10间客房

iamk 日本恐怖故事 2024-02-12 12:00:01 43 0

1. Keyhole

nextpage

当我醒来时,我在一个白色的盒子里。不知不觉中,我被哄睡了,然后被带到了这个空荡荡的房间里。

这个被天花板灯照亮的空间,没有窗户也没有门,让我感觉像漆黑一片一样不安。连个通风口都找不到,快憋死了。就在我因为这个想法而感到更加窒息时,我听到了头顶上的广播。

下一页

“在接下来的十分钟内,在四[文]堵墙之一的某处找到一个钥匙[章]孔。”

如果你手头有钥匙,如果你可[来]以关上钥匙孔,暗门就会打开[自],你就可以出去了。”

这一定是某人的死亡游戏。我[i]很不满意自己为什么会这样,[a]但还是决定先找到钥匙孔。

nextpage

我被困在里面的箱子周围是每[m]边约十米的正方形表面。也就[k]是说,这是一个非常大的立方[恐]体,但是却找不到活梯之类的[怖]工具。

就算找到了钥匙孔,如果够不[鬼]着又有什么意义呢?

然而,这种担心是没有根据的。

nextpage

我设法找到了钥匙孔。另外,洞口的位置就在我的正前方,而且是可以轻松插入钥匙的高度。

我突然想知道为什么洞的深处是白色而不是黑色。就算钥匙孔里面刷成和房间一样的颜色,也不会因为黑暗而显得纯白。

nextpage

我终于明白这个洞是怎么工作[故]的了。当我意识到的时候,已[事]经太晚了。

隔壁房间的人比我先把钥匙插进了钥匙孔。我听到墙的另一边传来一扇门啪的一声打开的声音,轻快的脚步声带着欢呼声离开了房间。

nextpage

我呆呆地站在那里看着墙上被[文]堵住的洞。

他手中无处安放的钥匙无助地滑动,掉在了地上。

separator

2 . Bottle

nextpage

一个人捡到了一个神秘的瓶子[章]。大约有弹珠水瓶那么大,一[来]看就是一个普通的空玻璃圆筒[自]

但是罐子有盖子。当我打开盖[i]子时,我听到里面传来女人震[a]耳欲聋的尖叫声。男人惊慌失[m]措,合上了盖子。然后我就再[k]也听不到声音了。

nextpage

男人觉得阴森森的,担心放过[恐]痛苦的惨叫声,还是把瓶子带[怖]回家了。

因为这个男人,与其说是听到[鬼]瓶子里传来声音的异常,不如[故]说是在拼命想办法,想着这个[事]瓶子可能对他有吸引力。。

nextpage

然后,当我查看找到瓶子的地[文]方时,我发现那是很久以前发[章]生的一起令人毛骨悚然的谋杀[来]案的地点。遇难者都是女性,[自]瓶子里的惨叫一定是属于她们[i]的。

进一步调查显示,凶手尚未落[a]网。男人同情死后还在尖叫的[m]女人们,决定带着瓶子去电视[k]台。

nextpage

我从来不想成为关注的焦点。[恐]

我想把这个快过期的case重新上报,帮助尽快找到罪魁祸首。

nextpage

当他拿起瓶子准备放进包里时[怖],他不小心把它掉在了地上。[鬼]它轻而易举地就断了,而就在[故]这时,房间里响起了许多女人[事]的尖叫声。

男人受不了这个声音,转身离开了房间,关上了门。然后女人的声音突然停止了。

nextpage

显然,罐子里的东西洒到了房间里。房间本身代替了瓶子,当门或窗户打开时,外面可以听到巨大的尖叫声。

现在这个男人住的房子是出了名的闹鬼的地方,一开窗就能听到尖叫声。

而且因为与男方本意完全不同的原因,房子每天都被媒体推着。据说是推的。

separator

3. 我回到我的公寓房间。

当我看着桌子时,我发现了一张陌生的纸和一个杯子之类的东西。

看到它的那一刻,本就寒冷的隆冬屋子里,更觉寒意袭来。

有两张纸,其中一张是一封来自未知寄件人的控诉信,内容是“我在房间里安放了爆炸装置”。

下一页

而在另一张纸上,打字写着不[文]炸房的条件。

“防止房间爆炸的条件有两个[章]

一个是桌子上的杯子里面的温度要保持在50摄氏度以上。

>< p>还有一个就是不要按下隐藏在这个房间里的引爆开关。

下一页

如果你保持这两个条件,设备[来]就会爆炸。30分钟后会停止[自]

当我成功阻止爆炸后,我就会[i]现身。”

下一页

被突如其来的炸弹威胁搞得一[a]头雾水然而,我以为我会做我[m]想做的可以。环顾房间,我找[k]不到任何看起来像开关的东西[恐]

纸旁边的杯子里已经盛满了开水。当时温度接近90°C,因为我有一个温度计贴在上面。

nextpage

这个杯子看起来很可疑,形状像一枚手榴弹。就算现在水很热,考虑到房间的温度,里面的东西也会很快变凉。

这样想着,我把电水壶装了大约一半的水,按下了热水按钮。

就在这时,剧烈的爆炸声将房间炸成了碎片。

分离器

4.微生物

下一页

透明玻璃盒我想知道自从我被困在里面已经过去了多少年在这个与世隔绝的小盒子里,我当然是作为大自然的一部分生活的。

玻璃的另一边是沙漠,而玻璃的另一边是种类繁多的树木、营养丰富的土壤和可食用的蔬菜种子。

nextpage

我严重依赖植物获取食物和氧[怖]气。这个盒子是一个没有缝隙[鬼]的封闭空间,如果不是植物进[故]行光合作用,它们早就缺氧死[事]掉了。

阳光透过透明的天花板,涌入[文]包厢。但是明亮的天空被太阳[章]的运动笼罩在黑暗中,每天有[来]几个小时。

下一页

晚上,包厢里出奇的安静。没有风,所以树木没有发出任何声音,玻璃墙很厚,我什至感觉不到沙漠狂风的侵袭。

只有我自己的呼吸声从我的身体里传出,就像大自然本身的节拍一样。我回到了大自然的一部分,我觉得大自然也欢迎我。

nextpage

这么多年与大自然共存,让我活下去的主要是微生物。

多亏了微生物,把粪便和餐厨垃圾还给了土壤,变成了肥沃的田地,还分解了小动物的尸体,保持了环境的清洁。有。

nextpage

除土壤外,水也受到保护免受[自]微生物污染。盒子中央的小池[i]塘,虽然没有河流般的水流,[a]但由于鱼的游动和微生物的净[m]化作用,仍然保持着清澈。

小动物、鱼等小动物与其说是[k]食物,不如说是伙伴。当然,[恐]我每周都会抓鱼吃几次来补充[怖]蛋白质。

nextpage

但是,我会尽最大努力确保这[鬼]个盒子里的任何物种都不会灭[故]绝。破坏自然环境就是破坏我[事]自己,我认为我周围的一切对[文]我来说就像对我一样珍贵。

于是一天早上,池塘完全被淹[章]没了。当我看到突然被扔掉的[来]一堆垃圾时,我觉得有人打了[自]我。

下一页

谁干的……?我是唯一住在这[i]里的人吗?我还有很多其他的[a]疑问,但眼前的垃圾堆却一一[m]否定了。

垃圾数量惊人。更何况,它是人类制造出来的,简直不可思议。

就像一具食草恐龙被暴龙吃掉后的尸体。

下一页

池塘里的水已经腐烂了,浑浊[k]不堪,到处都是难闻的气味。[恐]无数苍蝇如沙尘暴般聚集。

我还是没有放弃。我认为是时[怖]候回馈自然了。

下一页

我是天生的。没有树和水,我现在已经死了。这就是为什么我认为恢复被破坏的自然的唯一方法是站起来。

虽然我永远无法独自对抗这些令人作呕的污秽,但我有朋友。我把箱子里面的空间分成了生活区和垃圾处理区,逐渐把骨头和肉埋在土里。

nextpage

垃圾填埋场本来是一片肥沃的[鬼]土地。为此,微生物的合作必[故]不可少。

多年来,我致力于清理池塘周[事]围的区域,微生物不断分解垃[文]圾。当池塘里的水终于恢复了[章]原来的纯净时,我开始感到轻[来]松多了。

nextpage

有一天,仰望玻璃般的天空,[自]我想知道那些灰尘是从哪里来[i]的。这是我过去几年由于工作[a]繁忙而忘记的最初问题。

不,这不是唯一要记住的问题[m]。我现在毫无抵抗地接受了它[k],但为什么我首先会被困在这[恐]个盒子里?

