10年鸡蛋

iamk 日本恐怖故事 2024-02-12 21:00:01 46 0

[存储]

wallpaper:231[文]6

ー我来了。

是的,是你。

〉我给你点好东西。这不是普[章]通的鸡蛋。

〉一个可以实现愿望的蛋。 “夜蛋。” -

wallpaper:1

〉我现在抱着快要倒下的阿玉颤抖的肩膀。

10年鸡蛋 日本恐怖故事

泪水从她的眼眶里一滴一滴的[来]掉下来。

“为什么!为什么!拓也!拓[自]也~~~!”

〉拓也的身体已经到了可怕的[i]地步。这对她的未婚妻阿玉来[a]说太残忍了。

这是一场不幸的事故。拓也平[m]时酒量不多,不过和亚由的婚[k]事近在咫尺,说不定会很高兴[恐]呢。

处理酒后驾驶导致的操作错误[怖]。冲破海边缓缓弯道的护栏,[鬼]车子撞毁,瞬间死亡。

“阿玉……”

我连话都说不出来,只能扶着阿玉不让她摔倒。

〉拓也和阿由是儿时的朋友。从小我们三个就经常一起玩。到了初中,男女情谊自然就消失了,但我们三个进入初中后,情谊并没有改变。

直到我进入高中,情况才发生了变化。我进入私立高中升读T大学的几率很高,而阿优和拓哉则进入了当地的普通高中。之后,亚由和拓也似乎开始交往了。他们各自考上了不同的大学,但仍保持着联系,最终达到了目的。婚礼定于下个月举行。

出事那天,我和阿玉在一家熟悉的咖啡店。我们有很多计划想在结婚前想出一个惊喜来取悦拓也。就在这时,她接到了拓也出事的电话。

“不可能。绝对好笑。”

阿玉的嘴唇在颤抖。

“嗯?什么?”

我扶着阿玉问道。

“拓哉是不可能酒后驾车的,[故]喝了就绝对不能开车。”

她握紧了拳头。.

拓也是个谨慎的人。但也许我[事]发脾气了。

“我一定会查清楚的,就是把[文]拓也弄成这个样子的那个人。[章]

亚由的眼中燃烧着怒火。

‖经警方调查,该事故被排除为酒后驾车事故。

虽然车身和车子都严重受损,但拓也的尸体被发现酒精含量远超法定限度。

葬礼办好,直到初七,一直如空壳一般的香鱼突然动了起来。

阿玉对于拓也的死因并不满意。阿玉的父母也是一样。阿玉和她的父母开始了自己的调查。

〉我想如果能成为阿玉活下去的动力就好了。我最担心的是 Ayu 在 Takuy​​a 之后自杀了。

‖Ayu对我来说很特别。

我上小学一年级时,妈妈去世了。由于母亲改嫁,我只好寄托在没有血缘关系的父亲保护下。他的父亲是一名医生,所以他的经济状况很好。我能够在没有任何经济困难的情况下长大并接受良好的教育。

〉妈妈的死让我很震惊,但我不知道接下来会是怎样的地狱。我看起来像个女孩,所以我经常被误认为是女孩。直到母亲去世后,我才对这个样子产生反感。起初,我很疑惑,因为我不明白父亲对我所做的事情的意义。我在冷酷无情的父亲手下受尽屈辱。渐渐地,我明白了这是性虐待。

〉一旦被同学目击,另一种地狱等待着。我接触到朋友们的戏弄和大人们同情的兴趣。很多次我想死。我在课堂上变得越来越孤立。但是,只有阿玉一个人对我和以前一样。

〉小学三年级时拓也转学。拓[来]也很快就和大家成为了朋友,[自]即使坏人骗我想我的时候,他[i]还是和我说话。相反,拓也对[a]那些表现出恶意的人进行了激[m]烈的反抗,从而为我辩护。我[k]以为我们的友谊会天长地久。[恐]

