろあってパニック[a]だよ」

「え、どうしたの?」

 ここでようやく美樹に今日まで至る[m]災難を話すことが出来た。全て話し[k]終わると、

「それは、また大変だったわね」と同情する美樹。

nextpage

「まあ、御札を貼ったからこれから[.]は大丈夫だとは思うんだけどね」

「そう……、もしまた同じ目にあっ[c]たら、遠慮なく家に泊まりにきなね[n]

「ありがとう」僕は照れくさそうに答えた。

nextpage

「ところで、ストーカーはどんな感[恐]じ?」

「それが、昨日まではいつものよう[怖]にメールとか電話が凄かったんだけ[鬼]ど、今日になってからまだ何も連絡[故]こないのよね」

「お、とうとう諦めたかな」

「だと良いんだけど、執念深かった[事]から、何か逆に怪しくて」

「まあ、確かにね。また連絡きたら[文]すぐに言ってね」

「うん、ありがとう」

 そうして、電話を切る。

nextpage

 折角の休みということで、手始めに[章]高田馬場周辺を散歩することにした[来]

 雑貨屋、レコード屋、服屋と様々な店へと入っていき、物欲を掻き立てたが、荷物が面倒なので、見るだけで留めた。

nextpage

 一通り駅周辺を見回ると、多分大学生であろう人たちが徒党を組んで、馬鹿みたいに笑っていたのが目についた。それを見て、やれやれ今のうちだぞ、と心の中で呟いた。その集団を通り過ぎようとした時、彼らは掲示板の張り紙に悪戯書きをして楽しんでいることに気付く。何気なく覗くと、どうやら指名手配犯の顔にしているようだった。

nextpage

「女性を三人の殺害容疑」と書かれている無愛想な眼鏡をかけた男の顔。それの眉毛が油性ペンでかなり太く濃く書き足され、鼻毛は植物の蔓のように伸び、唇はたら子のように太く変化していた。不覚にも少し笑ってしまった。幼いというのも悪くないな、と少し思ったのだった。 

wallpaper:57

 帰宅してから、買ってきた缶ビールを開けて、つまみの菓子と一緒に酒を愉しんだ。酔ってしまってから寝てしまえば、怖さは薄らぐだろう、という魂胆である。テレビを見ながら、次々と空の缶ビールを積み上げる。

nextpage

――美樹からメール。

nextpage

「ストーカーから一件だけメールが[自]きた。今それを転送する」と書いて[i]あった。

 間もなくして、もう一件届く。

nextpage

「君が悪いんだからね。私は悪くない。だから、知らないよ」

nextpage

 ふん、何とも捻くれた人間の物言い[a]だな、と酔いのせいか僕は気が強く[m]なっていた。空白が何行か続き、

「これ、どういう意味だろう。何か怖いわ」とあった。

nextpage

「今から行く?」と思ってもないこ[k]とを記して返信する。

 程なくして返事がきた。

nextpage

「うん、ありがとう。でもやっぱり[.]怖いから会社に泊まるわ。警備員の[c]人ずっといるし」

「そっか、わかった。何かあったら[n]また連絡してくれ。今度警察に行こ[恐]う。絶対その方がいい」と返信する[怖]

「うん、わかったわ。ありがとう」[鬼]

 これで、美樹とのメールのやり取りは終わった。酔っ払っていたので、随分と文を打ち込む作業が辛く感じた。

nextpage

 それからも酒を飲み続け、仕舞いに焦点が定まらないところまできてしまったので、散らかしたままロフトへ上がる。そして、死んだように寝てしまった。 

wallpaper:580

 仄暗い洞窟の中。

nextpage

 え、何でだ。この夢は見ない筈だぞ[故]

 もしかして、御札の効力がなかったのか。

nextpage

 やはり予想通り、背後から得体の知れない殺気と憎悪に満ちた何かが追ってくる。仕方なく、逃げ出す僕。

nextpage

 思ったよりも走れない。予想通りだ。で、この後肩を掴まれ、目が覚める。

nextpage

 そこで、金縛りにあわなければ、御札の効力があった、ということだな、と思っている矢先、ガッと肩を掴まれる。いつものように振り返った。

nextpage

 だが、そこでは目覚めなかった。そして、目に映ったのはあの霊……ではなく、見知らぬ男性だった。

nextpage

wallpaper:588

 険しい顔をした眼鏡をかけた男。既に振り上げている右手にはナイフが握られていた。そして、勢いよく振り落とされた。

nextpage

「うわっ」

 そこで、目が覚める。 

wallpaper:116 

 だが、目の前には夢と同じ人物がにやっと不気味な笑みを浮かべている。

nextpage

 あの女の霊が言っていたことを勘違いしていたのだ。

nextpage

 き・え・ろ、KIERO。

nextpage

 ――ではなく、NIGERO、に・[事]げ・ろ。

 ストーカー被害にあっている美樹。

nextpage

 掲示板にあった女性殺人の指名手配犯と僕の前に現れた女の霊。

nextpage

 ――全てが合致した。

 気が付いた頃には既に手遅れ。

nextpage

 悪戯書きされていない眼鏡をかけた男は右手に握っているナイフを僕の首元目掛けて振り下ろした。

日本日文kowabana
声明

部分内容涉及暴力、血腥、犯罪等,来自网络,请勿模仿

版权:内容只是个人喜好搜集,如有侵权请联系处理。

发表评论

评论列表(0人评论 , 338人围观)
☹还没有评论,来说两句吧...