nextpage

就在这时,突然有什么东西盖[怖]住了玻璃空出的部分。当我看[鬼]到那个既不是黑夜也不是云的[故]大东西时,我简直不敢相信自[事]己的眼睛。

就像一只布满皱纹的巨人手,难以置信。曾是。不仅如此,手掌的另一边,还有一张人脸似的看着我,笑眯眯的看着我。

nextpage

眼前的一幕让我目不转睛。一[文]只大手拿起了玻璃杯的空部分[章]。显然,天花板是一个带有把[来]手之类的东西的盖子。并且第[自]一次,盒子内部与新鲜的外部[i]世界相连。

风吹动了树木,荡漾着池塘,[a]鸟儿飞走了,就像打开了一个[m]巨大的风扇。

下一页

我被留住了?

雪上加霜的是,大量可怕的红[k]色物质从天而降。

它从巨人手中掉落。或者更确[恐]切地说,它被扔进了一个盒子[怖]里。

也就是说,这个盒子对于他们[鬼]来说,不过是个垃圾桶而已。[故]其中,我的存在也相当于一个[事]勤奋分解垃圾的微生物。

nextpage

从那时起直到我死,我都在做微生物的工作。

几十年后,这些瘦弱的尸体连同他们的垃圾在一段令人生畏的时间里腐烂了。

separator

5.极简

nextpage

在我的大学里,有一个叫 M 的​​人,一个极简主义者。[文]极简主义者是指生活在最低限[章]度的人或生活方式。

我不仅没有带任何多余的东西[来],而且我的公寓和我搬家的第[自]一天一样凄凉。当我第一次进[i]入房间时,我问他为什么会成[a]为极简主义者。

下一页

世界太乱了,我想至少让我生[m]活的世界成为我理想中的世界[k]。”我开始拖地。尤其是踩上[恐]去的时候,还仔细地打磨着,[怖]显得自己是这个世界上的讨厌[鬼]鬼。

下一步page

我再也没有被叫进他的房间。[故]还有,因为那件事,我和他变[事]得疏远了,甚至在大学里认识[文]的时候,我们都不说话了。

没有和M有任何接触的日子一眨眼就过去了。

在第一次也是最后一次参观房间后大约半年,我听到一个谣言,说 M 已经退学了。

下一页

我还记得当年M的态度。不过[章],我还是担心离开大学毫无消[来]息的M,所以我和同系的朋友[自]A一起去了他住的公寓。

当我们到达公寓时,他看到有[i]人从他的房间里出来。看起来[a]像个专业的看门人,不知为何[m]我觉得M有点难过,以为M已[k]经搬走了。

nextpage

然而,我的期望完全被辜负了[恐]。一身重装的看门人,一出房[怖]间就开始收拾。

然后,毫无疑问,是M。他脱[鬼]光了衣服,看起来像个无家可[故]归的人。

下一页

“你在干什么?”

我想都没想就问M。他猛地转[事]身,很快就恢复了冷静。

“我在打扫卫生”

“打扫卫生?”

下一页

我对着A,做出一脸疑惑的表情。好像是在嘲笑我们的糊涂似的,M开始滔滔不绝地说起来了。

“从那时起我就一直在思考。我当然想创造一个理想的世界。但首先什么是理想的世界?我们在这里。

所以我理想中的世界不再需要任何东西了。”

下一页

…M说他好像不住在那个房间[文]里。但是,租赁合同照原样继[章]续,据说他每天只来打扫卫生[来]

我退学了,因为我不想要无用[自]的头衔。只要有一个干净无拘[i]无束的自己,一个清净不乱的[a]房间,M就心满意足了。我笑[m]着说道。

下一页

“M现在住哪里?”

“大学附近的公园。”

我和A渐渐成为吓坏了,简单[k]道别,离开了公寓。

我们很享受大学剩下的时光,[恐]小心地远离他的公寓和公园。[怖]

下一页

三年后,我大学毕业了。因为[鬼]工作原因,我要搬到另一个县[故],所以我再也不会和M有任何[事]关系了。

M还在公园里睡觉吗?我想知[文]道那个房间是否每天都打扫。[章]我决定不再去想它。

我不需要担心。

separator

6. Yami Nabe

下一页

朋友A邀请我决定做个黑锅。[来]我在高中时和 A 关系很好,但自从毕业典礼后[自]我就没见过他,所以隔了很长[i]时间才收到他的消息我很兴奋[a]

我和A是同一所大学的朋友B[m]、C等4个人,好像是把食材[k]凑在一起做火锅。收到素不相[恐]识的B公寓地址,怀着激动的[怖]心情带着选好的食材前往指定[鬼]的房间。

nextpage

我查看了给我的房间号并尝试[故]按铃,但里面没有任何反应。[事]我想知道他们是否仍然选择他[文]们的成分。当我联系A时,他[章]回答说:“我们已经准备好了[来],我觉得门是开着的,你先进[自]来吧。”

他说的我不同意,但是我照A[i]说的做了。当我打开向内开的[a]门进入房间时,里面还是没有[m]人。

下一页

相反,这是一个没有家具的单[k]调房间。准备了大量的肉类和[恐]蔬菜等食材,但都在购买时放[怖]在地板上。

我还注意到没有任何餐具。连[鬼]必不可少的锅也无处可寻。

下一页

A准备好了我说了,你们三个[故]这个时候去买餐具吗?我心里[事]有些不安,可就在我还在等待[文]的时候,房间里的灯突然熄灭[章]了。

这才发现,这个房间是没有窗[来]户的。在连一丝光亮都没有的[自]漆黑视野中,这一次我开始听[i]到不知从哪里传来的水声。

下一页

不一会儿,地板被水淹了,我[a]感觉到危险,靠着智能手机上[m]的灯到达了前门。我试图打开[k]门,但它没有打开,因为积到[恐]我膝盖的水把它推开了。

而当地板和墙壁变得像金属一[怖]样热,水开始沸腾时,我终于[鬼]明白为什么会邀请我了。

当我终于听到隔壁房间传来三个人的笑声时,我陷入了黑暗。

separator

7. 回到家,发现一封来自未知发[故]件人的邮件。

我想知道那是什么,当我在房[事]间里打开它时,它和我的便服[文]一模一样。

发件人很可能是个男人。

它附带一张留言卡,上面用肮[章]脏的笔迹写着我的名字。

nextpage

当然,寄给我的衣服我都不想[来]穿,第二天就决定去二手衣店[自]卖了.另外,留言卡没有看内[i]容就被扔掉了。

为什么我收到的衣服和我最喜[a]欢的家居服一样?