“肯特,究竟拓也是谁?”我们在一起

有一天,阿玉给我打电话,阿玉的父母问我这件事,终于得到了信息。

“那天拓哉是跟人喝酒的,貌似是跟男人在一起的,好像有反映在里面,我现在正在分析,很快就会真相大白。”

〉那天晚上我正在从抽屉里拿[怖]出一些东西。

那家店的老板是个骗子。尽管[鬼]我把这颗蛋放了十年,但我的[故]愿望一直没有实现。

我只有一个愿望。

“愿香鱼归我”

我为这颗蛋祈祷了十年。

一种黑暗的感觉充满了我。

‖父亲的虐待,让我有了巨大的残疾。不仅是我的身体,还有我的心都受伤了,破碎了。我有两种性格。我被父亲的虐待吓坏了,心狠手辣。起初,他有一个分裂的人格。然而,它带来了意想不到的副产品。显然我能让灵魂飞翔。有时听说他们在很多地方见过我,我觉得很奇怪。

〉在书店看到的。我在车站前[事]。即使我因病缺课,我也去上[文]学了。所以,当我有意识地想[章]象自己在那个地方时,我意识[来]到灵魂会飞到那里。我想知道[自]这样的能力会有什么用处,但[i]现在是时候使用这个能力了。[a]

〉我绝对不会允许亚由成为拓也的。

‖那天我请来了拓也。更准确地说,是我活着的灵魂邀请了我。结婚前,拓也邀请亚由去酒馆给她一个惊喜。不同寻常的是,拓也继续喝酒。我一定很高兴订婚。事实证明这对我来说很方便。醉得不能开车的拓也以为我是司机才没喝酒,在车上睡着了。当我接近海滩上一个缓和的弯道时,我踩下了油门。然后直奔护栏。直到现在,拓也以惊愕的表情看着我的脸,都在慢动作播放。

有了这个,阿玉就是我的了。[m]我是这么想的。

居酒屋的副本如果我提出真正[k]的决心,就会发现我就是遇见[恐]拓也的人。

半夜,我把煤油罐装进汽车后备箱就出门了。然后,他把煤油洒在了阿玉家的屋后,然后点燃了。很快,大火吞没了房子的底层。阿玉应该睡在她二楼的房间里。

〉火焰瞬间蔓延到二楼。响亮的汽笛声。我开始攀爬阿玉房间附近的电线杆。 Ayu,只有你一定会帮忙。

∀阿玉拼命的向窗外求救。

情急之下,我跳到了阿玉房间窗下的屋檐下。

“阿玉,快点!拉住我的手![怖]

“肯特!”

阿玉拼命的伸出手。

但你还是喜欢拓也吧?

冷酷的我出现了。

然后,当我把阿玉拉近的时候[鬼],我的腿踢到了燃烧的柱子上[故],就像是要落在她的腿上一样[事]

“Gyaaaaaaaa!”[文]

阿玉尖叫起来。

我抱住阿玉,踢了屋顶,跳到[章]地上。

因为我盖在阿玉的身上,估计[来]断了一根肋骨吧。

“快!阿玉去医院!”

阿玉会得救的。我爸妈都不好[自]

因为它在我精神沉睡的时候,断了我的生命之根。

不出所料,阿玉的命保住了,但她却被迫​​在轮椅上生活。

当然,没有人知道我杀了拓也。

阿玉,你不能没有我了。

照顾好自己。你是我的

阿玉已经变成了一个脱壳的人偶,但不管阿玉变成什么样子,我都可以永远爱她。

我们推着轮椅,漫步在回忆的河畔长廊。

“阿玉,有你的话,我什么都[i]不要。”

和阿玉说话的时候,阿玉目光[a]不专注地看着我,笑眯眯的说[m]道。 .

“对啊,拓也,我也是。”

为什么?

为什么我不能?

