“给我吗”

iamk 日本恐怖故事 2023-09-19 08:30:01 420 0

wallpaper:4617

这是我小时候的故事。

我上小学前住的地方比较偏乡(不说了,不过是在山阳地区)。

这里没有便利店和超市,是一个被大自然包围的地方,从村中心步行不到10分钟即可到达大海和山脉。住的都是老人,人口本来就少,不到五十人。

因此,我没有朋友可以一起玩,就一直和哥哥姐姐一起玩。

nextpage

我们三个人玩的时候,邻居总会跟我[文]们说话。 “你做得很好”或“不要受伤”真是[章]微不足道的事情。

但无论他们说什么,最后他们总是说[来],“黄昏前回家”。

从小我的父母和祖父母就这样告诉我[自]。 “在太阳落海之前回来。”“如果太[i]阳下山了,就和大人呆在一起。”我[a]从来没有问过我的父母,也没有想过[m]为什么。

那天,我一个人下海捡贝壳。如果我[k]没记错的话,第二天是我奶奶的生日[.],我想我是要送她一件礼物的。

因为大海离我家只有一箭之遥,所以[c]我偷偷溜出了家门。当我离开前门时[n],我穿上凉鞋并注意到了。

一位老人站在沙滩上,笑眯眯地看着[恐]我。

nextpage

wallpaper:4154

我写的是一箭之遥就是大海,其实过[怖]了马路还有20米,我觉得离得很远[鬼]

不过,不知为何,我能认出这是一个[故]笑着的老人。而且,在这狭隘的乡间[事],他是一个完全陌生的人。

我应该觉得很奇怪,但是我是个小孩[文]子,所以我想也没想就去了海边,和[章]老人打招呼(我想他没有回问候)和[来]找到一个漂亮的贝壳 我开始寻找

经过大约三分钟的寻找,我试着只带[自]回一件我认为形状和颜色都很漂亮的[i]东西。

nextpage

忽然,看着我的老者声音温和,沙哑[a],只有一个字:“可以给我吗?”

因为没有主题或任何东西,我以为它[m]是关于贝壳的。但是,我为我的祖母[k]捡到了它。我回答说:“没有。”

nextpage

说完,老者脸上的笑容迅速变成了狰[.]狞之色。脸很隐蔽。然后,他又用和[c]刚才不同的声音,用沉重的声音再次[n]说道

∀“可以给我吗?” < /p>

我听说了。诡异的气氛吓得我说不出话来,动弹不得。

天已经黑了。

可能是几分钟或几秒钟。爸爸从后面[恐]跑过来喊我的名字。他们注意到我不[怖]在屋子里,他们正在找我。

忽然,老者身体一晃,消失了。

天黑后我一出门,父亲就把我带回家,没有生气,问他有没有对我说什么。我慢慢地把发生的一切都告诉了你。

然后,爸爸才松了口气,只是抱住了[鬼]我,说很好。

到头来也不知道是什么东西,不知道[故]有什么好处。

nextpage

separator

听不进他的话我就​​成年了。

在成年庆典上和父亲喝酒的时候,我开始一点一点地聊起那段时间,因为平时不醉的父亲,倒是异常的醉了。下面是故事。

它叫“Kurekure”,从小爷[事]爷奶奶就在那里。据说黄昏时,孩子[文]们独自玩耍时,会出现问:“你能给[章]我吗?”

到时候你说不给,它就瞪着你。不过,回答说会说出那种意思的话,比如说没关系或者放弃之类的话,孩子的寿命好像会被夺走。

回答的孩子们似乎认为他们会分享他们拥有的糖果,据说 Kurekure 是一个非常讨厌的恶灵,会利用他们的好意。

之所以针对独生子女,是因为他们心地善良,乐于分享,而且孩子的寿命更长。

我父亲当时说的好,我的寿命没有被夺走。我真的很幸运。

nextpage

认识Kurekure后,我继续住[来]在那里一段时间,上小学时搬家了。[自]那段时间我没有见到Kurekur[i]e,现在我长大了,我可能再也见不[a]到他了。

可是脑海里还是无法摆脱那些恐怖的面孔和声音。


作者:栗介
原文:「くれくれ」

wallpaper:4617

これは私が幼い頃に体験した話です。

“给我吗” 日本恐怖故事

小学生に上がる前まで住んでいた場[m]所は、かなりの田舎でした(詳しい[k]場所は伏せますが、山陽地方です)[.]