有人在房间里看着我吗?

nextpage

我试着和我的父母核实,但他[m]们说他们不记得寄过这样的东[k]西。我想过报警,但我想尽可[恐]能避免麻烦,所以我决定拭目[怖]以待。

但是不到一周后,又有人给我[鬼]寄来了同样的东西。

和上次一样,还送了一张留言卡。

nextpage

也许卡片的内容可能会泄露发[故]件人。考虑到这一点,当我这[事]次打开它时,只有一句话:

“如果你要卖它,就买旧的。”

p>

我立即搬出了这个房间。

separator

8 . 消失的气球

nextpage

去商场买center 气球消失了。事发时,一家三口外出购物刚回家。

我五岁的女儿在回家的路上在车上玩它。他甚至用名字笔写下了自己的名字“米卡”。

nextpage

气球是她的最爱。气球突然消[文]失了。

我一边努力让女儿平静下来,一边担心气球在不明位置爆炸。

我担心她哭声的共鸣会把屋子里的玻璃震碎。

nextpage

但我也是一个父亲。它总有一[章]天会再次出现。让我们下周再[来]去拿它。客气几句后,她才恋[自]恋不舍地作罢。

女儿的心情就像气球一样。永[i]远不要用针扎,重要的是要讨[a]论到你满意为止,就像一点一[m]点地放气一样。

nextpage

消失的气球并没有飞上天。气[k]球要漂浮在空中,就必须充入[恐]比空气轻的气体,但商场里散[怖]发的气球,无非就是用橡胶包[鬼]裹的空气。

那一定是在房子的某个地方。[故]然而,无论我怎么搜索,气球[事]都没有出现。

nextpage

突然间,我的女儿和妻子转向[文]了其他游戏,而我是唯一一个[章]找东西的男孩。

好吧,只要家里平安就好。认[来]为飞镖是气球的最大敌人,我[自]看着女儿喜欢向玩具靶子扔箭[i]

nextpage

但是一天早上,又发生了一起[a]气球相关的事件。由于是工作[m]日,还有幼儿园,我就敲了敲[k]保育室叫醒女儿。

虽然我才五岁,但我觉得我应[恐]该尊重我的私生活。敲。然而[怖],我虽然等到了平日里欢快的[鬼]早安,却一点也听不见。

nextpage

我慢慢推开门,不知道他是不[故]是还在睡,映入我眼帘的是惊[事]喜。小床上睡着的不是我女儿[文],而是那个时候的气球。

我明白了。我女儿和我妻子一[章]起藏了一个气球给我一个惊喜[来]。从早上起,我就觉得自己收[自]到了一份美好的礼物,我怀着[i]暖心的心情呼唤着女儿的名字[a]

下一页

完全被骗了!我参加了。然而,女儿并没有出现。我的女儿一定很期待揭示惊喜。或者这个恶作剧还有更多?

除了高兴的感觉,我还充满了无法见到女儿的焦虑。这次我女儿不见了。想到这里,我就坐不住了,就跑到一楼老婆家。

下一页

“嗯?我不奇怪。”

我结结巴巴的问,老婆面无表情的回答。。

那么,气球惊喜是女儿的教条决定吗?

不管怎样,我还是忍不住想早点见到女儿的脸。

下一页

就在我和老婆正慌张的时候,突然听到不知从哪里传来啪的一声。啊,这次终于揭晓了。

这样想着,我全速爬上了楼梯。

时尚的制作给我留下了深刻的印象,但请不要再让我紧张了。

下一页

然而,当我赶到女儿的房间时[m],被眼前的景象再次无语了。[k]

在床上,没有女孩,而是一个[恐]气球。

我正要戳破气球,就听到楼下[怖]传来老婆的尖叫声。

我停下来想为什么我的妻子在[鬼]尖叫,然后最糟糕的想法闪过[故]我的脑海。

nextpage

回想起来,爆裂声并不是楼上[事]传来的。

突然,我注意到我床边窗户上[文]的窗帘在风中飘动。

把头伸出窗外,低头看着地面,终于找到了女儿。

用小字写着Mika的气球成了我宝贝女儿的纪念品。

separator

9. 我参加了我赞助的名为 Real Escape Game 的活动。这是一个项目,您可以使用东京的建筑物体验在游戏中发生的逃生游戏。

看来这个小组要强加一个和其他人不一样的难题。回到童年,我兴致勃勃地完成了接待,被引导到指定的房间。

nextpage

房间里没有其他人,我对自己的想象感到畏缩。是没有其他参与者,还是一个人逃跑是规定?

我希望有一个和谐的氛围,就像多个陌生人一起解决一个谜一样,但我很失望,事实并非如此。

不过,令人失望的孤独感,却是燃烧着的斗志尽快逃离的催化剂。

nextpage

房间中央摆着一张桌子,桌上摆放着各种器具。

一打左右的蓝莓、黄色油漆、花盆里的仙人掌、削皮刀……

此外,一个魔方大小的白色立[章]方体被放置在离工具不远的地[来]方。

下一页

很快,比赛开始的信号响起。[自]与此同时,大门紧锁,我仿佛[i]置身于一个不真实的世界。

接着,低沉闷闷的男声,说明[a]了逃跑的条件。

逃生的主题是“彩绘”。事实[m]上,有多个像我所在的房间,[k]从现在开始,参与者所在的每[恐]个房间都会分配一种颜色。

nextpage

如果你能把一个纯白色立方体的所有六个面都涂上那种颜色,房间就会解锁。

我明白了。会不一样。

我听着广播,心还在跳。男人的声音依次报出了分配给每个房间的颜色。

下一页

一个房间是蓝色的。

这可以用捣碎的蓝莓来完成。[怖]我别无选择,只能忍受弄脏我[鬼]的手。

下一个房间是黄色的。

这间屋子里的人很容易赢,因[故]为他们有油漆。不,是不是太[事]轻松太无聊了?

nextpage

下一个是绿色的。

书桌上只有仙人掌绿,抽油漆[文]可能有点疼。

...这是一个技巧,绿色可[章]以通过混合蓝色和黄色来制作[来]

所以你不需要碾碎任何仙人掌[自]就可以离开这个房间,只需要[i]蓝莓和黄色油漆。

nextpage

最后,我房间的颜色公布了。[a]一个男声宣布它是红色的。

我环顾办公桌。红色的无处可[m]寻。

唯一最接近红色的工具是削皮[k]刀。

我知道我很热。不管怎样,这[恐]只是一个事件,不是吗?

下一页

没有进一步的公告。没有通往[怖]房间外面的通讯网络,即使我[鬼]大声喊叫,门也打不开。

你真的认为我应该提取红色吗?

因为红色是三原色之一,不能用其他颜色混合而成。

所以我要出纯红色。

下一页

用锋利的刀和自己的身体,没[故]有什么是红色的,只有鲜血。[事]

这很有趣。这不仅仅是您在活[文]动中所做的事情。

就在这时,他好像明白我的心[章]情,话筒的电源突然打开了。[来]

“致所有参赛者,我们非常抱[自]歉,我们的准备工作出了问题[i],我们将立即运送缺少的物品[a]。”

下一页

什么?我想我会说我还是忘记了草莓。

我总算松了口气,在门前等着[m]交钥匙的东西。

不过开门送人的话,逃脱游戏[k]的气氛会被破坏。

正当我想着再也不参加这个组织的项目时,身后突然传来什么东西掉落的声音。

nextpage

显然,物资是从天花板上掉下来的。

就在我假装准备动手的时候,看到它掉在地上,我的脸色变得煞白。

“准备工作已经完成,现在继[恐]续逃脱游戏。”

地上铺着大量的毛巾和膏药。

separator

10. 密室杀人

下一页

《有没有人!”

发生了多少次?我的声音没有[怖]传到任何人那里,像无形的垃[鬼]圾一样堆积在地板上。

我和一个男人被关在一个只有[故]一根铁棍的水泥房间里。不知[事]不觉被人带到这里已经三天了[文],在男人的呼唤声中醒来。

下一页

“你也说吧!”

我摇了摇躺在地上的男人的肩[章]膀。但是,身体就是一动也不[来]动,一点反应都没有。

没错。我亲手杀死了这个可怜的人。我抬头看着外面灰蒙蒙的,透过铁栏杆可以看到外面,遗憾地深深地叹了一口气。

那是二十四小时前,我们才刚刚认识,一时的激情失误。

下一页

“如果我们中的一个人死了,[自]好心的警察会找到我们吗?”[i]

这一切是如何开始的,是一个[a]男人挑衅的话。

“你想说什么?”