高架桥我坐在轮椅上跟在她身后,将刀刺入阿玉的胸口。

阿玉用惊讶的表情看着我。

当我拔出刀时,我把它插进了[k]我的肚子里。

我用颤抖的手拿起手机拨通了[恐]一个号码。

“哦,我的父亲。是我,我刚刚杀了人。我想让你来接我。”但停了下来。

“父亲,我要你把这个女儿的肝脏移植给我,我自己的肝刚好扎准,在别人看到之前,赶紧上车。”加油,不然你就也毁了你的生活。”

好像他明白我在说什么,他闭[怖]嘴让我们上车。我在自己的医[鬼]院亲手为她移植了肝脏。

我在病房里醒来。

阿玉现在完全是我的了。

你我合二为一。

“是吗?”

突然,我病房的椅子上坐了一个陌生的男孩。

高挑修长,黑发黑眸。

“谁?”

我一喊,男孩就站了起来。

“像你这样的人渣,没有名字[故]。”

说到这里,他冷冷一笑。

废话?

“我最喜欢世界上的香鱼。”[事]

我说这话的时候,男孩低头看[文]着我说。

“不,你最爱你自己。”

下一页

壁纸:2909

男孩乌黑湿漉漉的羽毛铺开背[章]部。

收割者?

“冥界指南。”

是的,我回答。

好吧,我要死了。

身体里有香鱼,死了也未尝不是一件好事。

男孩悄无声息地抚摸着我的身体,将手停在我的肚子附近,一下子刺穿了我的肚子,手臂穿过我的后背,掏出了我的肝脏。

“对不起,那是不可能的,这[来]边的佛祖也要带我们四处看看[自]。”

我们注定永远无法在一起,那[i]是什么。

10个在手一个一年前在夜市[a]买的白鸡蛋被扣着。

那个鸡蛋店。你没有骗我

我慢慢捏碎了手中的鸡蛋。

壁纸:2316

*************[m]

欢迎光临。你经常来这家店。[k]

今天我有一个特别的鸡蛋给你[恐]

今天早上刚出生。

毕竟10岁了。


作者:よもつひらさか
原文:10年卵

【保管スル】

wallpaper:2316

ーそこの僕。

   そう、君だよ。

 僕にいいものをあげるよ。こ[怖]れはね、ただの卵ではないん[鬼]だよ。

 願いを叶えてくれる卵さ。 夜の卵だよ。-

wallpaper:1

 僕は、いま、今にも倒れそう[故]なアユの震える肩を抱いてい[事]る。

彼女の目からは、永遠に止ま[文]らないのではないかと思うほ[章]どの涙があとからあとから零[来]れている。

「どうして!どうして!タク[自]ヤ!タクヤ~~~!」

 タクヤの遺体は惨い状態だっ[i]た。婚約者のアユにとっては[a]残酷すぎる仕打ちだ。

不幸な事故だった。普段そん[m]なに飲まないタクヤだったが[k]、アユとの結婚も間近で嬉し[恐]かったのかもしれない。

酒気帯び運転による、ハンド[怖]ル操作ミス。ゆるやかな海辺[鬼]のカーブのガードレールを突[故]き破って、車は大破し、即死[事]状態。

「アユ・・・。」

僕はかける言葉すら見つから[文]ず、アユが倒れないように支[章]えるのが精いっぱいだった。[来]

 僕とタクヤ、アユは幼馴染だ[自]った。幼いころから、よく三[i]人でつるんで遊んだ。男女の[a]友情など、中学生ともなれば[m]、自然になくなるものだけど[k]、僕ら三人のそれは、中学に[恐]なっても変わらなかった。

変わったのは、高校生になっ[怖]てからだ。僕はT大学への進[鬼]学率が高い私立高校へ入学し[故]、アユとタクヤは、地元の普[事]通高に進学。それから、アユ[文]とタクヤ、二人は付き合うよ[章]うになったようだ。お互いが[来]それぞれ、違う大学に進学し[自]たが、それでもまだ二人はず[i]っと変わらず付き合い、つい[a]にゴールイン。来月挙式予定[m]だったのだ。

 事故当日、僕とアユはなじみ[k]の喫茶店に居た。僕らは、結[恐]婚前にタクヤを喜ばせるため[怖]のサプライズを考えるために[鬼]、いろいろ計画を練っていた[故]。ちょうどそのときに彼女の[事]携帯に、タクヤの事故を知ら[文]せる電話が入ったのだ。