コンビニやスーパーなどは無く、海[c]も山も村の中心からそれぞれ歩いて[n]10分弱で着く自然に囲まれた場所[恐]。住んでいる人はみな老人で、そも[怖]そも人口が少なく50人もいません[鬼]でした。

そのため遊ぶような友達もおらず、いつも兄と姉と三人で遊んでいました。

nextpage

三人で遊んでいると、いつも近所の[故]おじいちゃんやおばあちゃんが声を[事]かけてくれます。「元気だねぇ」と[文]か「怪我するなよ」とか、ほんとに[章]他愛もないことです。

しかし、どんな話をしていても、必[来]ず最後に「夕暮れまでには帰りなさ[自]い」と言うのです。

これは両親や祖父母にも言われて育[i]ってきました。「お日様が海に沈む[a]前には帰って来なさい」「もしお日[m]様が隠れたら大人と一緒に居なさい[k]

とはいえ当時は5歳くらいだったはずです。なぜなのかを親に聞くことも考えることもありませんでした。

nextpage

その日、私は一人で海に貝殻を拾い[.]に行きました。たしか次の日が祖母[c]の誕生日で、プレゼントしようとし[n]たんだと思います。

家から海は道を挟んで目と鼻の先だ[恐]ったので、こっそり家を抜け出しま[怖]した。サンダルを履いて、玄関を出[鬼]たところで気が付きました。

おじいさんが海辺に立ち、にっこりとこちらを見ているのです。

nextpage

wallpaper:4154

海は目と鼻の先、とは書きましたが[故]、実際は道を挟んでさらにそこから[事]20メートル程度は離れていたと思[文]います。

にも関わらず、なぜか私はそれを笑[章]っているおじいさんだと認識できた[来]のです。しかも、この狭い田舎の中[自]で全く見覚えの無い人です。

そこで不可解に思えば良かったので[i]すが、小さかった私は特に気にもせ[a]ず海へ行き、そのおじいさんには挨[m]拶をして(たしか挨拶は返ってこな[k]かった)きれいな貝殻を探し始めま[.]した。

そして3分ほど探したところで形も色もきれいだと思ったものを一つだけ持って帰ろうとしました。

nextpage

突然こちらを見ていた例のおじいさ[c]んが優しい、しゃがれた声で、ただ[n]一言、「くれるかい?」と言ったの[恐]です。

主語も何もなかったため、私は貝殻のことだと思いました。とはいえ祖母のために拾ったのです。私は「あげない」と答えました。

nextpage

するとにっこりと笑っていたおじいさんの顔が、みるみるうちに鬼のような形相になっていくのです。その顔はとても人には見えませんでした。そして先程とは打って変わって重く響く声でもう一度、

nextpage

shake

 「くれるかい?」

nextpage

と聞いて来ました。その異様な雰囲[怖]気とあまりの恐ろしさに私は声が出[鬼]せず、その場から動けませんでした[故]

日はもう暮れていました。

nextpage

数分、数秒だったかもしれません。[事]後ろから父が私の名前を呼びながら[文]走ってきました。私が家の中にいな[章]いことに気が付き、探していたよう[来]です。

すると途端におじいさんだったもの[自]はゆらゆらと揺れたかと思うと、ふ[i]っと消えてしまいました。

父は日が暮れてから家を出た私を怒[a]ることなくすぐに家に連れ帰り、あ[m]いつに何か言われたかと尋ねました[k]。私はゆっくりとあったことを全て[.]話しました。

すると父は安堵の表情を浮かべ、た[c]だひたすら、良かった、良かったと[n]私を抱きしめました。

結局あれがなんなのか、一体何が良かったのかはわかりませんでした。

nextpage

separator

それからなんとなく話を聞けないま[恐]ま、私は成人しました。

成人祝いに父と酒を飲んだ時、普段酔わない父が珍しく酔っていたのか、あの時のことをポツリポツリと話し始めました。以下その話です。

nextpage

あれは「暮々(くれくれ)」と言う[怖]らしく、私の祖父母が子供の頃から[鬼]いたそうです。夕暮れに子供だけで[故]遊んでいると現れ、「くれるかい?[事]」と尋ねるそうです。

その時にあげないと答えるとただこ[文]ちらを睨み付けるだけなのですが、[章]いいよだとかあげるだとか、そうい[来]う意味合いのことを言ってしまうと[自]答えた子の寿命を根こそぎ持ってい[i]くそうです。

答えた子達は自分の持っている飴玉[a]などを分けてあげるつもりで答える[m]ようで、くれくれはその善意を利用[k]する、とてもタチの悪い悪霊だと言[.]います。

子供しか狙われないのはものを分け[c]てあげる優しさがあること、そして[n]子供の方がたくさん寿命を持ってい[恐]ることが理由だと考えられます。

あの時父が良かったと言ったのは、私の寿命が持っていかれなくて良かったということでしょう。私は本当に運が良かったのです。

nextpage

くれくれに会った後もしばらく住み[怖]続け、私が小学生に上がる時に引っ[鬼]越しました。その間くれくれに出会[故]うことはありませんでしたし、大人[事]になった今もう会うことはないでし[文]ょう。

しかし今でもあの恐ろしい顔や声が脳裏にこびりついて離れません。

日本日文kowabana
声明

部分内容涉及暴力、血腥、犯罪等,来自网络,请勿模仿

版权:内容只是个人喜好搜集,如有侵权请联系处理。

发表评论

评论列表(0人评论 , 420人围观)
☹还没有评论,来说两句吧...