下一页

“19XX年9月,N县发生[m]了一起抢劫杀人案,妈妈,诉[k]讼时效快到了,他们要解散了[恐]。”

下一页p

听到男人冷漠的说话方式,我吓了一跳。

想起几年前的那件事,无论我怎么努力,都找不到罪魁祸首,仿佛就在昨天。

下一页

我是先生的未婚妻

男人的声音越来越痛苦。

当我看到他不顾被害者感受的粗鲁行为,以及他对破案的态度时,我觉得自己要在一个人面前割断自己唯一赖以生存的生命线。很多人。

p>

下一页

我还记得当时的屈辱。

我想分享我对肇事者的仇恨和[怖]你在一起。我想打它。”

然后那个男人盯着我难过的脸[鬼]。那双眼睛里带着挑衅的光芒[故],我以为那光芒的强度正在加[事]深“我们”警察对人类的怨恨[文]阴影。

下一页

“当然,当时我们的实力不够[章],不仅没有抓到肇事者,更没[来]有为受害者家属着想。” ”

不过,就算现在在这里说起这[自]件事,我也无能为力。

下一页

“你什么都不知道,你呢?”[i]

这是男人的声音,没有一丝感情,安静的声音,连悲痛都没有。

另一方面,与男人相反,我开始产生负面情绪,并以无法掩饰的表情表现出来。

下一页

我们警察也有自己的生活和家庭。我永远无法告诉眼前的这个人,但我的真实感受是我在为自己工作。

你永远不能为了拯救别人的生命而牺牲你自己或你的家人。即使是现在,我也有妻子和女儿在为我担心。

nextpage

所以我们现在应该做的不是重述过去的事情,而是思考下一步该怎么做。不是吗?

我是这么想的,但听到接下来的话,我终于失去了一直保持的冷静,猛地揪住了男人的衣领。

下一页

“你好像没有意识到,其实是[a]我把我们两个关在这个牢房里[m]的。”

”你在做什么?你为什么要这[k]样做?!”

我一开始就告诉过你,如果我[恐]们中有人死了,好心的警察会[怖]找到我们的。

下一页

这是我的挑战信没能破案的警[鬼]察。这起地下牢房密室杀人案[故]的谜团可以由你们这些聪明人[事]解开,对吧?”使我们都变得[文]愚蠢的态度。我松开按住男人[章]的胸膛,把手放在他瘦削的脖[来]颈上。

下一页

我完全疯了。她已经被禁闭了[自]两天,不能吃不能喝。

我没傻到让眼前的罪犯溜走。[i]直到现在,尽管被家人避而远[a]之,他还是以工作为重,日以[m]继夜地投入到调查工作中。

nextpage

如果我知道凶手是谁,我就能[k]抓住他。我可能确实没有接近[恐]受害者的感受,但我也牺牲了[怖]很多东西。

不知何时,那人也是毫无保留[鬼]的奋力要杀我。

我用力捏了捏手,几分钟后,[故]那人死了,一脸狰狞。

下一页

我杀了一个人。

他以残忍的方式杀人,其理由[事]足以判处死刑。

警察很优秀。他们有能力

所以很快就会有人找到我。任何人都可以找到我这个极度无能的罪魁祸首。

nextpage

在那之后我祈祷了好几天。

然而,这起密室杀人案却永远没有人能破。最后它没有。

20XX年9月,发生在N州20年前的一起抢劫杀人案的诉讼时效已过,但肇事者未被抓获。


作者:退会会員
原文:10 Rooms

1 . 鍵穴 

nextpage

目が覚めると白い箱の中にい[文]た。私はいつのまにか眠らさ[章]れて、何もないこの部屋に連[来]れてこられた。

天井の照明によって照らされた空間は、窓も扉もなく、真っ暗闇と同じくらい私を不安にさせた。通気孔すら見当たらないから、このままでは窒息死してしまう。そう考えて余計に息苦しく感じていると、頭上からアナウンスの声が聞こえてきた。

nextpage

「これから、十分以内に、四[自]方の壁のどこかにある、鍵穴[i]を探してください。

もし、手元の鍵で、その鍵穴を塞ぐことができれば、隠し扉が開き、外に出られます」

nextpage

私ははっとして手元を見ると[a]、たしかに鍵がひとつ落ちて[m]いた。

これはきっと誰かの仕組んだデスゲームだ。なぜ自分がこんな目に、という不満もあったが、鍵穴を探すことが先だと割り切ることにした。

nextpage

私が閉じ込められた箱は、一[k]辺が十メートルほどの正方形[恐]の面に囲まれていた。つまり[怖]、とても大きな立方体だった[鬼]が、脚立などの道具は見当た[故]らない。

たとえ鍵穴を見つけても、そ[事]れが手を伸ばしても届かない[文]ところにあればどうしようも[章]ないではないか。

しかし、その心配は杞憂に終わった。

nextpage

私は見事、鍵穴を見つけるこ[来]とができた。それも、穴の位[自]置は立っている私の目の前に[i]あり、簡単に鍵を挿せる高さ[a]だった。

私はふと覗いたその穴の奥が、黒ではなく白色であることを不思議に思った。たとえ鍵穴の中が部屋と同じ色に塗られていても、暗がりによって真っ白には見えないはず…。

nextpage

そこでようやく、この穴の仕[m]組みに気づいた。気づいた時[k]には手遅れだった。

私よりも先に、隣の部屋の誰かが、その鍵穴に鍵を挿した。壁の向こうでかちゃりと扉が開く音がすると、喜びの声をあげながら部屋を飛び出す軽快な足音が離れていくのを聞いた。

nextpage

私は塞がれた壁の穴を見て、[恐]ただ呆然と立ち尽くしていた[怖]

手に握られた行き場のない鍵は、力なく滑って床に落ちた。

separator

2 . 瓶 

nextpage

ある男は不思議な瓶を拾った[鬼]。それはラムネの瓶くらいの[故]大きさで、一見すると何の変[事]哲もない空っぽなガラスの筒[文]に過ぎなかった。

しかし、その瓶には蓋がついていた。そして蓋を開けると、中から耳をつん裂くような女の叫び声が聞こえた。男は慌てて、蓋を閉めた。そうすると声は聞こえなくなった。

nextpage

男は不気味に思いながらも、[章]苦しそうな叫び声を放ってお[来]くのもどうかと悩み、とりあ[自]えずその瓶を家に持ち帰った[i]

というのもこの男、瓶の中から声が聞こえるという異常性についてよりも、この瓶は自分に何かを訴えているのではないかと必死に解決策を考えていた。

nextpage

その後、瓶を拾った場所につ[a]いて調べてみると、昔凄惨な[m]殺人事件が起きた現場だった[k]ということがわかった。被害[恐]者は全員女性で、瓶の中の叫[怖]び声は、殺された彼女たちの[鬼]ものに違いなかった。

さらに事件について調べると、犯人はまだ捕まっていないという。男は死んだ後も叫び続ける彼女たちに同情し、その瓶をテレビ局に持って行こうと思った。

nextpage

決して、自分が注目を浴びた[故]いわけではなかった。

もう時効に近いこの事件を再び報道してもらい、一刻も早く犯人が見つかるように手助けしようと考えたのだ。

nextpage

そして、鞄に入れようと瓶を[事]手に取った時、男は誤って床[文]に落としてしまった。それは[章]簡単に割れてしまい、その瞬[来]間、何人もの女の叫び声が部[自]屋の中に響き渡った。

男はその声に我慢できず、部屋を出て扉を閉めた。そうすると、女の声はぴたりとやんだ。

nextpage

どうやら、瓶の中身が部屋に[i]溢れてしまったらしい。部屋[a]自体が瓶の代わりとなり、扉[m]や窓を開けると、大音量の叫[k]び声が外まで聞こえるように[恐]なった。

いまでは男の住んでいるその[怖]家は、窓を開けると叫び声が[鬼]聞こえる心霊スポットとして[故]有名である。

そして男の意図とはまったく違う理由で、連日この家には、報道陣が押し掛けているのだという。

separator

3 . 爆発装置 

nextpage

大学の講義を終えてアパート[事]の部屋に帰ってきた。

ふと机の上に目をやると、見[文]慣れない紙と、コップのよう[章]なものを発見した。

それをひと目見た俺は、ただ[来]でさえ寒い真冬の部屋の中で[自]、いっそう凍える思いをした[i]