「ありえない。絶対おかしい[章]。」

アユの唇はわなわなと震えて[来]いる。

「え?何が?」

僕はアユを支えながらたずね[自]た。

「タクヤが飲酒運転なんてあ[i]りえない。飲んだら絶対に乗[a]らないはずよ。」

彼女は固くこぶしを握り締め[m]た。

タクヤは慎重な男だった。で[k]も、気持ちが緩んでしまった[恐]のかもしれない。

「私、絶対につきとめる。タ[怖]クヤをこんな姿にしたやつを[鬼]。」

アユの目は怒りに燃えていた[故]

 警察の捜査では、やはり酒気[事]帯び運転の事故として片づけ[文]られた。

遺体と車の損傷は激しかった[章]が、タクヤの体からは基準値[来]を大幅に上回るアルコールが[自]検出されたのだ。

葬儀がとり行われ、初七日ま[i]では、まるで抜け殻だったア[a]ユが突然動き始めた。

アユは、タクヤの死因に納得[m]していなかった。アユの両親[k]も同じだった。アユと両親は[恐]、独自に捜査を始めた。

 それがアユが生きる原動力に[怖]なればいいと思った。僕の一[鬼]番の気がかりは、アユがタク[故]ヤを追って自殺することだっ[事]たから。

 僕にとってもアユは特別だっ[文]た。

僕の母は、僕が小学1年生の[章]時に死んだ。母は再婚だった[来]ため、母の連れ子だった僕は[自]、血のつながらない父の庇護[i]を受けるしかなかったのだ。[a]父親は医師だったので、経済[m]的には恵まれていた。僕は、[k]経済的には何不自由なく育て[恐]られ、十分な教育を受けるこ[怖]とはできた。

 母の死だけでも、ショックだ[鬼]った僕は、それからの地獄を[故]まだ知らなかった。僕はまる[事]で女の子のような容姿だった[文]ので、よく女の子に間違われ[章]た。僕は、この容姿が恨めし[来]く思うのは母の死後からだっ[自]た。最初は、父親の自分にし[i]てくる行為の意味がわからず[a]戸惑った。血のつながらない[m]父親の手によって、いろんな[k]辱めを受けたのだ。徐々にそ[恐]れが、性的虐待であることを[怖]理解できるようになった。

 一度、それをクラスメイトに[鬼]目撃されてしまい、そこから[故]はまた違う地獄が待ち受けて[事]いた。友人からのからかい、[文]大人からの同情という名の興[章]味の目にさらされた。死にた[来]いと何度も思った。僕はクラ[自]スでどんどん孤立して行った[i]。だが、今までと変わりなく[a]接してくれたのは、アユだけ[m]だった。

 小学三年の時に、タクヤが転[k]校してきた。タクヤは、誰と[恐]でもすぐに仲良くなり、悪意[怖]のあるやつに僕のことを吹き[鬼]込まれても、僕に話しかけて[故]きてくれた。それどころか、[事]タクヤは悪意を向けるやつに[文]は徹底抗戦して、僕をかばっ[章]てくれた。僕らの友情は、永[来]遠に続くと思っていたのに。[自]

「ケント、やっぱりタクヤは[i]、誰かと一緒だったのよ。」[a]

ある日、アユが僕を呼び出し[m]て、アユの両親が地道に聞き[k]込みをして、とうとう情報を[恐]得たようだ。

「あの日、タクヤは誰かと飲[怖]んでいたの。どうやら男と一[鬼]緒だったみたい。その時、一[故]緒の店に居た人たちが、自分[事]たちの写真を撮って、タクヤ[文]がそれに映り込んでたらしい[章]の。今、それを画像解析して[来]もらってる。もうすぐ、真実[自]が明らかになるわ。」