紙は二枚あり、そのうち一枚が「部屋に爆発装置を仕掛けた」という差出人不明の告発書だったのだ。

nextpage

そしてもうひとつの紙には、[a]部屋を爆破させないための条[m]件について、タイピングされ[k]た文字で書かれていた。

「部屋の爆破を阻止する条件[恐]は二つある。

ひとつは、机に置かれたコッ[怖]プ内の温度を50℃以上に保[鬼]つこと。

そしてもうひとつは、この部屋に隠された爆破スイッチを押さずにいること。

nextpage

その二つの条件を守り続けれ[故]ば、爆発装置は三十分後に停[事]止する。

見事爆破を阻止した時には、ワタシは正体を現そう」

nextpage

突然の爆破予告に戸惑いなが[文]らも、俺はやれることはやろ[章]うと思った。部屋中を見回し[来]てもスイッチらしきものはな[自]く、第一見つけても押さなけ[i]ればいいのだと考え、もう一[a]つの問題を解決することに集[m]中した。

紙のそばに置かれたコップには、すでに煮えたぎるお湯が入れられていた。律儀にも温度計がさしてあり、現時点の温度は90℃近くあった。

nextpage

そのコップは見るからに怪し[k]いもので、手榴弾のような形[恐]をしていた。今は熱湯でも、[怖]部屋の気温を考えると中身は[鬼]すぐに冷えてしまうだろう。[故]

そう考えた俺は湯を継ぎ足そ[事]うと、電気ポットに半分ほど[文]水を入れて給湯ボタンを押し[章]た。

その瞬間、猛烈な爆発音とともに、部屋は粉々に吹き飛んだ。

separator

4 . 微生物 

nextpage

透明なガラスの箱に閉じ込め[来]られて、いったい何年が経つ[自]だろうか。世界と隔絶された[i]この小さな箱の中で、俺はた[a]しかに、自然という大きなも[m]のの一部分となって生きてい[k]た。

ガラスの向こう側は何もない砂漠が広がるばかりで、対照的にガラスの内側は、多種多様な木々と栄養豊富な土、それに、食べ物となりうる野菜の種子が揃っている。

nextpage

俺は食料調達も酸素の供給も[恐]、植物に頼り切って生きてい[怖]た。この箱は少しの隙間もな[鬼]い密閉空間で、植物の光合成[故]がなければ、とっくに酸素不[事]足で死んでいただろう。

太陽の光は、透明な天井を突き抜けてこれでもかというほど箱の中に降り注いだ。しかし、光り輝く空は太陽の動きによって、一日に数時間、夜という真っ暗な覆いをかけた。

nextpage

夜になると箱の中は、驚くほ[文]どに静かだった。風がないた[章]めに木々が音を立てることも[来]なく、またガラスの壁は分厚[自]いために、砂漠に吹き荒れる[i]突風を少しも感じさせなかっ[a]た。

ただ自分の呼吸音だけが、自然そのものの拍動のように体の内側から聴こえてくる。俺は自然の一部へと還り、自然もまた、俺を快く迎え入れてくれる気がした。

nextpage

そうやって何年も自然と共生[m]してきたが、俺の命を繋ぎ止[k]めてくれたいちばんの立役者[恐]は微生物だった。

排泄物や食べ物のゴミを土へと還し肥沃な畑にしてくれるのも、小動物の死骸を分解して清潔な環境を保ってくれるのも、すべて微生物のお陰であった。

nextpage

また、土だけでなく水も、微[怖]生物によって汚濁から守られ[鬼]ていた。箱の中心部にある小[故]さな池は、川のように流れが[事]なくても、魚の泳ぎと微生物[文]の浄化作用だけでいまだに透[章]明に保たれている。

小動物や魚などの小さな生き物は、食料というよりは仲間のように思っていた。もちろん、タンパク質の補給のために、週に何度かは魚を獲って食べている。

nextpage

しかし、この箱の中で絶滅す[来]る種がないよう、最大限の注[自]意を払っているつもりだ。自[i]然環境の破壊はそのまま自分[a]の身を滅ぼすことを意味し、[m]俺を取り巻くすべてのものが[k]、まるで自分のことのように[恐]愛おしいと思った。

だからある日の朝、池を覆い尽くすように突然捨てられていたゴミの山を見た時、俺は誰かに殴られたような気持ちであった。

nextpage

誰がどうやって…?住んでい[怖]るのは俺だけではないのか?[鬼]その他さまざまな疑問が浮か[故]んできたが、目の前のゴミの[事]山はそのすべてを否定した。[文]

ゴミの量は、尋常ではなかっ[章]た。それに、人間が出すよう[来]なものとは考えられなかった[自]

まるでティラノサウルスが食べた後の草食恐竜の死骸のような、巨大な骨や肉塊がうずたかく積み上げられていた。

nextpage

池の水は腐りかけた血によっ[i]てどろどろに濁り、辺りはす[a]さまじい臭いに埋め尽くされ[m]ていた。どこから湧いたのか[k]無数の蝿が、砂嵐のように集[恐]っていた。

それでも、俺は挫けなかった。今こそ、自然に恩返しをする時なのだと思った。

nextpage

俺は自然に生かされてきた。[怖]木や水がなかったら今頃死ん[鬼]でいただろう。だからこそ、[故]破壊された自然を元通りにす[事]るには、自分が立ち上がるし[文]かないと思った。

決して自分一人の力ではこのおぞましい量の汚物には対抗できないが、今の俺には仲間がいた。俺は箱の中の空間を生活区とゴミ処理区に分け、骨や肉を少しずつ土に埋めていった。

nextpage

ゴミ処理区はやがて、土壌の[章]肥えた畑にするつもりだった[来]。そのためには、微生物の協[自]力が不可欠だった。

それからさらに何年もの間、俺は池の周りの浄化に従事し、微生物は着々とゴミを分解していった。池の水がようやく元の純度を取り戻してくると、気持ちに少しずつ余裕ができた。

nextpage

ある日、ガラスの空を見上げ[i]ながら、あのゴミはどこから[a]降ってきたのだろうと考えた[m]。それはこの数年間、忙しさ[k]を理由に忘れていた当初の疑[恐]問であった。

いや、思い出すべき疑問はそれだけではなかった。いまや抵抗なく受け入れてはいたが、そもそも俺は何のために、この箱に閉じ込められているのだろう。

nextpage

その時、ガラスの空の一部分[怖]が、突如として何かに覆われ[鬼]た。夜でも雲でもないその大[故]きなものを見て、俺は自分の[事]目を疑った。

それは、まるで信じ難い、皺だらけの巨大な人の手だった。それだけでなく、手のひらの向こうには、こちらを見て笑う人間のような顔があった。

nextpage

俺は目の前の光景に釘付けに[文]なっていた。大きな手は、ガ[章]ラスの空の一部分をつまみ上[来]げた。どうやら天井は、取手[自]のようなものがついた蓋にな[i]っているらしい。そして初め[a]て箱の内部は、新鮮な外の世[m]界とつながった。

まるで巨大な換気扇を回したように、風で木々は揺れ、池は小波を立て、鳥たちはここぞとばかりに飛び立っていった。

nextpage

俺は、飼われていたのか。

絶望的な現実に追い討ちをか[k]けるように、空からおぞまし[恐]い量の赤いものが降ってきた[怖]

それは巨人の手からこぼれ落[鬼]ちた。というよりも、箱の中[故]に捨てられた。

つまりこの箱は、奴らにとってのゴミ箱に過ぎなかった。その中で俺という存在もまた、せっせとゴミを分解する微生物に等しかった。

nextpage

それから死ぬまで、俺は微生[事]物としての仕事を全うした。[文]

数十年後、痩せ細った亡骸は奴らのゴミと一緒に、気の遠くなるような時間をかけて分解されていった。

separator

5 . ミニマリスト 

nextpage

僕の大学には、ミニマリスト[章]のMという男がいた。ミニマ[来]リストとは、必要最低限の物[自]によって生活する人のこと、[i]またはその生活様式のことを[a]いう。

余分な物は持ち歩かないのはもちろん、アパートの部屋は引っ越し初日のような殺風景なものだった。どうしてミニマリストになったのか、僕は初めて部屋に入れてもらった時に訊いてみた。 

nextpage

「この世の中は混沌としすぎ[m]ている。要らないものにほど[k]存在する理由をつけ、本当に[恐]必要なものは蔑ろにする。学[怖]校然り社会然り、どいつもこ[鬼]いつも本質を見失っている。[故]俺はせめて自分の住む場所だ[事]けでも理想の世界にしたいん[文]だ」

そう言ってMは僕がいるのも構わずに、フローリングの床を拭き始めた。特に僕が踏んだところほど丁寧に磨くから、どうやら自分はこの世界の邪魔者らしい。

nextpage

それから二度と、彼の部屋に[章]呼ばれることはなかった。ま[来]た、その一件で彼とは疎遠に[自]なり、大学で顔を合わせても[i]喋らなくなった。

Mとなんの接点もないまま、[a]瞬く間に月日は過ぎていった[m]

最初で最後の部屋見学から半年が経つ頃、Mが大学を辞めたいう風の噂を聞いた。

nextpage

あの時のMの態度について、[k]僕はいまだに根に持っていた[恐]。それでも、何の音沙汰もな[怖]く大学を去ったMの様子が気[鬼]になり、同じ学部の友人であ[故]るAと一緒に彼の住んでいた[事]アパートへと赴いた。

僕たちがアパートに着いた時、ちょうど彼の部屋から出てくる人の姿があった。それはプロの清掃員のような格好をしていて、Mはすでに引っ越してしまったのかと思い、なぜか少しだけ悲しい気分になった。

nextpage

しかし、僕の予想は見事に裏[文]切られた。厳重な装備に身を[章]包んだ清掃員は、部屋から出[来]るとすぐにそれを脱ぎ始めた[自]

そして、中から出てきたのは、紛れもなくMだった。身ぐるみを剥いだ彼はまるでホームレスのようなぼろぼろの格好で、僕たちに気づく様子もなく、脱いだばかりの作業着に消毒を施し始めた。

nextpage

「何やってるんだよ」

僕は思わずMに訊いた。彼は[i]はっとしてこちらを振り向き[a]、すぐに落ち着きを取り戻し[m]た。

「掃除をしていたんだよ」

「掃除?」

nextpage

僕はAと向かい合い、二人し[k]て困惑の表情を浮かべた。M[恐]は、僕たちの困惑を嘲笑うか[怖]のように、ぺらぺらと流暢に[鬼]話し出した。

「俺は、あれから考えたんだ[故]。自分はたしかに理想の世界[事]をつくろうとしていた。しか[文]し、そもそも理想の世界とは[章]何なのか。自問自答の末、俺[来]はようやく答えに辿り着いた[自]

つまり、俺の理想の世界には、もはや何も必要なかった」

nextpage

…Mの言い分によると、彼は[i]あの部屋には住んでいないら[a]しい。ただ、賃貸契約はその[m]まま継続し、毎日掃除だけし[k]に来ているという。

大学を辞めたのは、無駄な肩書きはいらないから。何のしがらみもない真っ新な自分と、混沌から解放された純粋な部屋さえあれば、Mは満足なのだと笑顔で言った。

nextpage

「Mはいま、どこに住んでる[恐]の?」

「大学近くの公園だよ。この[怖]部屋には、何も置きたくない[鬼]からね」

僕とAは次第に怖くなり、簡[故]単に別れの挨拶を告げてアパ[事]ートを離れた。

彼のアパートと公園には近づかないように気をつけながら、僕たちは残りの大学生活を満喫した。

nextpage

それから三年、僕は無事大学[文]を卒業した。就職先の関係で[章]他県へと引っ越すから、これ[来]から二度とMと関わることは[自]ないだろう。

今でもMは公園で寝泊まりし[i]ているのか。あの部屋を毎日[a]掃除しているのだろうか。僕[m]はもう、考えないことにした[k]

自分にとってその心配は、必要のないことなのだから。

separator

6 . 闇鍋 

nextpage

友人Aの誘いで闇鍋をするこ[恐]とになった。Aとは高校時代[怖]仲が良かったものの、卒業式[鬼]以来顔を合わせておらず、久[故]しぶりの連絡に胸が躍った。[事]

Aと同じ大学の友人であるBとC、それに僕を含めた四人で食材を持ち寄って鍋にするらしい。僕は会ったこともないBの住むアパートの住所を送ってもらい、ワクワクしながら選んだ食材を携えて、指定された部屋に向かった。

nextpage

教えられた部屋番号を確認し[文]てチャイムを鳴らしてみるが[章]、中から反応はなかった。ま[来]だ彼らは食材を選んでいるの[自]だろうか。僕はAに連絡して[i]みると、「俺たちはとっくに[a]準備できてるよ。鍵は開いて[m]いると思うから先入ってて」[k]と返信がきた。

彼の言い分に納得いかなかったが、僕はAの言う通りにした。内開きの扉を開けて部屋に入ると、やはり中には誰もいない。

nextpage

それどころか、そこは家具の[恐]ひとつもない殺風景な部屋だ[怖]った。肉や野菜など大量の材[鬼]料は用意されているが、それ[故]らはすべて買った状態のまま[事]床に置かれていた。

また、食器の類が一切準備されていないことに気づいた。肝心の鍋すらどこにも見当たらない始末。

nextpage

Aは準備はできていると言っ[文]ていたが、今頃三人で食器を[章]買いに行っているのだろうか[来]。多少の不安を感じつつ、そ[自]れでも待っていると、突然部[i]屋の電気が消えた。

そこで、この部屋には窓がないことに気づいた。かすかな光さえない真っ暗な視界の中、今度はどこかから水の音が聞こえ始めた。

nextpage

あっという間に床は水浸しに[a]なり、僕は危険を感じてスマ[m]ホのライトを頼りに玄関まで[k]たどり着いた。扉を開けよう[恐]とするも、内開きのそれは膝[怖]まで溜まった水に押されて開[鬼]いてくれない。

そして、床と壁が金属のよう[故]に熱くなって水がぐつぐつと[事]煮え始めると、自分が招待さ[文]れた意味をようやく理解した[章]

隣の部屋から三人の笑い声が聞こえたのを最後に、僕は闇の中へと溶けていった。

separator

7 . 部屋着 

nextpage

ある日、バイトから帰ってく[来]ると、送り主不明の郵便物が[自]届いていた。

何だろうと思い部屋の中で開[i]けてみると、私が部屋着にし[a]ているのとまったく同じ服だ[m]った。

送り主はおそらく男の人だろ[k]う。

汚い文字で私の名前が書かれた、メッセージカードがついていた。

nextpage

当然送られてきた服は着る気[恐]にもならず、翌日古着屋で売[怖]ることにした。また、メッセ[鬼]ージカードは中身を読まずに[故]捨てた。

それにしても、どうしてお気[事]に入りの部屋着と同じ服が送[文]られてきたのだろう。

誰かが、部屋にいる自分のことを見ているのだろうか。

nextpage

一応両親にも確認してみたが[章]、そんな物を送った覚えはな[来]いという。警察に伝えること[自]も考えたが、できるだけ面倒[i]は避けたかったので、もうし[a]ばらく様子を見てみることに[m]した。