 僕はその夜、引き出しからあ[i]るものを取り出していた。

あの店の店主は、嘘つきだ。[a]僕は、この卵を十年も保管し[m]ていたというのに、願いはち[k]っとも叶わない。

僕の願いはただ、一つ。

「アユが僕のものになります[恐]ように」

僕は十年間、この卵にずっと[怖]祈り続けていた。

僕を真っ黒な感情が満たす。[鬼]

 父親の虐待は、僕に甚大な障[故]害を与えた。体だけではなく[事]、心も傷つき壊れた。僕には[文]人格が二つできた。父親の虐[章]待におびえる僕と、冷酷で残[来]忍な僕。最初は二重人格だっ[自]た。だが、それは思わぬ副産[i]物を伴った。どうやら僕は生[a]霊を飛ばせるらしい。時々、[m]僕をいろんなところで見たと[k]言われ、不思議に思っていた[恐]のだ。

 本屋で見た。駅前に居た。学[怖]校を病気で休んで居る時も、[鬼]学校には出席していたり。そ[故]こで、僕は意識して、自分を[事]その場所にイメージすると、[文]そこに生霊が飛んで行くこと[章]に気づいたのだ。そんな能力[来]は、なんの役にたつというの[自]だろうと、思っていたが、こ[i]の能力を使う時がきたのだ。[a]

 アユがタクヤのものになるな[m]んて、絶対に許さない。

 僕はあの日、タクヤを誘った[k]。正確に言えば、僕の生霊が[恐]誘ったのだ。タクヤに、結婚[怖]前に、アユにサプライズをし[鬼]ようと持ち掛けて、居酒屋に[故]誘った。珍しくタクヤは酒が[事]進んだ。よほど婚約がうれし[文]かったのだろう。僕にとって[章]はそれが好都合となったわけ[来]だ。酔いつぶれてとても運転[自]できる状態ではないタクヤは[i]、運転手だからと飲まなかっ[a]た僕を信じ切って、車の中で[m]寝てしまった。僕は、海辺の[k]ゆるやかなカーブに差し掛か[恐]ると、アクセルを踏み込んだ[怖]。そして、ガードレールにま[鬼]っすぐに突っ込む。今でも、[故]驚愕の表情で僕を見たタクヤ[事]の顔がスローモーションで再[文]生される。

 これで、アユは僕のものにな[章]る。そう思っていた。

 居酒屋の写真の解像度をあげ[来]れば、タクヤと会っていたの[自]が僕だということがバレるだ[i]ろう。

僕は、深夜、灯油タンクを自[a]分の車のトランクに乗せ、家[m]を出た。そして、その灯油を[k]アユの家の裏手にまくと火を[恐]放った。あっという間に火は[怖]家の一階部分を包んだ。アユ[鬼]は二階の自室に寝ているはず[故]だ。

 火の手はあっという間に二階[事]にまで及んだ。けたたましい[文]サイレンの音。僕は、アユの[章]自室のそばの電柱を登り始め[来]た。アユ、君だけはきっと助[自]ける。

 アユは窓から、必死に助けを[i]求めていた。

僕は決死の思いで、アユの部[a]屋の窓の下の軒に飛び移った[m]

「アユ、早く!僕の手につか[k]まって!」

「ケント!」

必死に手を伸ばすアユ。

でも、君は、まだ、タクヤが[恐]好きなんだろう?

冷酷な僕が顔を出す。

そして、アユを引き寄せると[怖]、僕の足はアユの足に倒れる[鬼]てくるように燃え盛る柱を蹴[故]った。

「ぎゃああああああ!」

アユが絶叫した。

僕はアユを抱きしめると、屋[事]根をけり、地上へと飛び降り[文]た。

アユの体をかばったので、た[章]ぶんあばらが折れただろう。[来]

「早く!アユを、病院へ!」[自]

そう叫ぶと、救急隊員は、急[i]いでアユをタンカに乗せて、[a]救急車へと運んだ。

アユは助かるだろう。両親は[m]ダメだろうけどね。

僕の生霊が寝てる間に息の根[k]を止めてたから。

アユは僕の思惑通り、命は助[恐]かったが、車いすでの生活を[怖]余儀なくされた。

むろん、タクヤを僕が殺した[鬼]ことも、誰も知らない。

アユ、君は、もう僕無しでは[故]生きられないんだよ。

大事にする。君は僕のもの。[事]