しかし、それから一週間も経[k]たないうちに、また同じ品が[恐]誰かから送られてきた。

それも、前回と同様メッセージカード付き。

nextpage

もしかしたらカードの内容で[怖]、送り主がわかるかもしれな[鬼]い。そう思って今回は開けて[故]みると、たったひと言、

「売るなら古い方にして」

私はすぐにこの部屋から引っ越した。

separator

8 . 消えた風船 

nextpage

ショッピングセンターでもら[事]った風船が消えた。家族三人[文]で買い物に出かけ、家に帰っ[章]てきた矢先の事件だった。

五歳の娘は帰りの車の中でもぺたぺたと触って遊んでいた。ネームペンで「ミカ」と、名前まで書いていた。

nextpage

つまり風船は、彼女の大のお[来]気に入りだった。そんな風船[自]が突如として消えた。

どこにあるかわからない風船[i]の破裂を心配しつつ、娘を宥[a]めるのに苦心した。

彼女の泣き声の共振現象によって、家中のグラスが割れまいかとはらはらもしていた。

nextpage

それでも、私だって父親だ。[m]いつかまた出てくるよ。また[k]来週もらいに行こう。いくつ[恐]か優しい言葉をかけてあげる[怖]と、娘はしぶしぶ諦めてくれ[鬼]た。

娘の機嫌は、まるで風船のようだった。決して針で穴を開けてはならず、少しずつ空気を抜くように、納得してもらえるまで話し合うことが大切だ。

nextpage

消えた風船は、決して空へと[故]飛んでいったわけではない。[事]風船を宙に浮かべるには風船[文]内を空気より軽い気体で満た[章]さなければならないが、ショ[来]ッピングセンターなどで配っ[自]ている風船は、ただの空気を[i]ゴムで囲ったものに過ぎない[a]

そうであれば、家のどこかにあるはずなのだ。しかし、どれだけ探そうと、風船は姿を現してくれない。

nextpage

いつのまにか娘も妻も別の遊[m]びに目移りし、私だけが恋焦[k]がれる少年のように探し物を[恐]していることに気づいた。

まあ、家庭の平和が保たれたのならいいか。ダーツの矢なんて風船のいちばんの敵だぞと思いながら、おもちゃの的に夢中になって矢を投げる、娘の楽しそうな姿を見ていた。

nextpage

しかし、ある日の朝、またも[怖]や風船絡みの事件が起きた。[鬼]この日は平日で幼稚園がある[故]からと、娘を起こすために子[事]供部屋をノックした。

五歳とはいえプライベートを尊重するべきだと思い、私は必ずノックをする。だが、いつもは返ってくる元気なおはようが、待てども一向に聞こえてこない。

nextpage

まだ寝ているのかと思いゆっ[文]くりと扉を開けると、私の目[章]に驚きの光景が飛び込んでき[来]た。小さなベッドの上には娘[自]のかわりに、あの時の風船が[i]寝ているではないか。

そうか、そうだったのか。娘は妻と協力して、私を驚かせるために風船を隠し持っていたのだな。私は朝から素敵なプレゼントを貰った気持ちになり、ほのぼのした気分で娘の名前を呼んだ。

nextpage

完全に騙された!参った参っ[a]た。けれども、娘は姿を現さ[m]ない。ドッキリの種明かしな[k]んて、娘がいちばん楽しみに[恐]しているはずだろう。それと[怖]も、このドッキリにはまだ続[鬼]きがあるのだろうか。

私は次第に楽しい気分よりも、娘の姿が見えない不安で胸がいっぱいになっていた。今度は娘が消えてしまったのではないか。そう思うと居ても立っても居られず、一階の妻のところへ駆け出した。

nextpage

「え?ドッキリなんてしてな[故]いよ」

吃りながら訊いた私に、妻は[事]きょとんとした顔でそう答え[文]た。

それならば、風船ドッキリは[章]娘の独断なのか。

何はともあれ、娘の顔が早く見たくて仕方がない。

nextpage

妻と二人でおろおろしている[来]と、突然どこかから破裂音が[自]聞こえた。ああ、今度こそよ[i]うやく種明かしだな。

そう思った私は、一目散に階[a]段を登った。

粋な演出に思わず感心したが、これ以上はらはらさせるのはやめてくれ。

nextpage

しかし、娘の部屋へと駆けつ[m]けた私は、再び目の前の光景[k]に言葉を失った。

ベッドの上には先程と変わら[恐]ず、娘の代わりに風船が横た[怖]わっていた。

もういい加減にしてくれと風[鬼]船を割ろうとした時、階下に[故]いる妻の絶叫を聞いた。

私は手を止めて妻が叫ぶ理由を考え、やがて最悪の想像が脳裏をよぎった。

nextpage

思い起こせば、さっきの破裂[事]音は、決して二階から聞こえ[文]たわけではなかった。

ふと、ベッドの上の窓にかけ[章]られたカーテンが、風によっ[来]てはためいているのに気づい[自]た。

窓から顔を出し地面を見下ろ[i]すと、私はようやく娘を見つ[a]けた。

幼い文字でミカと書かれた風船は、大切な娘の形見になった。

separator

9 . 色塗り 

nextpage

俺はある団体の主催する、リ[m]アル脱出ゲームというイベン[k]トに参加した。都内にあるビ[恐]ルを使って、ゲームの中で行[怖]われるような脱出劇を体感で[鬼]きるという企画だ。

なんでもこの団体は、他とは毛色の違った難題を課してくるらしい。童心に帰ってワクワクしながら受付を済ませ、指定された部屋へと案内された。

nextpage

その部屋には自分以外の誰の[故]姿もなく、俺は想像と違う光[事]景にたじろいだ。他に参加者[文]がいないのか、それとも一人[章]で脱出するルールなのか。

見知らぬ複数人で力を合わせ[来]て謎を解くような、和気藹々[自]とした雰囲気を期待していた[i]俺は、そうではないことを残[a]念に思った。

それでも期待はずれの孤独は、かえって早く脱出してやろうと闘志を燃やすきっかけになった。

nextpage

部屋の中央にはテーブルが置[m]かれ、その上にはさまざまな[k]道具が並べられていた。

十粒ほどのブルーベリー、黄[恐]色のペンキ、鉢に植えられた[怖]サボテン、果物ナイフ…。

それに加えて、ルービックキューブほどの大きさの真っ白な立方体が、それらの道具とは少し離れたところに置いてあった。

nextpage

間もなくして、ゲーム開始の[鬼]合図が鳴った。同時に入り口[故]の扉にロックがかかり、俺は[事]非現実の世界に身を浸してい[文]る気分になった。

そして、くぐもった低い男の[章]声で、脱出の条件が説明され[来]た。

脱出のテーマは、ずばり「色塗り」。俺がいるような部屋は実は複数用意されていて、これから参加者のいるそれぞれの部屋に、一色ずつ色が指定されるという。

nextpage

そしてその色を、真っ白なキ[自]ューブの六面ともに塗ること[i]ができれば、部屋のロックが[a]解除されるらしい。

なるほど、机の上の道具はど[m]の部屋にもあるキーアイテム[k]だが、指定色によっては使い[恐]方は違ってくるだろう。

俺はいよいよ胸を高鳴らせ、アナウンスに耳を傾けた。男の声は次々に、各部屋に割り当てられた色を発表していった。

nextpage

ある部屋は、青。

これは、ブルーベリーをすり[怖]潰せばなんとかなるだろう。[鬼]手が汚れることは我慢するし[故]かない。

次の部屋は、黄色。

この部屋の人は、ペンキがあるから楽勝だ。いや、楽勝すぎてつまらなくないか?

nextpage

次は、緑。

机の上に緑色はサボテンしか[事]なく、塗料の抽出には少々痛[文]い目を見るかもしれない。

…というのは引っかけで、緑[章]色は、青と黄色を混ぜれば作[来]ることができる。

つまりこの部屋の脱出は、何もサボテンをすり潰さなくても、ブルーベリーと黄色のペンキで事足りるのだ。

nextpage

そして最後に、俺の部屋の色[自]が発表された。男声のアナウ[i]ンスは、赤と伝えた。

俺は机の上を見回した。赤色[a]のものは、一見して見当たら[m]なかった。

いちばん赤色に近い道具は、[k]果物ナイフだけ。

俺は、血の気が引くのがわかった。いくらなんでも、ただのイベントでそれはないだろう?

nextpage

それ以降、アナウンスは流れ[恐]なかった。部屋の外に通じる[怖]連絡網はなく、俺が大声で叫[鬼]んでも扉が開かれることはな[故]い。

もしかして、本当に、俺は赤[事]色を抽出しないといけないの[文]か?

赤は色の三原色のひとつだか[章]ら、他のどの色を混ぜても作[来]ることはできない。

だから、俺は純粋に赤色を生み出さなければならない。

nextpage

鋭利なナイフと自分の身ひと[自]つで作れる赤色は、鮮血の他[i]に何もない。

こんなのおかしい。ただのイ[a]ベントでやることじゃない。[m]

その時、俺の気持ちを汲んだ[k]ように、突然マイクに電源が[恐]入れられた。

「参加者の皆様へ。大変申し訳ございません。こちらの準備物に不手際がありましたので、今すぐ不足した品を届けさせていただきます」

nextpage

なんだ、やっぱり。どうせイ[怖]チゴを置き忘れたとでも言う[鬼]のだろう。

俺はようやくほっと一息つき[故]、キーアイテムが支給される[事]のを扉の前で待っていた。

しかし、それを届けるために[文]扉を開けられては、脱出ゲー[章]ムの雰囲気は台無しではない[来]か。

もう二度とこの団体の企画には参加しないでおこうと思っていたところ、背後で物が落とされる音がした。

nextpage

どうやら、支給品は天井から[自]落とされたらしかった。

やるじゃないか、と余裕ぶっ[i]ていた矢先、床に落ちたそれ[a]を見て、俺の顔は真っ青にな[m]った。

「これで準備は整いました。[k]では、脱出ゲームの再開です[恐]

床に落ちていたのは、大量のタオルと絆創膏だった。

separator

10 . 密室殺人事件 

nextpage

「誰かいないのか!」

10间客房 日本恐怖故事

もう何度目だろう。俺の声は[怖]誰にも届かず、見えないガラ[鬼]クタとなって床に積もってい[故]く。

俺は鉄格子がひとつあるだけのコンクリートの部屋に、ある男と一緒に閉じ込められていた。いつのまにかここに連れてこられ、男の呼びかけで目を覚ました時から、もう三日が経とうとしている。

nextpage

「お前もなんとか言えよ!」[事]

俺は床に横たわる男の肩を揺[文]する。しかし、ぴくりともそ[章]の体は動かず、返事もない。[来]

そりゃそうだ。俺は、哀れな[自]この男を自分の手で殺したの[i]だ。鉄格子から見える外の灰[a]色を見上げ、後悔の念から深[m]いため息をつく。

それは今から二十四時間前、まだ知り合って間もない俺たちの、一時の激情による過ちだった。

nextpage

「もし、僕たちのうちどっち[k]かが死ねば、優秀な警察さん[恐]は見つけてくれますか?」

事の発端は、男の挑発的な発[怖]言だった。

「何が言いたいんだ?」

この時の俺は理不尽な監禁と、極度の空腹に耐えかねて苛ついていた。

nextpage

「19××年9月にN県で起[鬼]きた強盗殺人事件。この事件[故]を担当していた当時の捜査本[事]部は、犯人の見当もつかない[文]まま、もうすぐ時効を迎え解[章]散しようとしている」

俺は、男の淡々とした語り口[来]を聞いてどきりとした。

数年前、どう足掻いても犯人の目星すらつかなかったあの事件のことが、まるで昨日のことのように思い出された。

nextpage

「僕は、その事件で命を落と[自]した○○さんの婚約者でした[i]。あの時、僕は警察側の事件[a]に対する態度に失望しました[m]

男の声は、次第に悲痛を帯び[k]ていく。

「事件の解決に対する姿勢はもちろん、被害者側の気持ちを考えない無骨な振る舞いを見て、唯一頼りにしていた命綱を大勢の前で切られる思いでした。

nextpage

その時の屈辱は、今でも忘れ[恐]られません。

僕は、加害者に対して抱いて[怖]いた憎しみを、あなた方にも[鬼]ぶつけたくなりました」

そこで男は、動揺する俺の顔をじっと見つめた。その目は挑発的な光を宿し、その光の強さだけ、"俺たち"警察の人間に対する恨みという影も濃くなっているのだと思った。

nextpage

「たしかに、あの時の我々に[故]は力が足りなかった。犯人の[事]検挙に至らなかったことは勿[文]論、被害者家族への配慮が欠[章]けていたことも反省している[来]

それでも、今ここで事件について話したところでどうしようもないだろう。何より、まだ事件は終わっていない。俺は一刻も早くここから出て、できることをやらなければならないんだ」

nextpage

「やっぱり、あなたは何もわ[自]かっていませんね」

男の声はこれまでの悲痛をも[i]失った、感情のない静かな声[a]だった。

一方で俺はというと、男とは対照的に負の感情を募らせていき、それは隠しきれない表情となって表へと出た。

nextpage

俺たち警察の人間にだって、[m]それぞれの生活があり、家族[k]がいる。目の前の男には絶対[恐]に言えないが、自分のために[怖]働いているという気持ちが俺[鬼]の本音だった。

決して他人の人生を救うことだけに、自分や家族を犠牲にはできない。今この時にだって、こんな自分を心配してくれる妻と娘がいるのだから。

nextpage

だから、今自分たちがやるべ[故]きことは、過去の事件を蒸し[事]返すことではなく、これから[文]どうするかを考えることでは[章]ないのか。

そう思っていた俺だったが、次の言葉を聞いた時、これまでなんとか保っていた冷静さをついに失い、乱暴に男の胸倉を掴んでいた。

nextpage

「あなたは気づいていないよ[来]うですが、この独房に僕たち[自]二人を閉じ込めたのは、実は[i]僕自身なのです」

「どういうことだ!なぜこん[a]なことをする⁈」

俺の豹変に、彼は少しも臆す[m]ることはなかった。

「最初に言ったじゃないですか。もし僕たちのどちらかが死ねば、優秀な警察が見つけてくれるって。

nextpage

これは、あの事件を解決でき[k]なかった警察に対する僕の挑[恐]戦状です。この地下の独房で[怖]行われる密室殺人事件の謎、[鬼]優秀なあなた方なら解けます[故]よね?」

俺たちのすべてを馬鹿にしたような挑発的な態度に、ついに我慢の限界を迎えた。俺は、掴んでいた男の胸倉から手を離し、代わりに痩せ細った皮のような首に手をかけた。

nextpage

俺は完全に正気を失っていた[事]。すでに二日間飲み食いも許[文]されず監禁され、挙句の果て[章]に唯一の仲間だと思っていた[来]男が、自分をこんな目に合わ[自]せる犯人だという。

俺は、みすみす目の前の犯人を逃すほど間抜けではない。これまでだって家族に疎まれながらも、仕事優先で昼夜を問わず捜査に励んできた。

nextpage

もし、犯人の目星さえついて[i]いれば、必ず捕まえることは[a]できたはずなんだ。たしかに[m]被害者の気持ちに寄り添えて[k]なかったのかもしれないが、[恐]俺だっていろんなことを犠牲[怖]にしてきた。

いつしか男の方も、遠慮の知[鬼]らない力加減で俺を殺めよう[故]ともがいていた。

俺はますます手に力を込め、そして数分後、男は無惨な表情を残して死んだ。

nextpage

俺は、人を殺した。

残虐な方法で、極刑も免れな[事]いような理由で殺人を犯した[文]

警察は優秀だ。彼らは有能だ[章]

だから誰か、早く俺を見つけてくれ。この無能極まりない犯人の俺を、誰でもいいから見つけてくれ。

nextpage

俺はその後、何日も祈り続け[来]た。

しかし、この密室殺人事件が[自]、誰かに解決されることはつ[i]いになかった。

20××年9月、二十年前N県で起きた強盗殺人事件は、犯人が捕まることのないまま、時効をむかえた。

日本日文kowabana
声明

部分内容涉及暴力、血腥、犯罪等,来自网络,请勿模仿

版权:内容只是个人喜好搜集,如有侵权请联系处理。

发表评论

评论列表(0人评论 , 43人围观)
☹还没有评论,来说两句吧...