アユは抜け殻の人形のように[文]なったけど、僕はアユがどん[章]なになろうとも、永遠に愛す[来]ることができる。

車いすを押して、僕らは、思[自]い出の河原の散策路を散歩し[i]ている。

「アユ、僕は、君がいれば、[a]何もいらない。」

僕がアユに語り掛けると、ア[m]ユは焦点の定まらない目で僕[k]を見てにっこりとほほ笑んで[恐]言った。

「うん、タクヤ、私もだよ。[怖]

どうして。

どうして、僕じゃだめなんだ[鬼]

高架橋の下まで、車いすをつ[故]いて行き、僕はアユの胸にナ[事]イフを突き立てた。

アユは驚愕の表情で僕を見た[文]

そのナイフを引き抜くと、僕[章]は、自分の腹に突き立てる。[来]

そして、震える手で携帯を出[自]して、ある番号に電話をかけ[i]た。

「ああ、父さんかい。僕だよ[a]。今、人を殺した。迎えに来[m]てほしいんだ。」

すぐに父親がかけつけて救急[k]車を呼ぼうとしたが止めた。[恐]

「父さん、この娘の肝臓を僕[怖]に移植してほしいんだ。僕は[鬼]、いま、的確に自分の肝臓を[故]貫いた。人に見られないうち[事]に、早く車に乗せてくれ。さ[文]もないと、父さんも人生を棒[章]に振ることになるよ。」

僕の言わんとすることはすべ[来]て理解したようで、父は黙っ[自]て、僕らを車に乗せ、自らの[i]病院で自分の手で、僕に彼女[a]の肝臓を移植した。

僕は病院の個室で目を覚まし[m]た。

もうこれで、完全にアユは僕[k]のもの。

僕と君は、一つになれたんだ[恐]

「そうかな。」

いつの間にか、僕の病室の椅[怖]子に見知らぬ少年が腰かけて[鬼]いた。

長身で痩身、黒髪に長く切れ[故]上がった目には漆黒の瞳。

「だれ?」

僕が訪ねると、その少年は立[事]ち上がった。

「アンタみたいなクズに名乗[文]る名前はないね。」

そう言うと冷ややかにほほ笑[章]んだ。

クズか。

「僕はこの世で一番アユを愛[来]していたんだよ。」

僕がそういうと、少年は僕を[自]見下ろして言った。

「違うね。アンタが一番愛しているのは自分さ。」

nextpage

wallpaper:2909

少年の背中から漆黒の濡れ羽[i]がバサリと広がる。

死神か。

「黄泉先案内人さ。」

そう答えた。

そうか、僕は死ぬのだな。

アユを体に宿して死ぬのもい[a]いかも。

少年は、黙って僕の体をさわ[m]ると、お腹のあたりで手を止[k]め、一気に腹を突き破って背[恐]中に腕を貫通させて、肝臓を[怖]引き抜いた。

「悪いが、そうはいかないん[鬼]だ。こっちの仏さんも、案内[故]しなくちゃなんないからね。[事]

僕らは、永遠に一緒にはなれ[文]ない運命なんだね。

手には10年前に夜店で買っ[章]た、白い卵が握られていた。[来]

あの卵屋め。僕を騙したな。[自]

僕は手の中で、ゆっくりと卵を握りつぶした。

wallpaper:2316

*************[i]

いらっしゃい。よくこの店に[a]たどり着いたね。

今日は特別な卵を用意してあ[m]るんだよ。

今朝生まれたばかりさ。

なんせ10年物だからね。

日本日文kowabana
声明

部分内容涉及暴力、血腥、犯罪等,来自网络,请勿模仿

版权:内容只是个人喜好搜集,如有侵权请联系处理。

发表评论

评论列表(0人评论 , 46人围观)
☹还没有评论,来说两句吧...